四季おりおり

mikimari6.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 20日

上海・西安の旅2

翌日は早朝から本降りの雨でした(泣)
迎えが来る前にすぐそばの大雁塔まで歩くつもりでしたが断念して・・・

午前中は古代の王朝が続いた地であることから所蔵品は中国有数のレベルという
陝西省歴史博物館の見学予定でした。
学生時代考古学に興味があり発掘のアルバイト経験もある娘は楽しみにしていて。

ここも雨にもかかわらずチケット売り場は長い列でしたがまた運転手が先に手に入れてくれた
お陰で並ばずに済み大助かりでした(^o^)

基本的には入館無料ということで混んでいるのか丁度「大唐遺宝」展開催中だからか不明ですが
中国の人も歴史や美術に随分関心があるのだと認識を新たにした次第^^;
連休だった前日まではもっと大混雑だったと聞いてラッキー!

b0067694_00341155.jpg


出土品の素晴らしさに感歎しながら↑の前に来て、展示されていた金銀銅の工芸品や
アクセサリー等々がこの二つの甕と土瓶?の中に収められた状態でこの村で発掘された
のだと分かりました(^_^;)
何かの昔話のひと場面が思い浮かんでしまいファンタスティックで愉快な気分に(^_−)−☆

撮影OKでしたので多くの人がスマホ片手に(苦笑)
あの甕の中に収められていたものを少しだけ撮っていました
b0067694_12073321.jpg



唐、宋代の陶磁器など
b0067694_14075255.jpg

西安といえば唐代の都長安、平安京造営のモデルになった都市としての記憶ですが、
黄河文明発祥地域であって唐代まで大小多くの王朝が14代も続いた地であると改めて
歴史を再認識させられました。 日本では縄文時代と考えると当時の文明度の高さに驚きます。

b0067694_12151068.jpg



古代の時代別に分けられた展示物の変遷、特徴を順に見て回っていると時間が足りなくて、
ほぼ満足したところで博物館を後にして運転手オススメの半坡(はんぱ)遺跡を訪れました。

b0067694_22470116.jpg

1953年に発見された新石器時代の農耕村落遺跡で住居跡、墓葬跡、陶窯遺構などが発見され、
この時代にして文字とみられる記号も見つけられている(ウキペディア参照)
ドーム状の建物に覆われて現在も調査が続いている状況を感じながら6000年前と気の遠くなる程
昔の人々の暮らし方、文明の芽生えが存在したことに驚くばかりでした。
私達が習った歴史はどんどん塗り替えらているのを実感します(^▽^;)


ここを出ると雨は止んでいて庭いっぱいに咲いていたダチュラがちょっと冷たそうな風情で。
b0067694_22574809.jpg


西安は街の中心を城壁で囲んだ城郭都市で城壁の東西南北に門がありその上には
城楼が建てられています。明代に作られた城壁の上は幅の広いレンガの道路が通っていて
一周することができ、レンタル自転車も置かれています。

私たちは昨夜夜景を楽しんだあたり永寧門から城壁の内と外を眺めながらゆっくり散策しました。
b0067694_10180612.jpg


城壁の監視窓?から外側を覗いて
b0067694_23442278.jpg
こちらは内側、まっすぐな通りに京都のモデルだったのが実感されます(^▽^;)
b0067694_23444622.jpg

b0067694_14201949.jpg


城壁沿いの古い町家の屋根にカラフルなレンタル自転車
街中でもあちらこちらに置き場がありスマホアプリで開錠、施錠、支払いが全て自在とのこと。
b0067694_15050518.jpg



城壁下の古い町並みを見下ろすと熱心に撮影する青年が(^_−)−☆
その壁向こうでは周辺の住民でしょうか麻雀に興じる人たちが見えてちょっと懐かしい風景
b0067694_14293349.jpg


時間があれば位置関係を確認しながらぐるっと一周したい気分でしたがそうもいかず、
一ブロック西側だったか含光門というところで下に降りると修理された時のものなのか
この城壁の一部分がそのまま展示されて博物館になっていました。
b0067694_15015743.jpg
どこもかもスケールの大きい展示ばかりで(^▽^;)


一日よく歩きましたので、ホテル近くに戻り大雁塔の見学後に夕食の予定でしたが夕方近くで
道路は大渋滞!
日はとっぷり暮れてしまい大雁塔は断念(´Д` ) レストラン近くからの撮影で・・・
b0067694_15311832.jpg

昨夜目に留めていた近くのドイツレストラン(^▽^;)で夕食を済ませた頃にはホテルに併設の
美術館も閉館時間になっていて残念なことでした。

(一日目の記事最後の部分、公園のダンスパフォーマンスを見たのはこの二日目のことでした!
なんという勘違い、失敗でお恥ずかしい限り153.png


翌日午前の便で上海に戻りましたが見るべきところが他にも多々あったようで少し心残りも。
仕事で来ることがある婿は初めてゆっくり観光ができ、娘も20年余り前のおぼろな記憶だけ
ということで新鮮な気持ちの再訪問となり何よりというところでした。
昔随分憧れたシルクロードでしたが、まず食べ物で無理そうということが予想されてこの先
西へ・・・は夢で終わりそうです😅








12日娘の所用で出かけるついでに私のリクエストでほぼ20年ぶりに上海博物館へ。
娘の結婚で初めて上海を訪れた時、一口で言えば戦後しばらくした頃の日本を感じるような
雰囲気の中、この博物館の洗練された建物、展示品の豊かさにびっくりしてしまったのでした。


b0067694_16332588.jpg

50を超える中国民族の衣装や織物展示・・・
左上のスカートなんて履いてみたい色づかい、パターン(^o^)
b0067694_16423943.jpg

印章、陶磁器などをメインに
b0067694_16543433.jpg

博物館前は人民広場、当時は人が溢れていたのと昼間なのに大勢の人がダンスに興じていたのが
強烈な印象でした(笑)
今はそんな様子は全くなくて街も地下鉄駅も随分清潔で居心地がよく、おまけに車内では
二度も席を譲られてチョットびっくり(苦笑)


夕方黄浦江のウオーターフロント外灘で婿と待ち合わせ、上海一とオススメと
香港料理レストランで夕食ヽ(*^^*)ノ、その後一層洒落て素敵になった夜景を楽しみました。

小雨模様で観光スポットの高層ビルてっぺんには時々雨雲がかかりましたが、
一脚を準備してくれた婿のアシストよろしくなんとか夜景撮影も楽しんで(^O^)

おなじみの東方明珠塔ですが以前よりスッキリおしゃれになった?
b0067694_21105057.jpg


見せたい、撮らせたいと案内してくれた高層ビルトリオ、右端ねじれたようなデザインのビルは
アジアで2番目の高さだそうで、今回初めての見物です。
b0067694_21164473.jpg



対岸の旧租界地区の夜景も昔より華やかになった感じでこの両岸合わせた一帯が上海一の
観光スポットと納得する眺めです。
b0067694_21191710.jpg
とても楽しくファンタスティックな気分の夜を楽しめて💓〜


14日土曜日は滞在最終日、孫が寮から帰っていることもあり婿が腕をふるってパエリアを作ると
自分で食材の買いももして、ロブスターも茹で上げて二時間あまり大奮闘のご馳走を( ^ω^ ) 
b0067694_22033761.jpg
留守番方には気の毒でちょっと申し訳ない気がしましたがメール添付で報告を(笑)

娘家族はそれぞれ別の時もあるものの年に1、2回は顔を合わせ語らう時間を持ちますが、
久々に暮らしぶりを見ながらあれこれ話し合ったり出掛けたり出来たのは何よりの機会で
楽しく良い時間を過ごせてとても嬉しい滞在に😊




by mikimari6 | 2017-10-20 22:22 | 海外旅行 | Comments(9)
Commented by asobotei at 2017-10-22 10:59
まりさん、お帰りなさ~い!
もうそろそろ旅のご報告もUPされているころかと訪ねたら既に続編まで!
旅の疲れも感じさせないお元気さに感嘆!
遅くなってしまって申し訳ありません。
悠久の歴史を感じさせる西安、新しい中国の象徴上海!
娘さん方とも久しぶりにゆっくりした時間をもたれて最高の旅だったご様子!
街の様子や人々の優しさも垣間見えて、報じられている中国の印象をちょっと見直しさせられた思いがします。
やっぱり”百聞は一見にしかず”ですね!
”百聞”だけではなく一度は自分の目で見てみたかった兵馬俑!
今となっては夢のままに・・・。
Commented by yumerodo at 2017-10-22 11:29
まりさ~ん
一気読みしましたよ(^^♪
だって、上海・西安の旅1を直ぐに拝見して、うわ~うわ~と興奮しながらコメントしょうと
勇んで?いたのに・・・(笑)
私は、もう行ける様子が無いので 悠久の歴史ある中国の素晴らしさをゆっくりと見せて頂いてます。
成る程な~城壁とか鐘楼などを(韓国時代物に出てくる場面を見てるので)大体様子が分かった。
兵馬俑は、以前もみじさんが行って写真出されてた時に「いつか行きたい」とコメントした(^-^;
何回も拝見してます~ありがとう🎶
Commented by mikimari6 at 2017-10-22 22:50
夢さん〜
阿蘇望亭さんへのコメントの後続けて書いたのでしたが(泣) 送信忘れ?
重ね重ね失礼してごめんなさい🙇‍♀️

そうでしたね、韓国時代劇ドラマで城壁や鐘楼場面を見ましたね!
実際のスケールの大きさに驚くと共に、島国の日本と違い陸続きの国の他国に対する脅威の厳しさも感じたり。

夢さんの記憶力抜群ですね!
もみじさんの兵馬俑記事、全く記憶になくて(泣)
かなり前の旅とお聞きしましたのにすごいです。
上海クラブの思い出も娘と何度か話しましたがたまにそうだったかな?ということもあり(苦笑)
また何処かに行きたいですね〜(^^)

有り難うございました😊
Commented by yumerodo at 2017-10-24 17:16
まりさ~ん
ひょっとして阿蘇望亭さんへのコメント非公開になってませんか?
私たちには見えないです。
まりさん、ログインせずに四季おりおりに入ってみて下さい。
もし他の方の非公開コメントでしたら、ごめんなさい<(_ _)>
Commented by まち at 2017-10-24 21:49 x
まりさん 台風の被害はありませんでしたか~?ニュースで大津の被害の様子を見たものですから。
こんなに雨が降ったあとなのにまた次の台風がやって来るそうで・・

旅番組などで上海や西安を見ることはありますが、やはりまりさんの目線でのリポートは
身近に感じられ、興味深く見せていただきました。
歴史的にすごい都市なのですね。
古い都に連なる高層ビル、すごいですね~!夜景も美しくて(^^♪
ご家族に案内していただけてまりさんお幸せですね♪

京都の植物園でもダチュラの大きな鉢が入り口に飾られていましたよ♪
Commented by mikimari6 at 2017-10-24 22:06
阿蘇望亭さん
夢さんにご指摘いただいてチェックしたところ非公開になっていました(*/∇\*)
全く失敗ばかりのこの頃で本当に申し訳ありません!(≡人≡;)スィマセン…
以下がレスコメントでした😓

阿蘇望亭さんも兵馬俑をいつかは、、、と?(^^;;
私もやっと実際の見学を果たせたのですが、こればかりか色々と歴史再勉強という場面があり良き経験だったと思っています。
上海も相変わらず車で溢れていましたが目にした範囲では随分きれいになって、お洒落な観光スポットも点在していて楽しい気分でした。
決まったルートなら地下鉄は一人で大丈夫なはずですが、今回はただ娘について行くだけでちょっと残念な気もしています(苦笑)

見てくださって有り難うございました♪
Commented by mikimari6 at 2017-10-24 22:07
夢さん〜
お知らせいただいて感謝です<(_ _*)> アリガトォ
Commented by mikimari6 at 2017-10-24 22:35
まちさん〜有り難うございます。
台風はそちらも大変だったのではありませんか?
日本中各地に被害が出ていますね。
こちらは最寄りのJR線のここから少し離れた駅あたりで電柱が8本も折れて
昨日は大混乱だったようで、影響で道路は大渋滞でした。
復旧には時間がかかりそうで暫く外出時は電車運行の確認が必要のようです(^▽^;)

丁度上海から帰国した日に京都にいらしてたのですね。
姉妹で楽しい旅をされて、まちさんの京都レポートもすごく楽しく拝見しました。
新鮮な気分になって後を辿りたい気持ちになりましたよ(^o^)
またお出かけくださいね〜♪
Commented by yumerodo at 2017-10-24 23:35
まりさん、やっとすっきりしてコメント見てます。スマホから~夢
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 10月後半に      上海・西安の旅1 >>