人気ブログランキング |

四季おりおり

mikimari6.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お出かけ( 29 )


2019年 04月 13日

吉野の桜

近畿圏の有名な桜スポット、奈良の吉野山は近くて遠く中々訪れる機会がありませんでしたが
昨日11日友人達とお花見遠足のごとく貸切列車利用のツアー参加でやっと実現しました。

駅前からかなりの花見客、参道にはずらっと様々な店が立ち並んで目も楽しい賑わい。
3分間の乗車ですがケーブルで吉野山の総門と言われる黒門に到着です。
b0067694_16242647.jpg

b0067694_16245390.jpg


吉野山のシンボル、修験道の本山である金峯山寺(きんぷせんじ)では大きな行事の日らしくて
修験者の装束姿、法要に立ち会う参詣者の姿が多く見られましたが、後で栞を見ると
毎年4月11、12日は花供会式という盛大な行事があるのでした(泣)
私たちの到着時間前でしたが奴行列、僧侶や稚児、信者のお練りがあり、法要の後は柴灯大護摩供、
餅まきなども行われた様です。
丁度その法要中にご本尊のご開帳他堂内を見学した形になったのでした(^^;;
b0067694_16255719.jpg
世界遺産に登録されているのもこの時知った次第ですが、国宝蔵王堂の建築の荘厳さや本尊の金剛蔵王権現の
迫力ある姿には圧倒されて。


見学後お堂の前の紅白のまん幕の中で何か催される様子が気になりましたが、後でそれが大護摩の準備であったと分かって残念!
すぐ近くの案内板に「首から上の守り神」という言葉を目に留めた私達は、丁度同行の友人が頸椎に問題を抱えていることや
それぞれ思うこともあり長い階段を下ってそちらを目指したのでした(~_~;)
その名も脳天大神!! 相当なインパクトを受けて(笑)
b0067694_16262009.jpg
下りれば上がらねばならず、ちょっと厳しい戻りでしたがその甲斐あれば何より(^^)

お堂の前に戻ると丁度大護摩が終わったところで後始末中、まだ煙が漂って。
少し離れて眺めると堂々とした立派な建築だと実感します。

b0067694_13153068.jpg



そしていよいよ近くに遠くに満開の桜を眺めながら、何よりも写真で見ては憧れる濃淡のピンク色に染まった山の風景を求めて、、、
b0067694_16284435.jpg


昔懐かしい胃腸薬の発祥元店舗や眺望素晴らしい休み所など目に留めながら。
b0067694_16294835.jpg

雲間に出たり入ったりの陽射しの中、眺望が開けたポイントで暫しウットリの時間。
b0067694_16303313.jpg


b0067694_16291732.jpg


何とも美しく気持ちの良い風景です♪
b0067694_16311876.jpg


集合時間が気になり始めて大急ぎで来た道を戻りながら吉水神社へ。
一目千本の絶景だけは何としてもと、、、(^^;; スッキリ晴れていればもっと美しいはずですがともかく目的達成〜!
b0067694_16335871.jpg


下りは歩く予定でしたがケーブル駅通過寺に直ぐに乗れるという呼びかけがあったので遅れては大変と列に並びましたが待ち時間が!!
( p′︵‵。)
近くの茂みに白い花、イチリンソウらしく(o^^o)
b0067694_16343321.jpg
ケーブルを降りて小走りで駅前に向かいましたが私達以外既に集合完了の様子、時間はぴったしでしたがちょっとバツが悪く(ノ_-;)ハア…
この日も予報は傘マークがあったのですがそんな場面もなく寒さもほどほど(苦笑)何よりの花見、遠足日和でした。





by mikimari6 | 2019-04-13 13:21 | お出かけ | Comments(4)
2019年 04月 10日

敦賀へ

お花見シーズンもクライマックスにかかってきたところで今日は冷たい雨、関東一帯は真冬並みの雪、
積雪の荒天で大変な様子でしたが、桜に雪のテレビ映像が美しくて素敵〜!なんて(^▽^;)


青春切符が2枚残っていて、使用期限の10日までの晴れ予報と私の空き日が合うのは月曜日!と
オットを促して敦賀に出かけました。
二人共何度か訪れているところですが新快速で乗り換えなし1時間余り、ここから
海には一番近くちょっとした気分転換に便利な街です。


特に当てもなくとりえず駅から循環バスで金崎宮(かねがさきぐう)へ。
縁結び、難関突破の神様として知られますがもうどちらも無縁で(笑)
桜は見頃ですがあまり人出もなくて落ち着いた雰囲気でした。
b0067694_16041664.jpg

お宮の裏の階段状の登り道を展望所まで初めて登ってみました。
海が青く気持ちの良い眺め♪ 海岸近くに石灰岩の採掘場があって目障りですが、、、
b0067694_16050645.jpg

お宮を囲む様に続いているハイキング道を歩いて下に降りたところにバスが来たので
卸売市場がある方面まで乗って適当に当てをつけていた店に向かいました。

おおよその見当でバスを降り河口近い橋から・・・雲行きが怪しくなってきて。
b0067694_16062456.jpg

オットが以前の記憶にある海鮮の食事処と私がチェックしていたところがたまたま一致で何より(苦笑)
お腹が満ちてそう遠くない気比松原まで歩く事に。


松原への途中、創立明治6年という門表を掲げた小学校。
b0067694_07325164.jpg


季節が違うのと空模様のせいか前はもっと美しかった様な気がするねと記憶を辿ってあれこれ話しながらのひと時。
b0067694_07294132.jpg

もしかしたら昨年の台風の影響がここにもあるのでしょうか、松林も少し荒れた印象でちょっと残念!
b0067694_07145002.jpg



駅に向かう手前で気比神社に立ち寄りましたがすっかり以前の記憶をなくして初めての様に新鮮?(苦笑)
b0067694_07152290.jpg


b0067694_07234196.jpg

平日とはいえ有名神社なのに参拝者はパラパラ。
b0067694_07363855.jpg
雲が広がって来たので商店街の店など覗きながら駅に向かいましたがここもシャッター通りそのもので人気もなく寂しい限り。
北陸新幹線が通る予定で駅舎の建設が始まっていましたがそれで発展するのかどうか
なんとも心もとない雰囲気でした。

少し気分転換を図ったつもりでしたが1時間あまりの電車が腰に堪えたというオット、もう遠出は望めず何とも、、、トホホ( p′︵‵。)




by mikimari6 | 2019-04-10 23:40 | お出かけ | Comments(0)
2019年 04月 06日

桜・サクラ

ようやく当地周辺でも桜がほころび始めましたが、ボランティアに出向く京都蹴上辺りの桜も七分咲きと知らせが入っていて、昨日は当番を楽しみに出かけました。
地下鉄蹴上駅から地上に出た途端にパァーッと明るく華やいだ風景が目に飛び込んでくる時のちょっとした高揚感は毎年恒例になって(笑)

b0067694_21282591.jpg


定番ですがインクラインの桜並木の賑わいといつになく水量多く激しい水音の疎水。
橋上は人でごった返しています(ノ_-。)

b0067694_21284306.jpg


まだ早いと思いつつ南禅寺前を通り抜け野村美術館裏にあたる邸界隈のしだれ桜もチェック。
まだまだこれからという状況でしたが可愛い花が咲いている枝もあって(*^^*)

b0067694_21352957.jpg


午後の日差しを受けて。
b0067694_21301786.jpg


ぐるりと回って駅近くに戻ると数時間前より花は華やぎを増し、見物客もまだ次々と駅からあがってきてお花見気分が広がっていました。

b0067694_21362706.jpg



今日5日は坂本あたりの桜を・・・と思っていましたが 市役所に不在者投票に行きながら近辺の桜では?と言うのでそれも良いかと(~_~;)
皇子山球場前の並木は満開までもう少し!

b0067694_21432285.jpg


b0067694_21163323.jpg


琵琶湖から蹴上へと流れる疎水の水門周辺は殆どが咲き始めたばかりで残念!数日後出直ししましょうと。

b0067694_21161591.jpg



琵琶湖側に架かるもう一つの橋のたもとではこんな見頃の木もありきれいでした。

b0067694_21181338.jpg


近くの住宅地を抜ける花の小道周辺で見事な花をつけているボケの木、コブシ、ウグイスカグラ。
b0067694_21171715.jpg


少し天候も安定してきそうで一気に満開の時を迎えることでしょう♪



by mikimari6 | 2019-04-06 02:09 | お出かけ | Comments(2)
2019年 02月 18日

府立植物園・セツブンソウなど

数日前に京都府立植物園でセツブンソウが咲いているとTVニュースを見て、
今年は伊吹方面の観察会には予定が合わなくて、ともかく身近なところでと
昨日思い立ってご対面に〜!

いつも静かな地下鉄駅が大勢の人でざわざわ・・・
何かしらと思ったら京都マラソンの日とぶつかっていました(^▽^;)
植物園内も走るコースに入っていてまたビックリ! 

b0067694_14415257.jpg


セツブンソウなどの植生があるコーナーはコースの向こう側なので途中であれ?と気がつき
引き返して横断ポイントから梅林側に向かいました。

こちらはいつも通り静かで撮影目当ての人がパラパラ程度、ゆっくり花を見ることができます(^o^)
b0067694_14492650.jpg


b0067694_14501626.jpg


b0067694_14514599.jpg


近くの別の植え込みにまだ開きかけたばかりのユキワリイチゲを一輪見つけて収穫〜!と(*^^*)
b0067694_14535674.jpg



ほぼ定番ですがフクジュソウも
b0067694_14553381.jpg



一息ついて少し散策・・・見上げるとほんのり紅を含んだサザンカ
b0067694_14571380.jpg



この時期に来ることが多いので恒例の早春の草花展も開催中。入り口でつい香りに誘われてしまいました(笑)
b0067694_15023575.jpg



梅は一部で満開の木もありましたがほとんどはこれからの状況。 
b0067694_15122377.jpg
b0067694_15082306.jpg



門を出る前にスノードロップとちょっと遊んで^^;
b0067694_15151822.jpg

b0067694_15170264.jpg

少し曇り気味の日でしたが寒さはそれほどでもなく何よりでした。



by mikimari6 | 2019-02-18 15:19 | お出かけ | Comments(0)
2019年 02月 12日

地蔵院

立春前後の春めいた陽気の後、このところの寒波は一層厳しく感じられ、マイナス30度という北海道内陸部の気温、
大雪は実感出来ない凄さで大変さの程が思われます。

昨日は冷え込んで関西も雪予報〜!
昨秋東京のネッ友さんが当地と京都を訪ねられた折に素晴らしい紅葉に感激された
洛西の地蔵院に出かけました。
全く知らないお寺だったのでその時すぐに検索し、HPやブログの文章を読んだところ
とても惹かれるものがあり観光客が少ない静かな冬、雪でも舞うと尚良いかなと
機会を待っていたのです(^▽^;)

京都駅からバスで約1時間、時間短縮ルートが他にありましたが乗り換えなしで
ゆっくりでと決めて、知らない街並みを車窓に楽しみながら、、、料金は230円です(^O^)

終点停留所の苔寺、鈴虫寺前で下車、直ぐそばの階段脇に200m先と案内板が。
生憎なことに朝はチラチラしたらしい雪は雨になっていて(泣)
山を切り開いた住宅地の細い道の中ほどに山門がありました。


竹林を有する一休禅師ゆかりの寺です。
b0067694_20394661.jpg


かすかな雨音に包まれた本堂、、、
b0067694_20275643.jpg



本堂前から山門をふりかえって、、、この時期にして苔と竹の美しさ!
b0067694_20420694.jpg



本堂右手の苔の参道が総門へと続きます。
雪があればなぁと残念さが!
b0067694_20404337.jpg



門内に入ると方丈、枯山水の庭園があるのですがこの先は撮影禁止(><)
辛うじて入り口付近の白壁の上に見える椿を。
b0067694_20440368.jpg


こじんまりした庭の中央には侘助椿の木、苔の上にはピンク色の落ち椿がいくつか。
それを囲む様に十六羅漢の修行の姿を現わす石が配されて趣き深さを感じます。


縁に朝の開門直後と午後の閉門前の短時間は撮影可能と貼り紙があり、残念でしたが
小さな方丈での人の多い時間帯の撮影不可は仕方ないと理解できます。
又昼寝、飲食も不可との注意書きにはそういう人も居る?と驚きました(>_<)

そもそもHPを見た時に「寺は修行の場であり訪れる人も静かな心でひと時過ごして貰いたい」
という意味のメッセージに、訪問者皆に心地よく過ごしてもらいたいという寺側の気持ちが
伝わっての訪問でしたし、、、(。・・。)


2、3人の訪問者と共に雨垂れの音だけを聴きながらただ庭を前に暫く座っていたのですが
一人の男性が庭を眺めては何かメモを、、、あ!句作?
成る程とカメラの代わりに駄句をひねって(苦笑)

落ち椿 雨声染み入る 苔の庭 なんて(~_~;)


誰も居なくなり寺の人に一、二枚撮らせてもらえないかと聞きたいところでしたが
姿も見えず、ちょっと未練、心残りでしたが帰ることに(苦笑)


ところが参道で竹林の向こうに見えるヤブツバキや苔の上の万両などを撮っていると
何かしら後ろから声をかけられて。
50過ぎくらいの見るからに優しそうで人柄の良さが窺える女性は訊ねるとご住職の
奥様でした。

写真撮影の事など尋ねたことからその経緯など話が色々発展して、、、
境内の竹林では何人も作業員が入ってあちらこちら整備中だったのですが、
昨年9月の台風被害の後片付けが今に及んでいるとのこと、美しい苔やツバキのことなども。


そしてブログに登場していたワンちゃんの話にもなり再び方丈に戻って対面の運びに(*^^*)
徳島からもらわれてきて4歳になるオスのクーちゃん。
雑種との事ですが昔飼っていた柴犬の血が少し入っている様で何か懐かしくて。
最初警戒してちょっと吠えた後直ぐに慣れてリラックスしてくれました。
b0067694_20492592.jpg



先先代のご住職は苔寺に所縁があり、境内に広がる美しい苔への思い入れが継がれている事、
この地の環境が苔に適しているのかもしれない等楽しく会話が弾みました♪

思いがけなくホッコリするひと時を過ごせ充実感に浸りながら寺を後に。


b0067694_20510517.jpg


b0067694_20500696.jpg

ここもまた住宅地の中にありながら山寺の雰囲気を感じられる癒しの場所になって
嬉しい出会いでした!




by mikimari6 | 2019-02-12 23:56 | お出かけ | Comments(4)
2019年 02月 01日

淡路灘黒岩水仙郷へ

今日から二月、時折雪も降り厳しい寒さもありますがやや暖冬気味で有り難いことです(^o^)

一昨日はバスツアーで淡路島の灘黒岩水仙郷〜奇跡の星の植物館「淡路夢舞台のラン展」を
楽しみました。
どちらも二度目でしたが小春日和に恵まれたこともあり断然今回の方が充実感ありラッキーでした(*^^*)

ランドマークの観覧車、道の駅のテラスから明石大橋を。
b0067694_16023822.jpg

今回は花がテーマなので重い望遠レンズはやめて35ミリの単焦点レンズのみの撮影で勝手が違いましたが
久々にカメラを手にして(^▽^;)

海に面した山の斜面にビッシリと咲いて・・・早咲きの梅も一緒に春のようです。
b0067694_16061037.jpg


海もキラキラ輝いてこんな風景がとても心地良く嬉しくなります(*^^*)
b0067694_16080856.jpg

b0067694_16130044.jpg



b0067694_16135601.jpg



b0067694_16142689.jpg


b0067694_16162521.jpg

時間が許せばいつまででも居たい気分でしたが・・・(^▽^;)


来た道を戻って淡路夢舞台にあるウエスティンホテルでランチバイキングを。
食事時間もゆったり取ってくれてお料理も美味しくちょっと食べ過ぎ(o^-^o)
ホテル内にある安藤忠雄氏設計の海の教会などモダンな施設を見学をして隣接の「奇跡の星の植物館」へ。

b0067694_16255125.jpg


この植物館は外国にでも来たような雰囲気に満ちておしゃれで洗練されていて最初感動したのでしたが
今回もオーキッド・ワンダーランドと銘打って充実したランの展示が素晴らしくて本当に素敵でした♪

廊下続きの2階から入館したのでメインホールを見下ろして。画角が狭くて全体が撮れません(泣)
b0067694_16314163.jpg


b0067694_16311049.jpg


b0067694_16345293.jpg


b0067694_16352523.jpg
外国からの青年がガーデナーとして作業中、どこからかと話かけそびれましたがとてもカッコ良くて遠くからパシャ!
(笑)


b0067694_16404287.jpg



b0067694_16410561.jpg
こちらもいつまでも眺めていたいところでしたがそろそろ時間。
それにしても珍しく時間にせかされることが少なくて良いツアー、花鑑賞やカメラ撮影には何よりでした(^o^)



帰路に宝塚の新名所?オシャレなトイレで話題になっている道の駅「宝塚北」に添乗員の計らいで立ち寄り(苦笑)
確かにゴージャス感あり!
b0067694_16342562.jpg

同行のマンションの友人たちと共に遠足気分の楽しい一日でした♪



by mikimari6 | 2019-02-01 16:54 | お出かけ | Comments(6)
2019年 01月 23日

智積院

今日は暖かく穏やかな日になりました。

「京冬の旅」キャンペーンのパンフレットに普段非公開の宸殿の公開により堂本印象の斬新な画法による襖絵を見ることができるとあり、関心が向いてボランティア後に友人と七条の智積院を訪れました。

b0067694_21471603.jpeg

私的にはあまり馴染まない日本画家ですが様々な手法の絵を描いて、晩年近くには抽象画的なモダンな作品を残しているのは見聞きしていました。
パンフレットのこの「婦女喫茶図」を見て、一体寺院の襖絵としてどの様な趣になっているのかと足が向いた次第です(^^)

60年前に京都の寺院の襖にこの構想を生み出したという事に何より圧倒されましたが、続く他の二つの宸殿の襖絵もまた違ったテーマと手法の絵でとても素晴らしくてそちらが好みでした(*^^*)
当然の事ながら撮影禁止で残念!!

収蔵庫の国宝、長谷川等伯一門の金碧障壁画は以前にも見学しましたが、今回はガイドの案内説明もあって一層素晴らしさを再確認!


門をくぐった正面の金堂
b0067694_22115971.jpeg


今年初の梅に出会って♪
b0067694_22175681.jpeg



名勝庭園の一角で白州にこんな遊び心も(笑)
b0067694_22205772.jpeg


久しぶりに出会った友人とゆったり気分に浸っての良き午後のひと時でした。




by mikimari6 | 2019-01-23 21:26 | お出かけ | Comments(0)
2018年 12月 01日

紅葉ー坂本周辺

今日から12月です!
カレンダーが一枚になってしまい一気に気忙しさを感じて(^▽^;)
暖冬傾向で体を動かすのには何よりですが。

一昨日29日 十数年来のネッ友さんお二人を京都にお迎えしてなんと初のお顔合わせが叶いました♪
10年近く前にご対面済みの共通の友Yさんと一緒に坂本の街並み、比叡山、日吉大社周辺の散策を楽しんで🍁

期せずして見事な紅葉に出会え記念すべき嬉しいひと時が一層華やぎました(o^^o)

b0067694_17195607.jpg


b0067694_17260872.jpg

b0067694_17211205.jpg

食事処の庭の紅葉、おしゃべりに時間が過ぎてしまいましたがケーブルカーで延暦寺へ。


この日は琵琶湖がよく見えて。山頂駅の展望所からも、、、
b0067694_17184339.jpg

延暦寺に着いた頃には陽が傾き始め雲も広がって少し肌寒く、、、大講堂や戒壇院辺りを散策後茶店の甘酒でひと休み(^^)

何度か写真アップ済みなので今回は省略です(苦笑)


再びケーブルカーで山を下り、すぐ近くの日吉大社周辺の夕暮れの佇まいを楽しみながらの帰路でした。
このような時間帯のそぞろ歩きは私も初めての事、なんだか新鮮な気分で(^o^)

右手にある料金所にもう人はいなくて東本宮?に至る階段下までちょっと足を踏み入れさせて貰います(^▽^;)
スピリッチュアルな雰囲気を
b0067694_17233397.jpg


何度もカメラ散策に来る場所ですがこの風景は初めてでした。
b0067694_17215293.jpg



ライトアップではなくて、普通に街灯に映える紅葉が好ましい穴太積みの石垣の小道。
b0067694_17223522.jpg

紅葉狩りがメインではなかったこの日でしたが思いがけず美しいオータムリーブスに出会え、
遠来の友人達の満足そうな表情や言葉に私達も満ち足りた気分になって〜(*^^*)

ほとんどネット上だけでのお付き合いが続いて十数年、一度は、、、とわざわざ会いにきてくださった友人です。
初対面とは思えない親しさで話も弾んで本当に嬉しく有難いご縁、、、
これまでの宝物のように思える幾つもの出会いを改めてしみじみと振り返る機会でもありました。
感謝〜!



by mikimari6 | 2018-12-01 23:46 | お出かけ | Comments(2)
2018年 11月 14日

保津川下り

12日月曜日友人と共にタイと台湾からの女性二人に同行し亀岡よりの保津川下り〜嵐山を訪れました。
三年前のタイ旅行の折に大変お世話になってその後も交流のあるP先生の恩師に当たる方とそのご友人で、
二人とも数十年前大阪大学に留学されて時以来私たちのボランティアGの先輩になる方の親しい友人でもあります。
今回体力的な事もあって私たちがおつきあいを任された次第(*^^*)
前日までの秋晴れから一転、雨も心配される曇り空で残念でしたが。


嵐山まで1時間50分の川下り、二度目ですが時間が経っているので新鮮な気分も(^▽^;)
川の水はずいぶん少ない状況で乗船後間も無く今夏の台風被害の跡が目に入りました。
b0067694_15161003.jpg



JR嵯峨野線の鉄橋をくぐって〜! 流れも少し急で川下りらしさを感じる場面です。
b0067694_15163063.jpg


船頭が後ろに愛宕山が見えると言うので振り返りましたがタイミング合わず・・・
体感速度はゆるく感じますが実際は結構な速さの様でカメラを構えるのが難しくブレばかりでした(ノ_-。)
b0067694_15165537.jpg




両岸の所々にやはり台風の爪痕が残っています。

b0067694_15172101.jpg



大きな岩にグンと近づいて船を操る技も披露しつつ冗談も交えての説明などお客に間を持たせる仕事も大変(笑)
b0067694_15175392.jpg



紅葉にはまだ早くてほんの一部に・・・せめて陽射しがあれば少し鮮やかなのですが。
b0067694_15181979.jpg

b0067694_16311111.jpg




右手トロッコ保津峡駅で観光客が端から手を振って。
b0067694_15190748.jpg



急カーブのところでは船底がガタッ!と音を立てチョッピリ迫力(^▽^;)
水量が少ないのでスリル感はイマイチでしたが(苦笑)
b0067694_15194109.jpg


b0067694_16372871.jpg



山陰線の鉄橋〜!
b0067694_16514591.jpg



間も無くトロッコ嵐山駅、電車が来ましたが・・・(^^;;
b0067694_16554865.jpg


星野リゾートが手がけたホテルだそうで流石のロケーション、予約が難しいそうです。
b0067694_16593949.jpg



嵐山船着場に到着!
周辺もドンドン変化して現代風のスマートな建物が目につきオシャレ感も漂って・・・
この辺りは久しぶりな上にこの季節には記憶がありません。
さすが嵐山、月末辺りにはどんなに美しいかと想像される眺めでした。
b0067694_17044013.jpg


天候のせいもあってか予想ほどの人出ではなくて幸いでしたが人気の竹林バンブーパースを希望されたので
そちら方面を少し散策。 

b0067694_17101484.jpg


b0067694_17105921.jpg



こちらはそこそこの人出でトロッコ列車のチケットは売り切れ、1時間待っても立ち席というので
来た道を引き返しました。
散策中小雨がパラっと・・・生憎の天候でしたが希望した体験を楽しまれた様で私たちもホッとして。
混雑の時期に京都の名所へは出かけない私たちですがそれなりに楽しめて良い機会だったねと(^o^)




by mikimari6 | 2018-11-14 17:16 | お出かけ | Comments(4)
2018年 11月 08日

山寺・・・覚性律庵

3日快晴の中で賑わったイベントが終り、ひと段落の翌日は雨模様でしっとり・・・
一層気分が落ち着きました(^▽^;)
5日午前中、曇り空が次第に明るくなってきた頃友人より仰木の覚性律庵に行きませんか?と連絡が!
二つ返事でお昼に駅で待ち合わせ、オットが比叡山麓の律庵まで車で送ってくれました(*^^*)
お互いに好きな場所で彼女は一人でも何度か、人気の無いお寺に一人では無理な私はオットや写真友達と来ていて四度目か?


奥比叡ドライブウェイへの道路途中、横道に入って少し奥の山道を上がっただけで雰囲気が一変します^_^
所々紅葉が始まっていて静かな秋の佇まいが清々しい。
b0067694_12040747.jpg



石段上の本堂前から庫裏を。周辺は秋の彩りです。
b0067694_13540632.jpg



長く無住だった寺を延暦寺の千光永澄道和尚が1975年に発願して住職になられ立派に整備されたとのこと。
以前は断りようもなくて境内を自由に散策していましたが、昨年より日回峰行を成し遂げられた光永圓道大阿闍梨が
住職として常住されたようで受付の窓口に人が。
目が合うと外に出てこられて挨拶など、、、本堂の扉も開かれていて初めて阿弥陀仏を拝観することができました。


傍の石段を上がると愛染堂、不動堂が建ち並び手前右手の小径を少し進んだところに小さな社の妙見堂があります。
b0067694_14054757.jpg


本堂を見下ろして
b0067694_13585596.jpg


b0067694_14063496.jpg


ちょっと裏側にも回って見て
b0067694_15025389.jpg


名残の白のフジバカマ? アキノキリンソウ、サルトリイバラの
b0067694_23013128.jpg


二人だけで気ままに写真を撮ったりオニギリを食べてひと休みしたり(^^) まったりとした時間です。


再び本堂前から不動堂を仰ぎ見て。
b0067694_14093528.jpg



参道でははや散り紅葉も秋陽を受けて
b0067694_14102210.jpg



受付窓口でまた少し言葉を交わした後、裏道を下る途中ホトトギスが午後の日差しの中で。
(画像の順序がチグハグですが)
石段下道路に出る手前でツルリンドウ♪ 頭上に楽しくなる様な花後の姿やシックな色合いのヤツデも発見(*^^*)
暫くここから離れられずカメラをパチパチと(苦笑)
b0067694_14105396.jpg



充分楽しんだ後石段下から地蔵堂を見上げて帰路に。
b0067694_14133478.jpg



いつも車で走りすぎるここから雄琴駅までの道のりを、ようやく道端の花を見つけたり棚田風景や琵琶湖の眺めを楽しみながら
ぶらぶら歩きできました(笑)ブルーの花の名が思い出せません(泣)、白とピンクのミゾソバの群生が点在していました。
b0067694_14165425.jpg


b0067694_14174778.jpg


b0067694_14163426.jpg


秋の午後はあっという間に日が傾いて、、、田畑での野焼き風景はいつも妙に癒しを感じます。
b0067694_14203882.jpg


沿線に気楽に声をかけ合える友人の存在も何よりの事で、遠くもいいけれど何と言っても湖西の里山歩きは身近なのが有り難く
嬉しい限りです(*^^*)

それにしてもますます何事にも時間がかかり、記事アップも進まないのが悩ましい事ですが一応記録として(^▽^;)



by mikimari6 | 2018-11-08 23:21 | お出かけ | Comments(2)