四季おりおり

mikimari6.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 08日

3月に入って

三寒四温そのものの気候に戸惑いながら三月もはや一週間余り経ちました。

3日雛祭りの日曜日に伏見城南宮の枝垂れ梅の雅な美しさに酔うようなひと時を。
時に小雨も降る冷たい一日でしたが辺り一面華やいで(*^^*)
b0067694_16570399.jpg

b0067694_16571782.jpg

落ち椿とのコラボレーションには見学者から微かなどよめきも洩れ聞こえ、、、
素晴らしい佇まいに見とれました。
b0067694_16583541.jpg


今週は火曜日以外じわじわと寒い日が続いて今朝の比叡山は雪化粧
b0067694_16593170.jpg



3月最初に読み終えたのはターシャ・テューダの本二冊。
と言っても半分は花あふれる自然いっぱいの庭やナチュラルスタイルの暮らしぶりを見せる写真です(笑)
TVで何度か見ていて限りない憧れを感じますが、現代にあってあの様な生活スタイルを貫いて生涯を送ったターシャに秘められた強靭な意志、精神力を新たに感じたり。
時にクスッと笑わせる言葉や自分らしさを大切にする生き方をシンプルに言い切る文章に納得しながら一気に、、、後に残る豊かな気分と清々しさが心地良い余韻でした。

b0067694_16594313.jpg
風のない昨日午前中、久々に少し鉢の植え替えなど。
フリージアの蕾が大きく膨らみ、あちこちにルリハコベのブルーが目立ち始めました♪
桜便りも間近かでしょうね〜(*^^*)



# by mikimari6 | 2019-03-08 22:46 | 日々の想い | Comments(8)
2019年 02月 28日

丸亀〜岡山へ

2月は短くて明日から3月、いよいよ春到来の感が強まりますが寒暖差激しいこの頃です。
この週明けの日、月曜日はすっかり春の陽気で香川へ両親のお墓まいりに出かけました。

従姉妹に迎えてもらい車移動ができたので何年振りかで親戚のお墓まいりもでき、
年齢のせいでしょうね、何だか少しホッとして落ち着いた気がしています。

小学生の頃は毎年夏休みに滞在してたくさんの思い出がある母の故郷、思い出話をしながら
美しい海岸線のドライブも楽しませてもらいました。

その日午後遅く、いつも素通りしていて一度訪ねたいと思っていた丸亀市にホテル泊。

夕焼けを期待してわざわざ瀬戸大橋側の部屋を取ったのですが見当違いで(泣)
ホテル横の遊歩道を散策。
前回はこの瀬戸大橋の向こう側の高台の宿から夕日を眺めたのでしたが・・・(^▽^;)
b0067694_13582873.jpg



反対側には港の風景がまだ高い陽に影絵になって。
b0067694_14164301.jpg



翌日朝丸亀城を訪ねて、内堀を渡ったところの大手一の門から。
予備知識なしでなんとなくのイメージは映画のセットのような小さな城・・・だったのですが
堀周辺からの佇まいは立派! ちょっと驚きました。
b0067694_20562306.jpg


すぐに天守へと向かう見返り坂と呼ばれる坂道を上りますが2、30歩で足腰にきました(*/∇\*)
石垣がまたとても美しく、ヨーロッパの城壁のような堅牢さを感じる素晴らしさもあって。
「石の城」と形容される所以を実感します。
b0067694_20563871.jpg


三の丸の月見櫓跡からの眺め。 
正面の讃岐富士(飯野山)と街の家並みの調和がいい雰囲気で見惚れながら360度の眺望を楽しんで。
下画像の市街地の先が泊まったホテルがある海方面で、春うららの霞に覆われて〜と思ったのでしたが
あとで黄砂かも?と(苦笑)
b0067694_20573121.jpg



天守本丸が見える二ノ丸の庭で十月桜が満開、梅は下りの梅林で。
b0067694_15072915.jpg



三層三階の日本一小さな現存木造天守とのこと。 裏側一部は修復工事中でした。
b0067694_15115856.jpg


天守の狭間と呼ばれる窓から・・・春の陽気に園児たちの遠足だったでしょうか。
下りて出ると歓声をあげて楽しそう♪
b0067694_15165087.jpg


上った反対側から下る途中の讃岐富士。
b0067694_15141011.jpg


梅林、椿の林まで下ったところでバッテリー切れ! 予備があるから安心していたのですが
入れ替えるとこちらも充電ができていませんでした(≧σ≦)!!
b0067694_15185101.jpg


ここからはiPhoneで。

場内をぐるっと一周した感じで大手一の門に戻りましたが、上り坂道の反対側の藩主玄関先御門と番所長屋門。
門の先に資料館や内堀を渡る別の出口などあり城を取り囲む遊歩道が市民に親しまれているようでした。
b0067694_15090685.jpg


この後は金毘羅も近くて迷いましたが岡山で後楽園の見学と決めていて駅に向かいました。
コインロッカーに入れていたリュックを取り出す時にやはり大失敗がありましたが・・・
無事に電車に乗り込んでやれやれ^^;


車窓から・・・春の瀬戸内ののどけさはいつもホッコリさせてくれて(*^^*)
b0067694_15492203.jpg



岡山駅もいつも乗り換え利用か素通りばかりで初めてでしたが活気があって都会の雰囲気なのが意外?(*_*)
バスで10分余りで後楽園に到着です。


春浅く草焼きされた芝生がまだ黒々として彩りはありませんが広大な敷地に2代目藩主池田綱政の思い入れの深さを感じる大小いくつもの建物が配されて、それぞれからの庭の眺めを楽しめる趣向でとても美しく素晴らしい作庭です。
違う季節、特に春や秋ゆっくり訪れたい気がしました。

b0067694_15502608.jpg


b0067694_15504340.jpg



b0067694_15511431.jpg


綱政が最も好んだという廉池軒が開放されていて上は美しい形の花頭窓、下は隣接の
茶室の洒落た窓を外から。
b0067694_15494762.jpg



梅園では見ごろ間近の華やぎ
b0067694_15522405.jpg



変わった花びらのスイセンが周辺を彩って。
b0067694_20433637.jpg



隅々までは回れず名残惜しく縁を後にしました。
川を挟んで建つ岡山城もまた立派な姿でしたがこれは裏側だそうです(><) 次回に!
b0067694_15533461.jpg

久々のぶらり旅は身近なのに知らなかった場所を二つ訪ねることが出来て満足*\(^o^)/*
19000歩以上歩いても元気!と思いきや2日後からどっと疲れを感じて情けない事でしたが(笑)




# by mikimari6 | 2019-02-28 21:51 | 国内旅行 | Comments(6)
2019年 02月 20日

病に立ち向かう人

キラキラと輝く様に青春真っ只中を大活躍中の池江璃花子さんに突然の深刻な病い、続くように何度も大病を乗り越えて元気に活躍中の堀ちえみさんもまた。
年齢、病気も状況は違いますが若い二人が突然見舞われた深刻な病いについてのブログ詳細を知るにつけて、それぞれしっかりした前向きな姿勢を示されていることに胸が熱くなり、逆に励まされる様な気もする昨日今日です。

堀ちえみさんの事はあまり予備知識がなくて次々大病に見舞われた経緯など初めて詳しく知ったのですが、更に現在リウマチも治療の最中に舌癌とは!

2年ほど前に同じく薬の副作用で酷い口内炎にかかり、塗り薬を何本も使使いながら何か他の病気では?と思った経験もあり、その経過中の痛み、辛さやが思い出されてつい人ごとと思えず身にしむ思いで記事を読みました。

よく周りにも話さず元気そうに仕事をこなされたことと精神力の強さにも感動して。

お二人ばかりでなく同じ様な状況の方は数知れずおられるでしょう。
それぞれに抱えた病を日進月歩の医療技術でどうか無事乗り越えられます様にと願わずにいられません。




# by mikimari6 | 2019-02-20 17:03 | 日々の想い | Comments(0)
2019年 02月 18日

府立植物園・セツブンソウなど

数日前に京都府立植物園でセツブンソウが咲いているとTVニュースを見て、
今年は伊吹方面の観察会には予定が合わなくて、ともかく身近なところでと
昨日思い立ってご対面に〜!

いつも静かな地下鉄駅が大勢の人でざわざわ・・・
何かしらと思ったら京都マラソンの日とぶつかっていました(^▽^;)
植物園内も走るコースに入っていてまたビックリ! 

b0067694_14415257.jpg


セツブンソウなどの植生があるコーナーはコースの向こう側なので途中であれ?と気がつき
引き返して横断ポイントから梅林側に向かいました。

こちらはいつも通り静かで撮影目当ての人がパラパラ程度、ゆっくり花を見ることができます(^o^)
b0067694_14492650.jpg


b0067694_14501626.jpg


b0067694_14514599.jpg


近くの別の植え込みにまだ開きかけたばかりのユキワリイチゲを一輪見つけて収穫〜!と(*^^*)
b0067694_14535674.jpg



ほぼ定番ですがフクジュソウも
b0067694_14553381.jpg



一息ついて少し散策・・・見上げるとほんのり紅を含んだサザンカ
b0067694_14571380.jpg



この時期に来ることが多いので恒例の早春の草花展も開催中。入り口でつい香りに誘われてしまいました(笑)
b0067694_15023575.jpg



梅は一部で満開の木もありましたがほとんどはこれからの状況。 
b0067694_15122377.jpg
b0067694_15082306.jpg



門を出る前にスノードロップとちょっと遊んで^^;
b0067694_15151822.jpg

b0067694_15170264.jpg

少し曇り気味の日でしたが寒さはそれほどでもなく何よりでした。



# by mikimari6 | 2019-02-18 15:19 | お出かけ | Comments(0)
2019年 02月 12日

地蔵院

立春前後の春めいた陽気の後、このところの寒波は一層厳しく感じられ、マイナス30度という北海道内陸部の気温、
大雪は実感出来ない凄さで大変さの程が思われます。

昨日は冷え込んで関西も雪予報〜!
昨秋東京のネッ友さんが当地と京都を訪ねられた折に素晴らしい紅葉に感激された
洛西の地蔵院に出かけました。
全く知らないお寺だったのでその時すぐに検索し、HPやブログの文章を読んだところ
とても惹かれるものがあり観光客が少ない静かな冬、雪でも舞うと尚良いかなと
機会を待っていたのです(^▽^;)

京都駅からバスで約1時間、時間短縮ルートが他にありましたが乗り換えなしで
ゆっくりでと決めて、知らない街並みを車窓に楽しみながら、、、料金は230円です(^O^)

終点停留所の苔寺、鈴虫寺前で下車、直ぐそばの階段脇に200m先と案内板が。
生憎なことに朝はチラチラしたらしい雪は雨になっていて(泣)
山を切り開いた住宅地の細い道の中ほどに山門がありました。


竹林を有する一休禅師ゆかりの寺です。
b0067694_20394661.jpg


かすかな雨音に包まれた本堂、、、
b0067694_20275643.jpg



本堂前から山門をふりかえって、、、この時期にして苔と竹の美しさ!
b0067694_20420694.jpg



本堂右手の苔の参道が総門へと続きます。
雪があればなぁと残念さが!
b0067694_20404337.jpg



門内に入ると方丈、枯山水の庭園があるのですがこの先は撮影禁止(><)
辛うじて入り口付近の白壁の上に見える椿を。
b0067694_20440368.jpg


こじんまりした庭の中央には侘助椿の木、苔の上にはピンク色の落ち椿がいくつか。
それを囲む様に十六羅漢の修行の姿を現わす石が配されて趣き深さを感じます。


縁に朝の開門直後と午後の閉門前の短時間は撮影可能と貼り紙があり、残念でしたが
小さな方丈での人の多い時間帯の撮影不可は仕方ないと理解できます。
又昼寝、飲食も不可との注意書きにはそういう人も居る?と驚きました(>_<)

そもそもHPを見た時に「寺は修行の場であり訪れる人も静かな心でひと時過ごして貰いたい」
という意味のメッセージに、訪問者皆に心地よく過ごしてもらいたいという寺側の気持ちが
伝わっての訪問でしたし、、、(。・・。)


2、3人の訪問者と共に雨垂れの音だけを聴きながらただ庭を前に暫く座っていたのですが
一人の男性が庭を眺めては何かメモを、、、あ!句作?
成る程とカメラの代わりに駄句をひねって(苦笑)

落ち椿 雨声染み入る 苔の庭 なんて(~_~;)


誰も居なくなり寺の人に一、二枚撮らせてもらえないかと聞きたいところでしたが
姿も見えず、ちょっと未練、心残りでしたが帰ることに(苦笑)


ところが参道で竹林の向こうに見えるヤブツバキや苔の上の万両などを撮っていると
何かしら後ろから声をかけられて。
50過ぎくらいの見るからに優しそうで人柄の良さが窺える女性は訊ねるとご住職の
奥様でした。

写真撮影の事など尋ねたことからその経緯など話が色々発展して、、、
境内の竹林では何人も作業員が入ってあちらこちら整備中だったのですが、
昨年9月の台風被害の後片付けが今に及んでいるとのこと、美しい苔やツバキのことなども。


そしてブログに登場していたワンちゃんの話にもなり再び方丈に戻って対面の運びに(*^^*)
徳島からもらわれてきて4歳になるオスのクーちゃん。
雑種との事ですが昔飼っていた柴犬の血が少し入っている様で何か懐かしくて。
最初警戒してちょっと吠えた後直ぐに慣れてリラックスしてくれました。
b0067694_20492592.jpg



先先代のご住職は苔寺に所縁があり、境内に広がる美しい苔への思い入れが継がれている事、
この地の環境が苔に適しているのかもしれない等楽しく会話が弾みました♪

思いがけなくホッコリするひと時を過ごせ充実感に浸りながら寺を後に。


b0067694_20510517.jpg


b0067694_20500696.jpg

ここもまた住宅地の中にありながら山寺の雰囲気を感じられる癒しの場所になって
嬉しい出会いでした!




# by mikimari6 | 2019-02-12 23:56 | お出かけ | Comments(4)
2019年 02月 01日

淡路灘黒岩水仙郷へ

今日から二月、時折雪も降り厳しい寒さもありますがやや暖冬気味で有り難いことです(^o^)

一昨日はバスツアーで淡路島の灘黒岩水仙郷〜奇跡の星の植物館「淡路夢舞台のラン展」を
楽しみました。
どちらも二度目でしたが小春日和に恵まれたこともあり断然今回の方が充実感ありラッキーでした(*^^*)

ランドマークの観覧車、道の駅のテラスから明石大橋を。
b0067694_16023822.jpg

今回は花がテーマなので重い望遠レンズはやめて35ミリの単焦点レンズのみの撮影で勝手が違いましたが
久々にカメラを手にして(^▽^;)

海に面した山の斜面にビッシリと咲いて・・・早咲きの梅も一緒に春のようです。
b0067694_16061037.jpg


海もキラキラ輝いてこんな風景がとても心地良く嬉しくなります(*^^*)
b0067694_16080856.jpg

b0067694_16130044.jpg



b0067694_16135601.jpg



b0067694_16142689.jpg


b0067694_16162521.jpg

時間が許せばいつまででも居たい気分でしたが・・・(^▽^;)


来た道を戻って淡路夢舞台にあるウエスティンホテルでランチバイキングを。
食事時間もゆったり取ってくれてお料理も美味しくちょっと食べ過ぎ(o^-^o)
ホテル内にある安藤忠雄氏設計の海の教会などモダンな施設を見学をして隣接の「奇跡の星の植物館」へ。

b0067694_16255125.jpg


この植物館は外国にでも来たような雰囲気に満ちておしゃれで洗練されていて最初感動したのでしたが
今回もオーキッド・ワンダーランドと銘打って充実したランの展示が素晴らしくて本当に素敵でした♪

廊下続きの2階から入館したのでメインホールを見下ろして。画角が狭くて全体が撮れません(泣)
b0067694_16314163.jpg


b0067694_16311049.jpg


b0067694_16345293.jpg


b0067694_16352523.jpg
外国からの青年がガーデナーとして作業中、どこからかと話かけそびれましたがとてもカッコ良くて遠くからパシャ!
(笑)


b0067694_16404287.jpg



b0067694_16410561.jpg
こちらもいつまでも眺めていたいところでしたがそろそろ時間。
それにしても珍しく時間にせかされることが少なくて良いツアー、花鑑賞やカメラ撮影には何よりでした(^o^)



帰路に宝塚の新名所?オシャレなトイレで話題になっている道の駅「宝塚北」に添乗員の計らいで立ち寄り(苦笑)
確かにゴージャス感あり!
b0067694_16342562.jpg

同行のマンションの友人たちと共に遠足気分の楽しい一日でした♪



# by mikimari6 | 2019-02-01 16:54 | お出かけ | Comments(6)
2019年 01月 29日

ボヘミアン ラプソディ

ロックバンドクイーンのボーカリスト、フレディを中心に実話をベースにした映画です。
昨秋からチェックしていてロングランのおかげで漸く観ることができました。
二度三度と観たと言う人もありストーリー、演技に感動?と想像していたのでしたが音楽と映像も中々良かったです。

当時は名前と何曲かチョッピリ聞きかじり程度の馴染み方でしたが、今改めて歌詞やそこに込められた意味、グループメンバーと周辺の人々との人間模様など興味深いものがあり、改めて音楽を聴いてみたい気もします。
脇役陣に魅力的な俳優が何人かいました(^^)

最後のライブエイドの映像は圧巻!
当時この経緯は全く知らなかったけれどアメリカでのライブは少し記憶にあって、スティービー ワンダーやエルトン ジョンなどはよく聴いたこと、we are the world も思い出しました。
懐かしい!!



# by mikimari6 | 2019-01-29 23:24 | 日々の想い | Comments(2)
2019年 01月 27日

祝ナンバーワン(o^^o)

全豪オープン女子、大坂なおみが決勝戦も勝ち抜いて頂点に٩(^‿^)۶
同時にランキングも世界トップ!
こんなに早くの大躍進は誰も想像できなかったでしょうね〜!
心技共に進化した姿を見せてくれて本当に素晴らしかった。
どうかこの後プレッシャーにとらわれないで自由に伸び伸びとプレーしてもらいたいと、、、老婆心(苦笑)

興奮と感激の一夜明が開けた今朝はこの冬一番の寒さで積雪がありました。
b0067694_18002796.jpeg


b0067694_18012949.jpeg


大寒も過ぎもうすぐ節分を迎えますね。
厳しい寒さの中にふと僅かに春の兆しを感じ始められる季節はまた格別な楽しみです♪





# by mikimari6 | 2019-01-27 17:45 | 日々の想い | Comments(0)
2019年 01月 23日

智積院

今日は暖かく穏やかな日になりました。

「京冬の旅」キャンペーンのパンフレットに普段非公開の宸殿の公開により堂本印象の斬新な画法による襖絵を見ることができるとあり、関心が向いてボランティア後に友人と七条の智積院を訪れました。

b0067694_21471603.jpeg

私的にはあまり馴染まない日本画家ですが様々な手法の絵を描いて、晩年近くには抽象画的なモダンな作品を残しているのは見聞きしていました。
パンフレットのこの「婦女喫茶図」を見て、一体寺院の襖絵としてどの様な趣になっているのかと足が向いた次第です(^^)

60年前に京都の寺院の襖にこの構想を生み出したという事に何より圧倒されましたが、続く他の二つの宸殿の襖絵もまた違ったテーマと手法の絵でとても素晴らしくてそちらが好みでした(*^^*)
当然の事ながら撮影禁止で残念!!

収蔵庫の国宝、長谷川等伯一門の金碧障壁画は以前にも見学しましたが、今回はガイドの案内説明もあって一層素晴らしさを再確認!


門をくぐった正面の金堂
b0067694_22115971.jpeg


今年初の梅に出会って♪
b0067694_22175681.jpeg



名勝庭園の一角で白州にこんな遊び心も(笑)
b0067694_22205772.jpeg


久しぶりに出会った友人とゆったり気分に浸っての良き午後のひと時でした。




# by mikimari6 | 2019-01-23 21:26 | お出かけ | Comments(0)
2019年 01月 21日

全豪オープン

このところ日本卓球選手権やサッカーアジア杯などのテレビ放送がありしばしば釘付けになりますが、何よりメルボルンでの全豪オープンテニスのライブが見られて嬉しい限り!
錦織圭、大坂なおみ選手共にタフな試合に打ち勝って今日ベスト8に進みました(^o^)

今回は二人の試合が同日に続けて放映され、幸いにも?在宅日と重なって何時間もテレビから離れられずにいる状況のこの頃です(苦笑)

今日は二人して午前中2時間は大坂選手に声援を送り、午後4時からは錦織選手の死闘の様なゲームに息を凝らして9時過ぎまで約5時間テレビから離れられず、、、(><)
相手のカレノブスタ選手は本当に強くタフで素晴らしいプレー続出で敵ながらあっぱれと言う次第。
ハラハラドキドキ緊張のタイブレイクの末に錦織選手がようやく勝利。
とても疲れましたが伝説になりそうな素晴らしい試合で見た価値は十分(^o^)

今夜は今年初めてのスーパームーンとの事、夕刻にチラッと見たときは模様もはっきり見える大きさでしたが、、、飛行機雲が横に走って明日は雨?
b0067694_02093586.jpeg



# by mikimari6 | 2019-01-21 11:56 | 日々の想い | Comments(2)