四季おりおり

mikimari6.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 23日

伊吹山3合目まで

20日日曜日 晴天に恵まれて3合目までの山歩きと自然観察会に参加しました。

以前初めて伊吹山を歩いた時は3合目まではロープウエイでそこから山頂まで歩いて・・・
廃止になってもう随分になりますが登山口から3合目まではかなりの勾配と感じていて、
歩くのは無理で機会はないものと思っていたのですがチャンス到来、でも心配しつつの
参加でした(^▽^;)

b0067694_17542622.jpg

登山口から入ってすぐにユキノシタの群生も久しぶりでしたので(^▽^;)
b0067694_11241308.jpg



一合目までに出会った花々を時計回りに。
キンランヽ(*^^*)ノ、ハタザオ(ハクサンかイブキかは?)、ニガナ、アカツメグサ、
この後も所々で咲いていた黄色い花、花後のような植物は問い合わせ予定です(ノ_-;)
b0067694_17545372.jpg




空が開けて一合目に。眼下の集落や山々が美しい!
b0067694_17565258.jpg


ここから二合目までに出会った花たち。
左からクサフジ、キバナノレンリソウ、クワガタソウ、何アザミ?
b0067694_17585627.jpg



一合目から30分ほどで到着! 見下ろす風景の広がりがだいぶ違ってきました(^o^)
b0067694_11390468.jpg


ハンググライダーの練習場があり空中散歩が気持ちよさそうに見えます♪
b0067694_18010081.jpg



道は岩がゴロゴロして結構歩きにくくなってきました。
b0067694_18021231.jpg



三合目までに出会った花たち。
緑の中で鮮やにヤマツツジ、エゾノタチツボスミレ、グミの花、自生するのは初めてのホタルカズラ
(^o^)
b0067694_18033292.jpg



この辺りで後尾や巣作りをするウスバシロチョウ(初めて教わる)が飛び交って、、、グミの花影で。
b0067694_12092108.jpg
見上げてパチパチしている最中にアサギマダラがス〜〜っと、キャッチできず残念!



とても植物に詳しいメンバーさんが参加されてあれこれと質問しながら歩きましたが、
段々疲れが出てきて度々休憩、まだぁ?という言葉も出始めた私です(ノ_-。)
あのカーブを曲がればもうすぐ〜!の言葉に気を取り直して・・・

オ〜〜!山頂がドーンと目に飛び込んで♪
b0067694_18055709.jpg


三合目到着〜♪ オドリコソウの大群生地が広がっています!
b0067694_13224901.jpg
b0067694_18134596.jpg


ユウスゲの保護エリアにショウブが咲いて。
b0067694_13203707.jpg



お昼休憩後登山道を逸れて静かな小道に。
カマツカの花が満開で先のウスバシロチョウがここでも盛んに活動中〜(^o^)
b0067694_13333906.jpg
b0067694_13340825.jpg



その先では足元にホタルカズラの群生が見られてワクワク〜、女性たちはなかなか前に進めず(苦笑)
b0067694_13330982.jpg



この後林道を歩いて一合目に戻りますが途中に科の木やウリの木、カンボクの花を見ることができて♪
b0067694_13541201.jpg
他にも幾つか教わりましたがボケて画像と名前の不一致ありです(泣)



クマ?イノシシ用でしょか、一瞬あっと、、、下山中いくつか目に止まりました。
b0067694_13573739.jpg



終盤に出会えた花たち
b0067694_14110775.jpg
ハナイカダ、オカタツナミソウ、中央は? 何イチゴ? 下はイチョウの葉型に似ている
イチョウゴケ(珍しいと聞いたので名前にメモ漏れがあるかもしれません)



山には違和感がある株が目に入りましたが詳しいメンバーさんがビロードモウズイカとさっと名前を!
(◎_◎;)  下はこれから清楚な花を見せるのでしょう、バイカウツギ
b0067694_14263907.jpg


もう少しで一合目にという頃、時々左ふくらはぎにかすかな違和感、、、
しばらくするとかすかな痛かゆさもあり嫌な予感!
恐々ズボンの上から手をやると小さな柔らかいもを感じて内心キャッ!!
ズボンの裾を上げるとやはりうっすら血が滲んでいるので大急ぎで数回靴を地面に打ち付けると、
ポロっと3、4センチくらいのヒルが落ちて∑(゚Д゚) 
初洗礼でした・゚・(ノД`;)・゚・

一合目で休憩中のリーダー達に報告するとちょっと騒がせてしまいましたが血も止まり大事なくて。

男性3名、女性5名参加の観察会、4時に下山予定が一時間オーバーしてしまい5時過ぎ登山口に。
リーダーさんを悩ませましたが足が止まりがちな女性たちが原因でした(≡人≡;)スィマセン…

さすがに翌日は少し体が強張り、昨日は疲れということもないはずなのに熱を出して・・・!
ちょっと情けない次第(泣)  おおはしょりのアップです。


[PR]

# by mikimari6 | 2018-05-23 14:37 | 花  自然探訪 | Comments(8)
2018年 05月 19日

湖西浄化センターバラ園

バラが美しい季節ですがやはり今年は先急ぐかの様子らしくて、恒例になっていた
友人のローズガーデンもGW開けに誘いを貰ったのでしたが天候と都合とが合わず
時期を逃した感あり(><)

昨日車で15分足らずの浄水センターのバラ園が開放されたので人が少ない午前中に
行ってみました。

数年前に比べると年々木が成長して花も見事な咲きっぷり、種類も増えています(*^^*)
b0067694_19420103.jpg



b0067694_19423255.jpg


近くの老人ホームの高齢者達が今年も「お花見」を楽しまれる場面に遭遇♪
b0067694_19441540.jpg



保育園のちっちゃな子供達は草の広場で「花より遊び」(苦笑) 
眺めているだけで可愛くてつい頬が緩んでしまいます(^^;;
b0067694_19485500.jpg



手入れ中の係りの方と言葉を交わしたところ、今年は開花が進んで一時期に多くの
品種が咲き出したので華やか、、、とのこと。
名前が頭に入っているものも色々あり目をひいた見頃の花たちは、、、
上ダブルでライト、まつりばやし? 下どちらも好みのロイヤルサンセット、ブルーバユー
b0067694_19430935.jpg


ネームプレートが見つかりませんでしたが気品のある白いバラ♪
b0067694_19510829.jpg


お馴染みのデンティベスをピッタリきれいな咲き具合で!
b0067694_19520756.jpg


花後の姿も趣があってアンコール!といった感じ(^_−)−☆、マクロ撮影で。
b0067694_19513989.jpg



ふと目に留めたネームプレートに「ローラ」とあり、突然の訃報の後で西城秀樹さんへ・・・
b0067694_23471523.jpg


梅雨を思わせる様なとても蒸し暑い曇り空の1日でしたが夜半の雨で今日は一転肌寒くて・・・(ノ_-。)
いつまでこんな天候が続くのでしょうね。
明日は回復して穏やかだといいのですが。


[PR]

# by mikimari6 | 2018-05-19 22:26 | 花  自然探訪 | Comments(4)
2018年 05月 14日

伊吹北尾根へ

翌日11日金曜日、ヤマシャクヤク、ルイヨウボタンを訪ねて伊吹北尾根に。
関ヶ原在住のY氏が昨年に続いて観察会仲間を誘って下さいました。
前日と打って変わって爽やかで快適な山日和〜♪


ドライブウエイ途中でホウの花、チゴユリ
b0067694_00124314.jpg



標高1120m地点に車を置いて眼前の山に向かって歩きます。
b0067694_17115730.jpg


下ったところは風の通り道ですがこの日はまったく穏やか。
すっかり馴染んだ竹生島を見下ろす山峡の風景、反対側は目の覚めるような
新緑のグラデーションの山々、まだ雪を纏った白山もくっきりと見えて、
ここにいるだけでも満足な気分です。
b0067694_00130568.jpg


登り切って山道に入っるとタチツボスミレ、ハクサンハタザオ、ミツバツチグリが足元に。
フタバアオイ、そして昨年は見なかったところでつぼみ状態ですがヤマシャクヤクに。
b0067694_00132319.jpg




そしてニリンソウも見え始めて♪
b0067694_17212682.jpg




昨年案内してもらったアマドコロの群生地で今年は最後の花をいくつか見つけられ(^o^)
b0067694_17233560.jpg




地味で草むらの緑の中でつい見落としそうですが目当のルイヨウボタン、咲いていました!
b0067694_17282164.jpg




昼食休憩のあたりで・・・ホソバノアマナ、ハコベ、ヤマブキソウ、ハクサンハタザオ
b0067694_17482419.jpg



この後車に戻って西登山口から山頂のお花畑まで歩くことに。

花の端境期の状況でしたがニリンソウは道の両側に群生していて、こんなに咲いているのは
初めてで感激しましたが、春には雪かと思うほど山中が一面真っ白に覆われてびっくりする光景だと
友人が話していました。 う〜ん見てみたい!

b0067694_18233724.jpg
b0067694_18201245.jpg


左ニリンソウに混じって点々とヤマエンゴサク、ヒダボタン、中央のフデリンドウに(^o^)/
右中央道を下りきったところでエンレイソウ、もう少し開いて欲しかったサンカヨウ!
b0067694_18155328.jpg



ほとんど汗をかくこともなく快適な山の一日、リフレッシュ感いっぱいで皆満足〜♪


[PR]

# by mikimari6 | 2018-05-14 18:31 | 花  自然探訪 | Comments(4)
2018年 05月 13日

綾部市老富シャガ群生地

雨上がりの10日木曜日、京都府綾部市のシャガの大群生地を訪れました。
昨年写真クラブのメンバーのご夫婦が紹介してくださり、そのスケールの大きさに
他のメンバーも興味津々で今年の撮影会企画にと!

高齢化が進み早朝出発のドライブは心配ということで、近隣の写真グループ合同で
マイクロバスチャーターし、午前4時過ぎ出発!(^▽^;)

滋賀、福井から京都に入り7時ごろ現地到着。
朝陽射す森の中の雰囲気をイメージしていたものの一向に陽は射さず、、、(苦笑)
シャガも一番花のピークは過ぎてやや花殻が目立ちちょっと残念な状況でした(ノ_-。)
お天気ばかりは致し方なく、それなりに約二時間ゆっくり森の中を撮影して歩いて。
b0067694_14534584.jpg

b0067694_14522353.jpg

b0067694_14552713.jpg


b0067694_14525450.jpg


地区をあげてこの大群落地を守り観光資源にとされている雰囲気で、集落の家々にも花々が植えられ
落ち着いた佇まいを見せていました。
こんな立派なオオデマリが生垣に(◎_◎;)
b0067694_15005500.jpg



敦賀まで戻り中池見湿地に立ち寄りました。初めてで楽しみでしたが花は少なくて・・・
あ、背中を見せる白い花は!と思ったらシラユキゲシ(苦笑)
b0067694_15225491.jpg

湿地の中ではサワオグルマが風に揺れて。少しばかりカキツバタも咲いていました。
b0067694_15214025.jpg



b0067694_15194133.jpg


先日来よく目に留まるタニウツギがここでも。
珍しい昆虫は左カワトンボ、右は尻上げ虫~_~;  久しぶりのミズタビラコの可愛いこと!
b0067694_15261111.jpg


漁港のある町なので遅めのランチはお寿司をお腹いっぱいに(笑)
朝3時起きでしたので帰路のバス内はお腹も満たされてだんだん静かに・・・(^_−)−☆

予想外れではありましたが普段と違った気分でおしゃべりも弾み、窓外の水田風景も清々しく
目に映り何よりの一日に〜♪



[PR]

# by mikimari6 | 2018-05-13 15:36 | 撮影会 | Comments(2)
2018年 05月 07日

GW中に

雨の一日になりましたがイベントいっぱいのGWが終わった後で良いタイミング?
仕事モードに復帰の人にはチョット辛いでしょうか?(^▽^;)

我が家は特別な予定があったわけでもなくいつもと同じ(苦笑)
祝日なので忘れることもできない?3日結婚記念日もオットやや不調で何もなく過ぎて・・・

4日 昨年までびわ湖ホール中心にして数年開催されたクラシック音楽祭「ラフォールジュルネ」が
今年から「近江の春 びわ湖クラシック音楽祭」へと変わり、第一回目ということであちらこちらで
宣伝が盛んでした。

午後チケットを買っていたコンサートの予定もオットはキャンセルというので一人で(ノ_-。)
折角ならぶらっと雰囲気をと早めに出かけたらオープニングコンサートに間に合い、
当日券を買って沼尻竜典指揮で京響の演奏、中村理恵さんのソプラノをまずは楽しめて
(^-^) こんな気楽に音楽を楽しめるっていいなぁ〜♪

b0067694_11525739.jpg
チケットフリーのロビコンサートも盛況、混声合唱はぐんと深みが感じられ暫く聴き入って。



風が強めでしたが湖岸でくつろぐ家族連れの姿も多く、周辺は心地よい雰囲気♪
b0067694_12081042.jpg
当日券売り場で不要のチケット差し上げた方は喜んでくださりまぁ、良かったような(苦笑)

大植英次指揮、アンティ・シーララのピアノ、大阪フィルハーモニーの演奏。
グリーグのピアノ協奏曲の後「バーンスタイン生誕100年」ということで後半のプログラムは
ウエストサイドストーリーから「シンフォニック・ダンス」
全く異なる趣きの演奏、どちらも素敵で楽しく満足なひと時・・・(o^^o)


翌5日 沿線に住む友人と比叡山を歩きました。
山麓坂本の町で生まれ育った人で比叡山については詳しく、当初馴染みになった大宮川林道の
花目当てコースを予定していたのですが別の道も歩いてみたくなり急遽変更!
花は期待できず道もちょっと厳しいかもということでしたが緩々と・・・(^▽^;)


坂本ケーブル駅近くのコンクリート道から長い石段道、そして石がゴロゴロの山道です(苦笑)
b0067694_12242380.jpg


ところどころで目の覚めるような新緑を仰ぎながら歩き始めて40分ほどの地点で小さな標識。
名前につられて脇道に入ってしばらく進むと、伝教大師の母君といえども女性はこの地点までしか
登れず、対面のために大師が山から下りてこられたという由縁の場所でした。
b0067694_12244225.jpg



登山道では山フジ、クロモジの花が見られ、足元にタニキキョウの小さな花がポツポツと。
ひとり歩き、若者グループ、トレイルランの人たちが時々行き交います。
b0067694_12243425.jpg


慈覚大師の御廟に続く細い脇道にも入ってみて探検気分(苦笑)
その分岐点での崩れそうなお堂と雷でしょうか、断ち割かれた杉の大木の姿に胸つかれる思いがしました。
b0067694_13574152.jpg


途中道は高僧の名が記されたお墓がたくさん並んでいてそのだいぶ先にある御廟ですが
その時は気づかなかった鳥居、廟というのは神式のお墓?調べなくては(ノ_-;)ハア…
b0067694_14020176.jpg


フーフーしながらようやく延暦寺まで登ってきましたが直前の坂がきつかった!

たびたび通過していて知ってるようでも実は余り分かっていない比叡山内の状況(泣)
説明してもらいながらお参りもして・・・
国宝根本中堂は28年から10年かけての大改修中で上から見るとその大きさに改めて驚きました。
b0067694_14394624.jpg


山頂のガーデンミュージアムからハイキングコースでここまで下ってくる途中、
いつも気になっていた西塔への道標。
今回ここからその西塔へ向けて歩いてゆっくり見学することにしました。

ここもまた何度か通り過ぎる度に古色蒼然の雰囲気にひかれていた戒壇院です。
ようやくこれまで歩いた道とのつながりが把握できました(苦笑)
b0067694_15034643.jpg



西塔への長い石段を下った正面は伝教大師の御廟がある浄土院。
僧侶がたった一人で12年間、大師にお仕えするが如くに読経、作務だけの日々を過ごして修行される
神聖な場所ということです。
千日回峰行以外にも様々な厳しい修行があると教わりました。
b0067694_15192749.jpg

b0067694_15244768.jpg

b0067694_15182661.jpg


この庭の後方にある御廟。
b0067694_15351703.jpg


b0067694_23515874.jpg

端正で清浄な佇まいに浸りつつ先程下ってきた石段道を見上げて。
GW中で訪れる人も意外に多かったのですが普段は深閑とした雰囲気と想像されます。
b0067694_15584728.jpg






続いてにない堂と呼ばれる常行堂、法華堂へ向かいますが途中「椿堂」という案内板にひかれて
また脇道へ寄り道(^▽^;)
b0067694_16055486.jpg
聖徳太子が比叡山に登った折立ち寄られた時に椿の枝を伽藍の側に立てて置いたら
根付いたという言い伝えがあるそうです。写真が暗くて見えにくいですが屋根にかかる
枝に椿が一輪(~_~;)

少し足も疲れてきてにない堂に手を合わせ、周辺を少し歩いた後来た道を戻り西塔の中心釈迦堂に。

とても立派な建築で根本中堂、東塔、横川などと共に山内のあちらこちらの荘厳な建築物に畏敬の念を覚えます。
b0067694_16061628.jpg


帰路はケーブル利用で坂本に戻ることにし、根本中堂を再び通過します。
傾きかけた日差しの中にヤマツツジのオレンジ色が映えて美しい。
b0067694_16080919.jpg


ずいぶん馴染みになったいつもの風景ですが坂本ケーブル頂上駅手前でびわ湖を望む。
b0067694_16082163.jpg
ケーブル下車後日吉大社門前の茶店で缶ビールでお疲れ様の乾杯〜!
23800歩あまりよく歩きました(^_−)−☆

初めての登山道、歴史もちょっぴり学んで気まま歩きを楽しめたいい一日でした(*^^*)


[PR]

# by mikimari6 | 2018-05-07 23:04 | お出かけ | Comments(4)
2018年 05月 01日

5月に〜♪

GW最中、5月を迎え爽やかな風が心地よく気分も軽く〜のこのところです。

29日はチューリップやフリージアなどの花後の片付けをして少しスッキリと。
昨秋つい買ってしまってプランター、鉢に蒔いたミックスシードからベニバナ?
ナデシコ科?の赤い花が咲き始めて。
ジャスミンの根元で定番のセルヌア、ローズゼラニウムも次々と咲いています。

b0067694_21235830.jpeg


昨日30日は久々にイングリッシュガーデンの様子を見に行って。
どのバラも蕾をいっぱいつけて「その瞬間」を待ち構えているかの様子(^^;;
咲き始めているものもいくつか楽しめました(^^)

ユバンタイユ ドール、デンティベス、サマースノー?、サラバンド
b0067694_21461740.jpg


b0067694_21471996.jpg


園内の花壇あちらこちらでネモフィラのブルーが目を惹いて。
b0067694_21485689.jpg



そして5月に入った今日午後ハナシノブの白花が開花しました♪
本家阿蘇をはじめネッ友さん達に送って頂いて毎年の様に育ててきましたが
失敗したり弱々しかったり・・・今年の成長ぶりはダントツですヽ(*^^*)ノ
寒い時期から苗に力強さが感じられて花芽がつく頃にアブラムシも発生せず無事に!

b0067694_21234381.jpeg
他の3鉢も順調でブルーもソロソロ? ワクワクしながら開花を待っています。



[PR]

# by mikimari6 | 2018-05-01 23:13 | 日々の想い | Comments(2)
2018年 04月 20日

桜ツアー最終

18日水曜日、遅咲きの桜を訪ねるバスツアーで京都北部美山方面を訪ねました。
やはり開花が早すぎて花はほぼ諦め気分でしたが山里の風景に浸るだけでも
十分嬉しいねと、誘ってくれた友人と話しながらの参加でした。
前日からの雨が午前中には止みそうだったのが何よりラッキー!

9時に京都駅を出発しまずは市の北部、椿の神社として、花の天井でも知られる平岡八幡宮へ。
弘法大師創建後1200年余、多くの故事伝説、謂れが伝えられる由緒深い神社で話術巧みな
宮司さんの説明案内を受けながらのひと時(^▽^;)


随分昔に訪ねた記憶、写真は残っているのですがほとんど覚えてなくて(ノ_-。)
その分高尾、京北方面への入口にあたる地理も把握でき神社の佇まいも新鮮に感じられました。
b0067694_10181841.jpg

琵琶でなく琴を弾く珍しい弁財天が修復された姿で本堂前の欄間に。
修復時に本堂の長押に描かれいる「紅椿白玉椿図」の岩絵の具にラピスラズリが使用されていると
判明したことに因んでの展示、境内の多種の椿から今まだ咲く花をガラス器に飾られて。
b0067694_10184073.jpg



楽しめた椿の一部・・・
b0067694_10464268.jpg


空は晴れて境内のもみじの若葉は清々しく快適な1日になりそうな気が!(^o^)
b0067694_10482349.jpg


大福茶の接待を受けて一休み後、高尾、周山街道を抜けて一路美山に向かいます。

茅葺屋根の集落で海外にも有名になってきた美山。
他の目的で何度か中継地として来ているのに里内の散策はやっと初めての体験です!
由良川沿いの山荘でのランチ後、周辺のミツバツツジがいい色〜♪
b0067694_11003066.jpg


バスで数分戻って集落のそばに。一時間ほどの自由散策です(*^o^*)

観光ポスター、CMでお馴染みの定番画像ですが記念に!(笑)
b0067694_11075598.jpg


b0067694_11095680.jpg


b0067694_11105488.jpg


器や染物のギャラリー、民宿の看板もちらほらしますがあまり目立たず雰囲気に馴染んでいて
安らぎます(苦笑)
里の人が守っている古い社の柵の向こうにラショウモンカズラを見つけました♪
b0067694_11152423.jpg


桜の後で観光客も少なく本当にのどかな雰囲気に満ちた里、時間制限がなければもう少しゆっくり
歩き回っていたい気分でしたが・・・
b0067694_11163938.jpg



ほとんどの家の内外が樹木や花に彩られて美しい山里・・・「癒し力」を感じました!
b0067694_11255269.jpg


続いて一番の楽しみだった常照皇寺を訪ねます。
ここも随分昔にドライブで立ち寄ったのですがいつかもう一度と強く思ったことだけが
記憶にあって、その後近くを通過しても立ち寄れる機会はないまま・・・(ノ_-。)
このツアー参加の大きな決め手でした(o^-^o)

1362年光厳法皇により開山された皇室ゆかりの臨済宗天龍寺派の寺で、庭の三名桜木で
知る人ぞ知る寺でもあります。
b0067694_11582541.jpg


以前も桜シーズンではなく山寺の雰囲気がとても素敵だったという思いしかなかったので
ここに足が止まって、こんなに立派な佇まいだったかとびっくり!!
b0067694_12140705.jpg



開山の経緯を知り門跡寺院であれば納得なのですが、京の寺院にも引けを取らない気品漂う立派な
書院や方丈、美しい庭の佇まいに目を奪われるような心地でした。
b0067694_12100979.jpg


名木の一つ、一重と八重が一枝に咲く「御車返しの桜」
b0067694_12164689.jpg

道中で添乗員から「花はほとんど終わって・・・」と申し訳なさそうな説明がありましたが、
その特徴は確認できないものの名残りのひとひら、ふたひらという感じでなんとか(^o^)
 
b0067694_12220519.jpg


こちらは国指定天然記念物の「九重桜」ですがこの通りで(^▽^;) すっかり花を落とした枝に
輝く若葉が美しくて満足でしたが(苦笑)
b0067694_17272078.jpg


御所から株分けされた「左近の桜」も同じく瑞々しい若葉に。
b0067694_17352363.jpg


方丈から開山堂への渡り廊下、その向こうが方丈庭園です。
b0067694_17374080.jpg


多くの石が配された方丈庭園
b0067694_17394763.jpg


b0067694_17401630.jpg



時間が迫って名残惜しい気持ちで少し陽が傾きかけた桜の庭をもう一度。
b0067694_17462890.jpg


最後の訪問ポイントは黒田という集落の「黒田100年桜」、ヤマザクラの当然変異種で
八重桜の中に一重が混ざって咲いています。こちらはよくぞ残っていたという感じでラッキー!

b0067694_17553596.jpg

b0067694_17560525.jpg

春日神社という古い社の境内に華やかなピンクが愛らしい桜を堪能しました(^o^)
神社の前の食品店の店主やスタッフの方がにこやかに楽しく案内説明してくださっていい時間〜♪

意外なおまけは・・・
30数年前京都の住まい近くでちょっとしたことで知り合った方がこの美山の黒田地区に移住され、
当時は珍しいことでちょっぴり羨望の思いもあって記憶に残っていたのですが、案内人の女性に
なにげに話したところ、なんとこの店を手伝いに来ていて親しい間柄の様子。
電話もかけてくださったのですが生憎留守のようでメモをと言われて携帯番号を残してきました。
多分先方は記憶にないと思ってはいましたが、昨日電話を頂いたところやはり・・・(泣)
でも当時の住まい近くの状況など話してお互い懐かしんでしばしの会話を(^▽^;)
この地でハーブを始め沢山の植物を育て見学者に開放もされているとのことでいつか是非と・・・


京都市の最北の地は車で約二時間、バス便はごく少なくて自分で運転していくのは気が重いですが
訪ねてみると不便さを考えてもまた再訪したいと思ってしまう土地です。
今年の花追っかけの締めくくりに何よりの一日となりました。


[PR]

# by mikimari6 | 2018-04-20 21:44 | 花  自然探訪 | Comments(12)
2018年 04月 11日

京都 散策

先週から花冷えの日が続いていますが、すっかり花びらを落とした桜の木を見ながらの寒さは
一層身にしみる感じです(苦笑)

先週末の雨天になる前、上海Cの名残りの花見ということで全員初めてという
平野神社を訪れました。
皆が同じTV番組での紹介シーンを見て意見一致!(笑)

番組は人のいない静かな朝の撮影なので現実の参道の屋台などイメージ違いの場面もあり(ノ_-;)で、
桜も全体にはやはり最盛期の美しさはないような感じでしたが、多種の桜が植えられているので
それなりに楽しめて(^o^)
b0067694_17032681.jpg



本殿前右手の豪華な咲きっぷりは「大内山」
b0067694_16504225.jpg


その左手の塀越しに見事な「白雲桜」
b0067694_16384656.jpg


上は鳥居付近の可愛い枝垂桜、中段左はシンプルさが好みでしたが?右は珍しい「突羽根桜」、
下は久々に見ました「御衣黄」です。
b0067694_16440832.jpg


神社の名前がつくのは謂れがあるのかも知れません「平野妹背櫻」
b0067694_16563008.jpg



上七軒の料理やでお昼を済ませた後北野天満宮を通り抜け、バス利用で鴨川べりに。
出町柳から四条に向けて遊歩道をぶらりと散策♪
滅多に歩かないコースでなかなか楽しい経験でした(^o^)


一週間前なら桜並木が美しかったことでしょう!(^▽^;)
b0067694_17094942.jpg


道すがら目を楽しませてくれたライラック、花海堂、山吹も鮮やかに!
b0067694_17112728.jpg

花曇りの一日でしたがおしゃべりと散歩のゆる〜い予定が良かったと何方かが(o^-^o) ウフッ


[PR]

# by mikimari6 | 2018-04-11 17:14 | お出かけ | Comments(6)
2018年 04月 04日

桜・・・

ボランティア当番日で京都に出ましたが一週間前にパッと咲き始めた桜はすっかり様変わり(^▽^;)
日本中桜開花、満開の早いこと!


例年気になって足を向ける岡崎の野村美術館裏の枝垂れ桜はピークを迎えていて今年も華やかさを
感じることができましたヽ(*^^*)ノ

b0067694_20094977.jpg


b0067694_20074940.jpg



b0067694_20105335.jpg


b0067694_20113436.jpg

人出の多い名所には出向く気持ちにならなくて、身近なところあちらこちらで花を愛でて満足〜♪の一週間でした。



[PR]

# by mikimari6 | 2018-04-04 20:18 | 花  自然探訪 | Comments(2)
2018年 04月 03日

豊橋ー比丘尼城址

全国的に記録的な桜開花、満開にと絶好の花見日和が続く中4月に入りましたが、
花粉症?と紛らわしい風邪症状の2、3日でした。

福井へのワンデイトリップの後マンションのイベントでバタバタ、、、続いて31日は
伊吹自然観察会で顔なじみになった豊橋在住の会員さんに声をかけていただいて、
ハルリンドウを楽しみに比丘尼城址を訪れました。
葦毛湿原の観察会以来二度目の豊橋へ、再び青春切符でのワンデイトリップ。
街並みの桜、川沿いや山裾の桜並木、田畑の一本桜と車窓からの花見を楽しんで(^o^)

豊橋駅で出迎えてもらい車で30分ほどの比丘尼と呼ばれる丘は「世界の桜の園」を
作るという計画が進行中ですが、どの季節にも山野草を身近に見られる場所でもありました。


久しぶりのハルリンドウのブルーが新鮮で嬉しく目に映ります♪
b0067694_20491980.jpg



スミレも色々咲いて〜
b0067694_20510358.jpg


向かい合う山もまた花の宝庫とか・・・
b0067694_20582162.jpg



まだ若い木ながらも可憐、優雅な桜の花をたくさん目にして
b0067694_21002680.jpg



たおやかな花が目を引いた桜は白妙と札が付いていました。
b0067694_17271282.jpg




シュンランもよく咲いて(*^^*)
b0067694_21025988.jpg


白い花は?、東海地方では白いイカリソウ、初めてかしらセンボンヤリ、白のショウジョウバカマ
久しぶりのクサボケにも。
b0067694_20595031.jpg


ミツバツツジのピンクが華やかに目に飛び込みます。
b0067694_21073659.jpg
b0067694_21105132.jpg


シキミの仲間と聞いたような気がしますがメモがなくて(ノ_-;)
b0067694_21122303.jpg


少しでもたくさんの花を見せてあげたいという心遣いで終わっているかもしれないけれど・・・と
ミノコバイモが咲く場所によっていただいて・・・ギリギリ間に合いました!
ヤマエンゴサク、三河タンポポにも!
b0067694_21254400.jpg



アケビの花
b0067694_19480797.jpg


東海地方はあまり馴染みがありませんでしたが、温暖な気候のせいかこの辺りの身近な山では
いつの季節もかなりの種類の山野草が咲くらしく羨ましい限りでした。

ご一緒したお仲間とピクニック気分のランチ、楽しいおしゃべりしながらのハイキングの一日で
京都からの友人と満足感で帰路につきましたが、さすがにローカル線の旅二回目は腰が痛くなって
(苦笑)(泣)
遊び疲れの体調不良かも?です(苦笑)



[PR]

# by mikimari6 | 2018-04-03 21:41 | 花  自然探訪 | Comments(2)