四季おりおり

mikimari6.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 20日

北八ヶ岳方面へ

何という暑さでしょうか!
京都では7日連続38度越えという有難くない記録更新。
我が家もとうとう熱中症対策でクーラー使用のこの頃です(*´-`)


先週末13.14日には北八ヶ岳方面への一泊バスツアーに参加しました。
詳しい行程を把握しないまま未知の観光スポット、軽いハイキングというのでもしダメならダメでもと
キャンセル待ちでしたが、1週間前になって空きが出た知らせに久しぶりの遠出でした(^▽^;)

高速で諏訪辺りまでは何度か通った記憶がありましたが蓼科湖から先のメルヘン街道やヴィーナスラインは
たぶん初めてかも。
プール平の駐車場から遊歩道に入って間もなく苔むした原生林、片側は渓流という心地よい環境に包まれ
癒しを感じます。久しぶりの自然が嬉しくって足取り軽やか〜♪
b0067694_10105229.jpg


10分ほどで滝に到着、森の中の豊かな水量に身体中にマイナスイオンがたっぷり!
b0067694_10184510.jpg


b0067694_10231685.jpg


来た道を戻る中、屋久島に似ているという声がチラチラ耳に入る原生林、行ってみたいリストの一つなので耳をそばだてて興味津々(^▽^;)
b0067694_10195339.jpg


渓流沿いにアジサイに似た清々しい花が点々と咲いて、名前が分からないままウツギでしょうか?
などと話していたのですが、帰宅後画像を見てもらったメイさんにヤマアジサイと教わりました(~_~;)
b0067694_17001169.jpg
ツアーは時間厳守なのでちょっと忙しいのが難点です(泣)



続いて八千穂高原の白駒の池に向かいますが時折知っている地名を見聞きするもののどんなルートなのか
全く位置関係は不明で旅後の確認必至の状況でした(苦笑)



八ヶ岳は長年の憧れの山ですがこの池は北八ヶ岳自然休養林にあると知って、ほんの一部ながら足を踏み入れた!
と嬉しい瞬間(^o^)
この池は2100mを超える高地の天然池としては日本最大で紅葉の時期は素晴らしい景観で有名だそうです。
b0067694_17065361.jpg



やや曇り空の下静寂で神秘的な池。
b0067694_17044514.jpg


b0067694_00340017.jpg


休日にはボートが行き交い賑やかなのでしょうが観光客が少なく素敵な雰囲気を楽しめて何よりでした。
b0067694_17015601.jpg



添乗員がさっと歩けば一周できるが写真を撮ったりするなら適当なところでUターンをと言ったので
集合時間が気になり途中までをゆっくり散策を。

この池周辺は貴重な苔の森とされて原生林と苔の美しさに満ちているとのことでしたが
園内マップを見ると今回はほんの一部を体験したに過ぎなかったようで残念な限りです。



b0067694_17092489.jpg



このあと群馬県嬬恋の宿泊ホテルへ向かいますが約二時間で到着は夕方七時ごろになるとの説明に
京都、滋賀から群馬県までたった一泊なのによく来たものだわと(苦笑)

夕暮れ近くのバスの車窓から嬬恋といえばキャベツ! 聞きしにまさる広さのキャベツ畑が続いていましたが
植え付けも収穫もどんな風にするのかと?機械化されているのでしょうが・・・

b0067694_00561640.jpeg


ホテルの部屋の窓から夕焼けを。
b0067694_00573730.jpeg


夜ホテル前の広場に出て星空を見上げましたがそれほどの輝きでもなくて、、、
ところが灯りが消えた11時頃に部屋の窓を開けてもう一度見上げると、暗闇に星の煌めきが明るく
とてもきれいでヽ(*^^*)ノ!
満足して眠りにつきました(笑)


続きます




快晴の朝!
また長い道中が始まるようで朝7:45ホテル出発、はるばる来た記念にホテルと周囲の草原の花など。

b0067694_13141535.jpeg


キャベツ栽培地を通過、右に左にと浅間山を見ながら草津温泉を通り抜けバスは最初の目的地群馬県中之条町「チャツボミゴケ公園」に向けてどんどん走ります。

駐車場で小型のシャトルバスに乗り換えて公園入り口まで移動し、小さな流れの音を聞きながら遊歩道へ。
歩き始めてすぐ数人の男性が熱心にカメラを向けている方向をみるとアサギマダラがヒヨドリバナの蜜を求めて!
(もしかしたらフジバカマ?) ひらひらとあちらこちらに飛遊して楽園っぽい感じです(^o^)
b0067694_11203767.jpg


蝶に気を取られている内に遅れをとってしまい大急ぎで後を追います(^▽^;)
かつて鉱山があったので硫黄泉など酸性泉の場所にのみ生育するというチャツボミゴケの群生が
織りなすとても珍しく鮮やかな風景です。
b0067694_11241453.jpg



この渓流一帯をぐるりと回れるように木道が渡されているのですが全体を撮ってなくて(ノ_-。)
橋上から見下ろした一部です。太陽が高く影がないので苔の質感が出ず残念でしたが珍しい出会いに満足。
b0067694_11254808.jpg


b0067694_13551046.jpg



皆の後を追って急ぎ足で来た道を戻る途中で渓流沿いのオカトラノオがチラチラ目に入りました。
よく見れば何か見つかるかもしれないのに忙しくってお花を探すゆとりはありません(泣)
b0067694_13514734.jpg



二日間の最後の訪問地は嫗仙(おうせん)の滝。
ここは少し急な下りの山道、と言うことは帰路は上りになるので皆心配しながら
どんどん滝を目指します。

20分余り歩いた頃水音が聞こえ始て、、、やれやれ汗ビッショリでしたがわぁ〜!
不思議な趣きの滝です(^^)

b0067694_14072152.jpg


b0067694_14075428.jpg


b0067694_14081587.jpg

暫く涼みながら珍しい雰囲気を楽しんで。

辺りの斜面でタマアジサイやコアジサイはまだ蕾でした。
b0067694_14083661.jpg


名残惜しい様な思いがチョッピリ(^^;;
b0067694_14090450.jpg
戻りの登りは予想通りのきつさでしたが休み休みで何とか(苦笑)


長距離のバス、忙しい行程でしたが自然を感じ珍しい風景にも出会えてまずまず2日間でした♪


それにしてもいつまで続くこの暑さでしょうか?
今夕は2人とも半ばダウン状態( p′︵‵。)
皆様もどうぞお大事に!!



[PR]

by mikimari6 | 2018-07-20 22:42 | 国内旅行 | Comments(4)
Commented by sibuki25 at 2018-07-22 14:45
まりさんこんにちは
あまりの暑さにクーラ漬け、今度は足が冷えてと・・(^_^;)

いい所へ行かれましたね~
綺麗な滝の水と緑、珍しい花で涼ませていただきました。
 有難う!!!
           ともこ
Commented by mikimari6 at 2018-07-22 22:51
ともこさん〜 こんばんわ
言葉が出ない様な暑さ、それも連日で参りますね。
クーラー嫌いでしたがもうオンにしなければどうにもならずと同じく(~_~;)
やはり足が冷えますね(苦笑)

珍しい滝巡りが出来て楽しかったです。
こちらこそ有り難うございます、ご自愛くださいね!
Commented by yumerodo at 2018-07-24 17:21
まりさ~ん
外へ一歩出ただけで、何だか~~クラッとします。年上の近所の奥さまに言うと
私は、そんなことは無い!と一笑された(-_-;) 暑いよね~
この涼し気な水しぶき、カメラに収められて素晴らしいです。
水の流れを撮るって、難しいでしょう?
原生林の緑が深くて、所々で陽射しが当たって、より涼やかな事(*^-^*)
Commented by mikimari6 at 2018-07-24 21:06
夢さん〜 こんばんわ!
この暑さなのに平然とされる年長のその方、すごいですね(≧∀≦)
昨日用があり京都市内に出たのですがクレイジーな暑さでバテました!

涼を感じていただけて何よりです〜(^^)
三脚もなく忙しい時間内でしたが水の表現、少し考えて撮りましたので嬉しいコメントです(o^^o)

ロドさんがすっかり回復されたら何処かで猛暑の癒し会しましょうね、お大事に!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 今日から8月!      大雨!! >>