人気ブログランキング |

四季おりおり

mikimari6.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 20日

バラシーズン


昨日今日と強風が続き荒れ模様の天候ですが季節はバラの最盛期!
あちらこちらでいろいろな種類のバラが目に留まり気分が華やぎます(*^^*)



昨日思い立って近くのイングリッシュガーデンのバラを見に行ってきましたが、
先に過日12日に友人宅のオープンガーデンを訪ねた折の記録から(^^;;

彼女一番のお気に入り、二階のベランダから下のダイニングの窓辺を彩る様に咲き誇るスパニッシュビューティー。
今年初めてこんなに美しい時期に出会えました。
b0067694_16071900.jpg



ゴールドバーニーは空へ、ユトリロは竹垣とも調和して。
b0067694_16181051.jpg



レンズが届くところに見頃の一輪が爽やかに〜!
b0067694_16075216.jpg




まだ咲き始めでしたが好みのバラたち。
エバンタイユ、ガブリエル、ユトリロ、デンティベスト、そしてユトリロ
b0067694_16051858.jpg




右上はアイズ・オブ・ユーという新種らしい。左隅はパパメイアン、背景は?です。
b0067694_16062429.jpg



玄関横の壁面に絡ましてあるピエール・ド・ロンサールはまだ蕾状態ですが
私はこのくらいの時期から咲き始めあたりの状態がとても好きなバラです(*^^*)
b0067694_16132218.jpg
オープンガーデンにしてはやや早すぎたという事で後日もう一日設定する様子でした。
小2と5歳のお孫ちゃんがお茶の接待に大活躍して何かと笑いを誘って、、、
パラソルの下でバラに囲まれての久しぶりの語らいも嬉しく素敵な時間を過ごせ感謝❣️



イングリッシュカーデンに続きます



大津館イングリッシュガーデン

# by mikimari6 | 2019-05-20 22:34 | お出かけ | Comments(0)
2019年 05月 16日

曼荼羅山

以前より折々に耳にしていた曼荼羅山。
最寄駅から電車で20分程の住宅地が広がる傍にあり、周辺一帯は古墳が点在し麓には小野妹子、
道風などを祀る神社もある歴史地区です。
いつか歩きたいと思っていましたがいつもの友人が案内してくれる事になり昨日実現しました。

予想外の広大な住宅地、というかニュータウンを通り抜け登山口の金毘羅宮に到着。
鳥居付近から山道沿いには久しぶりに見るニワゼキショウや二ガナが群れて、社の前では三上山を望む
展望が開いて気持ち良さ満点です!
b0067694_07122115.jpeg


山道ではこれも久しぶりのヒメハギがちらり(笑)、ツクバネウツギとそっくりの小ぶりの花をつけた低木が
道の両側を彩って・・・ウツギ検索してもヒットしません(ノ_-。) 白、オレンジ、ピンクとヤマツツジも華やかに。
大きなベニカナメモチ(多分)の木に雪のように花がついていました。

b0067694_17292024.jpg


驚いた事にイワカガミの群生地が道のあちこちに点在!
こんな身近なところでも出会えることができるなんて大発見(苦笑)
b0067694_17473870.jpg


展望がひらけたところで比良山系を背景に小学校や住宅地を見下ろして。
b0067694_07140332.jpeg



頂上(標高191m)になる大塚山古墳に到着。4.5世紀の築造とみられる前方後円墳古で鏡や刀剣などが発掘されたと記されています。
b0067694_07145041.jpeg


少し下ったところでユックリお昼休憩した後はそのまま歩き進んで下山し、住宅地の中にある小野妹子公園、神社に立ち寄りました。
公園から近江八幡方面、沖島が見えて。

b0067694_07132864.jpeg


b0067694_17494951.jpg



神社から降りた広場でびわ湖を見下ろして本日の行程終了〜!
b0067694_17521692.jpg


身近な低山歩きも何かと発見もあって楽しい体験でした♬




# by mikimari6 | 2019-05-16 07:02 | 山歩き | Comments(0)
2019年 05月 12日

大宮川林道

晴天続きで日中は夏のような暑さにもなるこのところ、ますます山の緑が色濃く迫力を増します。

8日在宅予定でしたが急に「登山口にクルマを置いて横川まで歩いてみるか?」と・・・珍しいこと(o_o)
近々友人とも花探索を考えていましたがともかく折角の思いつきなので大急ぎで支度を(^^;;


3月末頃横川中堂から下ってきて以来の大宮川林道ではそろそろクリンソウが咲く頃です。
12時前に歩き始めて30分余りの登り道は花はなく、最近ウオーキングを心がけているせいか
ドンドン先を行くオットについて行くのが大変(泣)
新緑の中水の流れがなんとも心地よくここらで暫くお昼休憩。

b0067694_23333236.jpg



ゆっくり斜面や茂みに目をこらす余裕はなくて急がしい気分(^▽^;) でしたが、川原のピンク色に(*^^*)!
期待のクリンソウがポツンポツンと見え始めてきました。
b0067694_05552017.jpg
b0067694_23354497.jpg



山の斜面の木には好みの色合いの花をつけていて、ゆっくり花探しの様子の男性に指し示したところ
あっさり興味もなさそうにウスギヨウラクだねと( p′︵‵。)
もっと珍しい花を探しているようで相手にされませんでした(苦笑)
b0067694_06364298.jpg


昨年秋の台風であちこち土砂崩れでずいぶん山が荒れていて斜面を彩る以前のような雰囲気がありません。

ウスギヨウラク、ツクバネウツギ、ミヤマハコベ、斜面に群生していたヤマルリソウは一輪だけ(泣)、スミレの様ですが?
b0067694_23310554.jpg



水音を聞きながらのウオーキングはまた楽し〜(^^;;
名前調べはまだですが(^^;; (メイさんのコメントから検索したところ多分ウノハナ)
5/15
b0067694_23344486.jpg

イヌガヤの様ですが?
b0067694_23363258.jpg

ヤマブキもちょっと味わいがある風情です(笑)
b0067694_23415784.jpg


ニガイチゴの花、多分ジロボウエンゴサク?ムラサキケマンとは違う感じ(ー ー;)、右はシロヤブケマン。
葉っぱなどよく見れば違いが分かるでしょうがケマンソウとエンゴサクは難しいです。
b0067694_23322923.jpg




結局横川中堂下まで歩き切って往復し下山は4時過ぎ!
足腰はかなり疲れましたがピッチ上げて歩いた割には余り汗も出ない爽やかさで気持ち良い半日でした♪
b0067694_23385067.jpg



# by mikimari6 | 2019-05-12 07:04 | 山歩き | Comments(4)
2019年 05月 08日

湖西・酒波寺へ

10日間のGWが終わり今日から実質新元号での日常が始まったとの解釈で
また何かと騒がしいニュースが溢れた一日でした。

GW後半は天候がかなり安定して山の緑が一気に濃く輝く様になりソワソワ(^^;;
5日湖西の今津にある酒波寺(さなみでら)辺りの新緑、何か小さな花にも出会えるかと
密かに期待しつつ友人と出かけました。

近江今津駅から1日数本のコミュニティバスで30分程、赤い耕運機、水が張られた田んぼや
レンゲ畑など心和む車窓風景を楽しみながら集落のバス停に到着。
川沿いの土手付近のありふれた野草にさえ心弾んでカメラを向けてしまいました(笑)

そこら中に咲き乱れる多分シャク(ヤブジラミではない?)、以前は目に付かなかった
コバンソウも凄い勢いで一面に。
b0067694_15415995.jpg


数分で酒波寺門前に。青蓮山の麓にあり春には樹齢300年と言われるエドヒガンザクラ
(行基桜)が見事な真言宗智山派の寺です。
何度も車で門前を通過したり3年前だったか桜ウオークでも訪ねていてちょっぴり
馴染み(^^;;
b0067694_15423220.jpg



黄色い橋を渡った辺りはシャガが群れ咲いてとても美しい季節。
b0067694_15431340.jpg




足元を見ればニョイスミレ、タニキキョウも群生して。キジムシロ、タチツボスミレ
他になにかイチゴの花もチラホラ見えてしばらく動けなくなりました(^^;;
b0067694_15434275.jpg



門をくぐって長い石階段の途中にエドヒガンザクラの大木が枝を広げて。
b0067694_15443798.jpg



よく手入れされた古い木造のこの建物は凛とした山寺の雰囲気を醸し出していますが
左にある本堂を撮り忘れました(泣)
床下を潜ると小さな池があり細い小道を上ると大権現の小さな社が正面に。
b0067694_15451135.jpg



その小道から山門方面を振り返る。 春は桜が屋根上に美しく見えるのです。
右は正面奥の社。
b0067694_15455262.jpg



社の前の小さな空き地にチゴユリや多分ホウチャクソウ(アマドコロとの区別が?)がちらほら咲いて。
ここでまたニコリ(*^^*)
b0067694_15462289.jpg




社の背後の斜面のすぐ上は山道になっていてきっと門前横から続く道だと見当をつけ、戻るよりも登っちゃおう!と
オットよりも年長の友人Nさんは元気で身軽!!(^o^)

整備された道なのにすぐに行き止まりで周りにはホウの大木があちらこちらで大きな葉を広げて。
もう少ししたら壮観な風景かも?と「秘密の場所」を見つけた気になって(苦笑)
b0067694_15465611.jpg



寺の方に下っていく道でフタリシズカ、イチゴの花など・・・
標識に目が止まり興味津々、、、歩いてみようと横道へ。
b0067694_15474654.jpg



すぐにヒャァ〜〜!!と二人の声が合わさるほどのイワカガミの大群生地が広がって!
(´⊙ω⊙`)
もちろん花の時期は終わっていますがつやつやした葉っぱが辺り一面に。
寺の前の道を車で上がった山は同じような場所があちこちにあり何度か見ていますがこんなに身近に
豪勢に咲く場所があるなんて・・「来年見にこられるように病気や怪我しないでおこう!」とNさん(笑)
また秘密の場所発見のようにニヤニヤしましたが、標識があるのですもの花好きの人は「知ってますよ〜ぉ」
と(爆笑)
残り花の一つでも見られないかと目を凝らしていると、、、 念づれば通ず!!(笑)
b0067694_15495288.jpg



ルンルン気分で気持ちの良い緩やかな道を辿っているとシャクナゲ園地という標識があり、
また少し横道へ。
b0067694_15502297.jpg



小道沿いに膨らんだ蕾をつけた低木が点在するもののまだ早いのだと諦めたところ、
Nさんが「あっ!咲いてる!」
林の中にチラリとピンク色が見えてワクワク(*^^*)
陽当たりの良い場所でひとかたまりきれいな花がみられました♪
b0067694_15520442.jpg
b0067694_15513484.jpg
b0067694_14501632.jpg
出来過ぎの成り行きです(^_−)−☆



帰りのバス時間を考えつつ酒波寺の前の川沿いの道周辺に確か花が咲いていそうと
とかすかな期待を持って来た道を戻ります。

こんな山道は歩きやすくて本当に好き!
b0067694_14541001.jpg



寺の横の道路に戻ったところに大きな桐の木、下の枝には花が咲いていて。
ヤマツツジ、友人の帽子にミヤマカワトンボが止まって(^^;;
b0067694_15045802.jpg


川と反対側の斜面、小さな流れの側をキョロキョロ・・・
以前サンインシロガネソウが何気なくかたまって咲いているのを見つけて興奮した場所。
まだ早すぎる?と目を凝らし・・・たったひとつですが咲いてラッキー! 
川側の木陰ではイカリソウも。
b0067694_15143059.jpg



斜面の上にオレンジ色のヤマツツジ、イチリンソウもひとつ(^▽^;)、カキドオシが元気よく!
b0067694_15132278.jpg




ホウチャクソウ、チゴユリがここにも見られて、、、キランソウも。
b0067694_16143011.jpg




いつも通過するだけのもみじ池まで歩き、ゆっくり眺めた後バス時間に合わせて戻りました。
b0067694_16152354.jpg


Nさんが気がついて久しぶりに見るウワズミザクラがあちらこちらに。
b0067694_16155256.jpg



たまに車が通るだけの人も居ない静かな山麓を満喫した一日。
バス停付近から朝は霞んでいた竹生島がかなりはっきりと見えています。
b0067694_16161413.jpg
車でないと訪ねるのが難しく思っていた場所ですがバス時間に合わせれば大丈夫と分かり
散策程度の身近な楽しみスポットが増えてなによりでした。




# by mikimari6 | 2019-05-08 10:42 | 花  自然探訪 | Comments(0)
2019年 05月 04日

金婚式

令和の祝賀ムードが続く中、昨日3日は結婚記念日、なんと50周年!(笑)
義父母の時に子供、孫が集まって料亭で祝膳を囲んだことを思い出しますが、最近ではそれほど珍しい事でもないし、、、と思いながらもここまで二人揃って過ごせたことは何よりだったと思えます。

ここ2年ほど二人ともあまり食が進まない体調で外食で記念日を祝うことがなかったのですが、昨日はさすがに何かせねばとオットが落ち着かない様子でした(苦笑)

昼食をうんと控えての体勢で近くの割烹店での祝いの夕食は、春から初夏の豊富な食材に手の込んだ調理、あしらいで十二分に満足し、たまたま同席した2組のご夫婦と楽しい会話を交わしていい時間を過ごしました。
一組は埼玉から銀婚式記念の旅という偶然の記念日重なりで(o^^o)

b0067694_20492938.jpeg

過日子供達夫婦連盟で宿泊プランがメインのカタログギフトのプレゼント、息子からの「50年共に過ごすって凄いことや!」という言葉も嬉しいでした(^^;;

近いうちにオットの重い腰も上がりそうで楽しみです(苦笑)




# by mikimari6 | 2019-05-04 19:17 | 日々の想い | Comments(5)
2019年 04月 30日

平成から令和へ

GW中の平成最後は梅雨めいた一日になりました。
朝は皇室の儀式、夕方のテレビ中継では「退位礼正殿の儀」を見ましたが、このところ何かにつけて大騒動だったご退位関連のニュース、特別番組を思うとあまりにあっさりした儀式でとても意外でした!

この数日あまり現両陛下の30年の振り返り番組では心温まる懐かしい場面がたくさん映し出されて、つい口元緩む様な心地が多々、、、
大災害や悲惨な事件、事故が続発し世情はどんどん不安や息苦しさが増した様に感じていますが、その中で何よりの癒しだったでしょうか?

個人的にも30年の振り返りの機会にもなりま好きが、昭和から平成に変わった当日はパート勤めで銀行の出納係にいて、記念にと平成元年と刻まれたピカピカの新硬貨を両替してもらったのを思い出します(苦笑)

40.50.60代と人生のピーク時、激動?の年月でしたがPC、デジカメ、スマホなどの目覚ましい普及で想像もしない豊かさを享受出来た時代でもあります(^o^)

さて明日からの令和はどの様な時代、歴史を作るのでしょうか。

平成最後の朝に数年振りで開花したマーガレットアイビーの花(^^)

b0067694_20305440.jpeg




# by mikimari6 | 2019-04-30 19:46 | 日々の想い | Comments(2)
2019年 04月 27日

10連休スタート

滅多にない長期のGWですがほとんど関係のない生活で(苦笑)
また少し肌寒い日になりましたがバルコニーの花の開花が続いてささやかなスペースの彩りに(^^)

種から育って無事開花のルナリア、株分けして貰ったのがぐんと成長したシレネ、シルバーリーフが気に入って植えた
エレモフィラ ニベアに思いがけず紫の花がたくさん咲いて。
去年株がそのまま残ってよく成長したスターチス(^^) 大きくなりすぎて持て余し気味のチシマヒョウタンボクです(//∇//)

b0067694_21361318.jpeg

前回アップしたハナシノブの画像で上部の小さな蕾はリナムでした(ノ_-。)
早くも開花と喜んだのですがとんだ早とちりで(泣)
b0067694_22014880.jpeg


フリージア、クンシランの整理をしましたがルリハコベはまだそのまま、、、
狭いスペースで思案しながらの作業が残っています(^^;;



# by mikimari6 | 2019-04-27 21:28 | 日々の想い | Comments(5)
2019年 04月 21日

バルコニーで

暖かい一日、久々にタネから冬を越して育った花苗や頂いたハーブの苗など
気になっていた植え替え作業をようやく(^▽^;)

ハナニラやルリハコベなど一番きれいな時に撮っていた写真を載せないままだったのに気がついて
遅ればせながら(苦笑)
b0067694_17505357.jpg


今まだルリハコベ、フリージアは咲き続けて、下昨年12月に買ったハッピーベリー、珍しくよく育って赤い実をつけたまま
小さな小さな花をいっぱいつけています(*^^*) 頂いた苗から早くも数年ぶりのルッコラの花が嬉しい〜♪
ダメになってもいいかと昨秋切り詰めたジャスミンにも花芽がいっぱいです(苦笑)
b0067694_17515617.jpg


昨年見事な咲きっぷりで気分良く採種も試みましたがちょっと不安で、、、いくつか株が育ってホッとするハナシノブ(^o^)
b0067694_17522815.jpg

他にルナリア,チシマヒョウタンボクなど後いくつか花芽が出ているのにも気がつき楽しみなところです。



一昨日は「平成最後の満月」だったらしくTVを見て急いで出てみましたが曇り空で残念!
昨晩ほぼ満月の赤い月が見られたので一応パチリ!  あれこれしてみてやっと月の地図まで撮れました(^^)v
b0067694_21012760.jpg

なんでも「平成最後」のオンパレードで( p′︵‵。)



# by mikimari6 | 2019-04-21 21:03 | 日々の想い | Comments(0)
2019年 04月 18日

長浜曳山祭

4月後半の楽しみは上海クラブのミニトリップで長浜曳山まつり見学でした。
ちょうど10年前に念願叶い初見学し感動したのでしたが、今年はもう一度と
思っていたところに「そろそろどこかに、、、」という話が出たのですぐに決定(笑) 
思いがけず「泊まりで」という提案があり、まったりとお祭気分に浸れる行程になって
ヽ(*^^*)ノ  急な都合で一人欠席、ネッ友三人でのお気まま道中でした(^▽^;)

14日は天気予報的中で長浜駅に到着した昼前頃からポツポツと雨に。
12基ある山の内毎年4基ずつ交代の出番になっていますが、駅から一番近い常盤山の自町狂言に
間に合いそうでそちらから。
曳山の舞台で子ども狂言(歌舞伎)が始まるのですが雨を避けて急遽近くのアーケード下に
移動するところでした。
子供たちのお囃子、「よいさっ、よいさっ!」のかけ声で引かれる山、ワクワク感が高まります(^▽^;)
b0067694_00414939.jpg



アーケード下に収まって役者たちの登場、神妙な挨拶の後「一條大蔵譚(ものがたり)」の始まり!
b0067694_00431840.jpg

b0067694_00505089.jpg
周囲の雑音などで」セリフの聞き取りが少し難しかったのですが粗筋は理解でき、時々入るご愛嬌のダジャレに
笑わされながら引き込まれて・・・40分前後の子供たちの熱演に胸が熱くなりました。
傍で孫娘が役者として出ているお祖母様が緊張の面もちで見上げておられ、終わった後は涙ぐまれて。
春休み頃からの短期間で大役を果たすのですから家族を始め指導者、関係者もどんなに大変なことかと想像し
感心するばかりの私たち(^^;;



その後それぞれの山が狂言を終えて長浜八幡宮に集まる(登り山)様子を見学に向かいました。
神聖、厳粛な雰囲気を感じます。
b0067694_00521015.jpg


雨のため山にはビ二ールカバーがかけられて残念でしたが翌日のお楽しみにと(^^;;
カッパを着て役員たち、引き手もお囃子方も大変です。
b0067694_01053642.jpg



一番に入ってきたのは孔雀山で題目は「勧進帳」との事。自町での舞台を終えてきたので熱演を観られませんが。
b0067694_00523470.jpg


やや本降りになってきたのでアーケード街を歩きながら駅に戻りシャトルバスで一旦ホテルへ。
この役者たちが八幡宮から町内に戻ってくる午後7時からの「夕渡り」がこの日の楽しみでした。


本来は八幡宮からの御渡りですがこの日は雨でアーケード通りでのお披露目、所々で「みえ」をきってくれます(*^^*)
提灯持ちの役目を担った小さな子供に付き添う若いパパ達も少し緊張しながらも嬉しそう。
b0067694_16184263.jpg


「勧進帳」の弁慶、、、きりりとして。
b0067694_07101465.jpg

b0067694_16210010.jpg



昼間に観た「一條大蔵譚」に出演していた6歳の役者さん、みえもきって立派なもの!
b0067694_16240288.jpg

同じ舞台でひときわ印象的だったお京役は10歳でこの艶めかしい表現力、素晴らしい!!
男児であることを忘れて魅了されていました(笑)
b0067694_16273644.jpg




今回見ることはできなかったのですが「鳥辺山心中」の役者たちもみえをきって拍手を受けていました。
b0067694_16212650.jpg







桟敷席で鑑賞する予定の翁山の役者たち、「碁太平記白石噺 新吉原揚屋の場」という長い題目(^▽^;)
6歳の禿役の可愛らしいこと! 貫禄の雰囲気漂わせる新達役。
b0067694_16220422.jpg




圧巻はこの花魁の妖艶さですΣ('◉⌓◉’) 11歳の男児がなり切った姿、表情に見惚れてしまいました(笑)
小学生にどうのようにして役柄の説明をするのか? う〜ん謎です(。・・。)
b0067694_16193392.jpg


雨の夜ながらいささか興奮気味で遅い夕食中に話は弾み、ホテルに帰ったのは10時を過ぎて(苦笑)


翌朝は晴れ!
窓から長浜城を背景に豊公園の桜がまだ美しく咲いているのが見えて(*^^*)
b0067694_20502548.jpg


ホテルの宿泊プランには子ども狂言の桟敷席チケットがついていて、朝一番の翁山の奉納演目をじっくり楽しむことができました。
4基の曳山が境内に並んで順次狂言を披露しますが壱番山の始まる前は三番叟が演じられます。
b0067694_20494287.jpg



昨夕の夕渡りでなんだか馴染みになったような気分になって役者達の演技に見入って。
b0067694_20553974.jpg



全員位を正しての「ありがとうございました」の挨拶。こちらこそありがとう!という観客の拍手。
胸熱く涙が出そうな心地の私たちでした。
b0067694_20561588.jpg



終わった後の山が引き出されて二番手の山がその後に移動し、次の狂言が始まる流れを見てから参道〜御旅所までの
巡行中に三度狂言が演じられるのでそのポイントでは観客が曳き山到着を待っています。
b0067694_20564772.jpg


境内を少し散策して、、、桜に変わってすぐに若葉の季節到来の兆しを感じました。
b0067694_20571052.jpg


昼食後アーケード内のポイントでまだ見ていない曳き山を待って狂言を見たかったのですがあまりに大勢の観客で舞台が見えず
諦め少し早めの帰路について(~_~;)
何百年も受け継がれる伝統の祭りの素晴らしさに浸った二日間でした♪



# by mikimari6 | 2019-04-18 21:15 | 上海クラブ | Comments(0)
2019年 04月 13日

吉野の桜

近畿圏の有名な桜スポット、奈良の吉野山は近くて遠く中々訪れる機会がありませんでしたが
昨日11日友人達とお花見遠足のごとく貸切列車利用のツアー参加でやっと実現しました。

駅前からかなりの花見客、参道にはずらっと様々な店が立ち並んで目も楽しい賑わい。
3分間の乗車ですがケーブルで吉野山の総門と言われる黒門に到着です。
b0067694_16242647.jpg

b0067694_16245390.jpg


吉野山のシンボル、修験道の本山である金峯山寺(きんぷせんじ)では大きな行事の日らしくて
修験者の装束姿、法要に立ち会う参詣者の姿が多く見られましたが、後で栞を見ると
毎年4月11、12日は花供会式という盛大な行事があるのでした(泣)
私たちの到着時間前でしたが奴行列、僧侶や稚児、信者のお練りがあり、法要の後は柴灯大護摩供、
餅まきなども行われた様です。
丁度その法要中にご本尊のご開帳他堂内を見学した形になったのでした(^^;;
b0067694_16255719.jpg
世界遺産に登録されているのもこの時知った次第ですが、国宝蔵王堂の建築の荘厳さや本尊の金剛蔵王権現の
迫力ある姿には圧倒されて。


見学後お堂の前の紅白のまん幕の中で何か催される様子が気になりましたが、後でそれが大護摩の準備であったと分かって残念!
すぐ近くの案内板に「首から上の守り神」という言葉を目に留めた私達は、丁度同行の友人が頸椎に問題を抱えていることや
それぞれ思うこともあり長い階段を下ってそちらを目指したのでした(~_~;)
その名も脳天大神!! 相当なインパクトを受けて(笑)
b0067694_16262009.jpg
下りれば上がらねばならず、ちょっと厳しい戻りでしたがその甲斐あれば何より(^^)

お堂の前に戻ると丁度大護摩が終わったところで後始末中、まだ煙が漂って。
少し離れて眺めると堂々とした立派な建築だと実感します。

b0067694_13153068.jpg



そしていよいよ近くに遠くに満開の桜を眺めながら、何よりも写真で見ては憧れる濃淡のピンク色に染まった山の風景を求めて、、、
b0067694_16284435.jpg


昔懐かしい胃腸薬の発祥元店舗や眺望素晴らしい休み所など目に留めながら。
b0067694_16294835.jpg

雲間に出たり入ったりの陽射しの中、眺望が開けたポイントで暫しウットリの時間。
b0067694_16303313.jpg


b0067694_16291732.jpg


何とも美しく気持ちの良い風景です♪
b0067694_16311876.jpg


集合時間が気になり始めて大急ぎで来た道を戻りながら吉水神社へ。
一目千本の絶景だけは何としてもと、、、(^^;; スッキリ晴れていればもっと美しいはずですがともかく目的達成〜!
b0067694_16335871.jpg


下りは歩く予定でしたがケーブル駅通過寺に直ぐに乗れるという呼びかけがあったので遅れては大変と列に並びましたが待ち時間が!!
( p′︵‵。)
近くの茂みに白い花、イチリンソウらしく(o^^o)
b0067694_16343321.jpg
ケーブルを降りて小走りで駅前に向かいましたが私達以外既に集合完了の様子、時間はぴったしでしたがちょっとバツが悪く(ノ_-;)ハア…
この日も予報は傘マークがあったのですがそんな場面もなく寒さもほどほど(苦笑)何よりの花見、遠足日和でした。





# by mikimari6 | 2019-04-13 13:21 | お出かけ | Comments(4)