四季おりおり

mikimari6.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 25日

山口〜広島へ

先週4月20日から二泊三日で山口県岩国から笠戸島、広島、宮島へ旅をしました。


事の起こりはオットがたまたまローカル列車の旅というTV番組を見ていて

「ああ!こんなところなら泊まりたいなぁ!」と珍しいこと言うので目を向けると、

美しい海の眺望が映し出されていて・・・レストランでの食事風景、温泉も良さそう(^▽^;)

しかもリニューアルされたとはいえ国民宿舎というのでびっくり!


宿泊翌日の山陽線のローカル駅を乗り降りしての町歩きロケを見てまたまた「いい町並みやな〜」

「行きたいなぁ〜」なんて!(◎_◎;)でした(苦笑)

案内人は映画監督の筒井和之氏と女優さんだったか?


気が変わらないうちにと直ぐ様メモ📝って宿検索、十日ほど後に一室だけ空きがあり、

すぐ予約してほとんど計画なしでミーハー的に同じコースを辿ってみることにしたのです💦


番組では最後に岩国の錦帯橋訪問でしたが、関西からでは時間に余裕があるので往路一番に。

一度は行ってみたいと思っていたところでオットも初めてでした♪



世界に誇る木造アーチ橋と言われるほど立派で美しい造形で迫力もありました。

子供達の通学路、生活橋でもあるそうです。

b0067694_16345883.jpg
b0067694_16375088.jpg


清らかな流れの錦川で白鷺や青鷺もくつろいで。

b0067694_16400943.jpg


橋を渡ると白壁と瓦屋根の家並みに緑が美しいしっとりした雰囲気に包まれます。

山頂の岩国城を背後に佐々木小次郎像・・・燕返しの練習をしたと言われるしだれ柳も橋のたもとにありました(^▽^;)

国木田独歩や宇野千代の生地でもあるそうです。

b0067694_16434914.jpg


b0067694_16454613.jpg



正面の徵古館は郷土資料館らしくその横に牡丹園があり早や開花しているのが一つ二つ・・・間もなく華やいできっと人出も多く?

b0067694_16481396.jpg



小さな川を渡ると古色溢れる吉香神社、風格ある建築の錦雲閣。周辺の古木にとても趣があり癒されるような雰囲気で。

b0067694_16562055.jpg


国重要文化財の旧目加田家住宅は江戸中期の中流武家屋敷で平屋に見えながら裏はこのように二階建てになっています。
b0067694_22525913.jpg



山を背景にして樹木に包まれ、川から水をひいた堀がめぐらされた町並みは史跡や公園も多く整然とした美しさを備えて。
b0067694_23163122.jpg

b0067694_23100914.jpg


橋の手前の区域にも見学スポットが多いようでしたが悠然と流れる錦川をしみじみ眺めて錦帯橋エリア散策を終えました。
右の土手沿いの桜並木・・・一週間か10日前ならさぞかし素晴らしかったことと思い残念!
b0067694_23192252.jpg


路線バスで新岩国に戻り徳山〜下松(くだまつ)の笠戸島の宿に向かいます。迎えはなく路線バス待つこと40分はちょっと・・(ノ_-。)
宿は昨秋リニューアルされたというものの国民宿舎なので実際は?といささか不安でしたがまったく杞憂(苦笑)
ツインの部屋は程よい広さ、スタッフの応対、清潔感、シンプルでスマートとオットも大満足でした(^o^)
雲が広がり夕焼けは✖︎でしたがともかくすぐ前の公園展望台まで散策して。
b0067694_14391673.jpg


公園にあるユニークな髭を蓄えた像はスキーと日本の航空の先駆者と称される長岡外史像。
海岸に下りる小道にはスミレの群生が!
b0067694_14492026.jpg


かすかな期待も外れて雲間から射す光のみでしたが美しい水面。
b0067694_14565088.jpg

露天風呂は湯船に浸かると海につながっているような気分を味わえてなんとも素敵ヽ(*^^*)ノ
夜空は星がたくさん見えました。



翌朝はやや霞がかかっていましたがまずまずの天候で部屋から眼下のビーチを見て「のんびり釣りが出来そう〜」と
また来たいような言葉もチラリ(o^-^o) ウフッ
b0067694_15005432.jpg


2日目はテレビの番組と同じく山陽本線のローカル駅を乗り降りしながら広島に向かう予定。



白壁の町並み
[PR]

# by mikimari6 | 2017-04-25 16:41 | 国内旅行 | Comments(6)
2017年 04月 17日

花見満喫

急に夏めいた気温になったりでずいぶん遅れた近畿地方の桜は一気に開花〜満開となり、
今日はしっとりと雨の日でシーズンも終わりになりそうですが、この十日ばかりの間に
あちらこちらで待ちかねた桜見物を十分に楽しむことができましたのでまとめて記録を(^o^)

4月7日 一昨年ボランティア仲間とのタイ旅行でお世話になり親しくなったP先生が来日中で、
急遽ランチ会、その後二条城の桜見物にご案内となって・・・
何度か入城はしているものの桜の季節、ぐるりと城内一周巡りするのも初めてで思いがけない初体験(苦笑)
天守跡から城内の一部を見下ろして。 3〜5分咲きといったところでしたが枝垂桜が美しく印象的でした!
b0067694_15353529.jpg

雨模様でしたがちょっと早かすぎた?と思ったソメイヨシノは順路の最後で咲きそろっていて一応満足してもらえた様で何よりでした101.png179.png

b0067694_15535712.jpg


4月9日  青春18切符残り二枚で友人と兵庫県龍野へ。
大垣と共にずいぶん前から訪ねたいと思っていた三木露風の赤とんぼの里、醤油の産地として有名な城下町です。
姫路城にするかどうか迷いましたが駅で姫路城に向かう大勢の人を見てそちらはまた次回ということに(^▽^;)


揖保川土手の桜並木・・・やや曇り空の下ですが満開の桜並木でのどかな風景
b0067694_16113646.jpg

龍野神社、聚遠亭方面へ歩いて・・・
b0067694_16210636.jpg



多くの文人たちが足跡を残して幾つもの歌碑、茶室もあって趣のある佇まい。池のほとりに早やミツバツツジも見られて(^o^)
b0067694_16411362.jpg

b0067694_16424845.jpg

b0067694_16263119.jpg

山向こうに桜につつまれた龍野城が見えて・・・びっくりするほど可愛いお城(笑)
b0067694_16474818.jpg

遠くに見えた城も意外に近くて程よい散策〜、素敵な眺めに出会えました♪

b0067694_17075533.jpg

b0067694_16553644.jpg

たどり着くと対面する山の公園から見た姿とは少し違って、いわゆる城の雰囲気は感じられません。
書院?城内?の窓から周りの美しい広場を眺めて。
b0067694_17050385.jpg

こちらが正門、すっきりとした端正な構えです(o^-^o)
b0067694_17095166.jpg



露風の生家跡や武家屋敷跡をチラチラ眺めての散策中、旧龍野醤油同業組合事務所という建物の前に出ました。
木道二階建てながらレンガタイルで意匠を凝らした建物と醸造工場、レンガの煙突が独特な雰囲気を感じさせます。
門前の満開の桜に包まれた風情も素敵でした。
b0067694_00220504.jpg


街中へと向かう途中、入場料10円という案内板に惹かれてうすくち龍野醤油資料館へ寄り道〜(苦笑)
この建物も同じく当時の近代的な建築物だったでしょう。その頃の繁栄ぶりがうかがえる気がしました。
もろみ生成室や醤油の絞り出し工程の機材、道具が遺されパネルや写真もたくさん。
b0067694_17131802.jpg


通りの路地奥に見えるこんな雰囲気にも惹かれるものがありました(^▽^;)
b0067694_00305107.jpg

お城と醤油工場を中心にしたしっとり落ち着いた佇まいの町歩きを満喫! 
また一つ長年の想いが叶ってヽ(*^^*)ノ


往路でびっくりしたのですが乗り換えの姫路駅はとても立派で賑わいのある駅に変身してお城が正面にバッチリ!!
何度か電車の中からは眺めていたのですが本当に美しく立派だと実感! 桜も満開のようでした(^_−)−☆
b0067694_00440889.jpg


4月12日 京都蹴上インクラインの桜・・・ボランティア当番に出てくるのが楽しみな時期でもあります(^▽^;)
b0067694_16071582.jpg


b0067694_16063992.jpg



4月13日  皇子山球場公園から琵琶湖疏水の水門まで花見散策して・・・
b0067694_16164758.jpg


この川がトンネルを幾つも越えて↑のインクラインあたりへと続いています。
b0067694_16091235.jpg




4月14日  近隣では散り始めの兆しでしたがもしかしたらまだ咲いているかも?と坂本日吉大社参道〜西教寺まで。
出かけた途端小雨が降ったり止んだりの空模様になりましたが車で待機したりしながら(苦笑)
b0067694_16331560.jpg


b0067694_16344194.jpg



西教寺すぐ側のお寺ですが名前を忘れて(泣)
b0067694_16365685.jpg


b0067694_16404677.jpg


眼下に琵琶湖を見渡せる高台のお堂の前から
b0067694_16411008.jpg

雨脚が強くなりそうで本堂までは上らずにここで引き上げましたが一応名残の桜も見ることができて何よりでした(^o^)



4月16日 もうお終いと思ったはずでしたが、ボランティアの定例会に出かけたついでにほぼ毎年見に行く南禅寺近くの別荘エリアの紅しだれ桜を念のために(苦笑)(^▽^;)
満開でした!! どんどん人気スポットになっているのですが人も少なくラッキ〜♪
b0067694_17051702.jpg

締めとして十分すぎるゴージャスな咲きっぷりで何よりでしたヽ(*^^*)ノ

今日の雨で本当に今年の桜は終了でしょうね。
見て頂き楽しんでいただけたら嬉しい限り、有り難うございます〜♪179.png


[PR]

# by mikimari6 | 2017-04-17 17:11 | お出かけ | Comments(4)
2017年 04月 08日

湯尾峠へ

6日福井県今庄の湯尾峠へ花探訪ウオーキング。
去年「楽なコースなのにお花がいっぱい」と教えられて、花、カメラ同好の友人たちと・・・

今庄も観察会などで3度ばかり訪れて少し馴染みの土地、蕎麦で有名ですが北陸道の大宿場町でもあったところ。
改めて歴史の断片を垣間見ながら町並みを通り抜けました。

駅で確認したルートを辿るとトンネルを通過することになっていて、ちょっと怖い感じながら3人ならok(苦笑)
内部は立派なレンガ造りで謂れがありそうに思えましたが、抜け出た所に案内板があり歴史的な建造物と分かって納得でした!
b0067694_15095421.jpg
b0067694_15102633.jpg



トンネルの出入り口付近でシャク?、キバナノアマナ、カキドオシ
b0067694_15132406.jpg


ヤマエンゴサクの群生もあちらこちらで
b0067694_15263439.jpg

里の入り口に湯尾神社・・・古色蒼然とした雰囲気に惹かれましたが先を急いで(^▽^;)
b0067694_15341231.jpg


集落に入りますが標識も無くてしばらく迷った後、遠くに見つけたおばあさんを追っかけて方向を教えてもらいやれやれ・・・
こんな小道も好きです♪
b0067694_15403285.jpg


遠回りをしたようですがやっと峠への入り口に到着! ショウジョウバカマが点在しネコノメソウの群生も(^o^)
b0067694_15453356.jpg


そしてすぐにカタクリを見つけてヽ(*^^*)ノ
b0067694_15513675.jpg
しばらくここで足止めとなり〜(苦笑) 保護されているのではなく自生というだけで感激する私たちでした(^▽^;)



石垣が積まれた城跡・・・峠の上から敵の情勢を見下ろせたのでしょうね。
b0067694_15583741.jpg
陽射しがなくて残念でしたがネコノメソウのこんな咲き方も楽しい〜♪  



峠に到着!ここにもまた芭蕉の足跡が見られ、明治天皇も行幸中に小憩を取られたという史跡もありました。
昔の人はよくぞこんなに歩かれたと感心します。
b0067694_16050756.jpg


句碑の後方の高みに上ってみると町並みが手に取るように見渡せます。
b0067694_16104702.jpg

そしてこの辺り一面カタクリの葉っぱが広がって花も点々と・・・
まだこれから咲くのか鹿の食害にあって少なくなっているのかわかりませんが群生地であることは確かでした(^o^)
b0067694_16172516.jpg

雲行きが怪しくなってきたので寄り道なしで駅方面へのルートに沿って山を降りることに。


途中イカリソウもあちらこちらに見られて。
b0067694_16300695.jpg


小雨が気になり始めた線路沿いの小道で「キクザキイチゲが咲いている〜!」と後ろから声がかかり急ターン!!
ちょっと薄暗い茂みに数輪の花!! ヽ(*^^*)ノ  ボケ気味ですが嬉しい記録(^▽^;)
b0067694_16423092.jpg

午後からは傘マークが出ていて気がかりでしたが歩いている間は雨に合わず何よりラッキーでした。
天候に左右されるのでタイミングよく花の時期に出会うのは難しいことですが、かなり楽な行程なのに
こんな花々に出会えたのは嬉しい限りで満足〜!という次第(o^-^o)




[PR]

# by mikimari6 | 2017-04-08 16:50 | 花  自然探訪 | Comments(4)
2017年 04月 04日

岐阜大垣へ

雪がよく降って寒かった東京ですのにいち早く桜満開のニュースに先日来??というところでしたが、
こちらもようやく晴れ間が続いて桜の開花もチラホラ見え始めました。
平年に比べて一週間ほど遅いお花見になりそうですが、昨日は急に相談がまとまり知人と大垣へ。
大垣城、堀端散策で一、二分咲きの桜を楽しみながら城下町の風情も感じて・・・


駅前からの広い道路を数分歩いて横道に入ると突然姿を見せた大垣城はこじんまりした親しみやすい佇まい(^▽^;)
b0067694_23233765.jpg


b0067694_23245819.jpg


石垣にかかる枝垂桜はちょうど見頃で光を受けてはんなりと咲いて。
b0067694_23253190.jpg


関ヶ原の合戦の後多くの武将が藩主となったがその中に大津膳所城藩主にもなった戸田藩が明治までこの地を治めたと。
武将もサラーリーマンのごとくあちらこちらの城主にと「転勤」があったということが、最近のお城見学で今更ながら
分かった次第(苦笑)


城内の見学をして城後方の広場や神社境内での桜を。
b0067694_23565059.jpg


b0067694_00071415.jpg


公園を通り抜けて立ち寄った郷土館は歴代藩主戸田公の顕彰を主にして建てられた端正な建物で門の桜の古木が印象的!
b0067694_00032330.jpg

b0067694_00041016.jpg


b0067694_00054682.jpg


大垣は芭蕉が江戸から東北、北陸と旅した結びの地で、その後に「奥の細道」をまとめた縁から
「奥の細道むすびの地記念館」があり、ボランティアガイドを頼めるというのでそれを目標に堀沿いの道を歩きます。
堀めぐりの船、一、二部咲きの桜とのどかで楽しい気分に浸って。
b0067694_00300080.jpg

b0067694_00304607.jpg


b0067694_00314979.jpg


記念館そばの堀沿いに芭蕉像、水濠で栄えた名残り大垣船町川湊、住吉灯台
b0067694_00381741.jpg

ここのシアターで名誉館長で俳人の黛まどか氏のナレーター、出演による芭蕉の旅をイメージした3D映像が素晴らしくて、
旅の経緯や足跡の概略も分かりとても満足しました♪
この日は団体の観光客が多くガイド不足ということでお願いできず残念でしたが(ノ_-;)


大垣駅近くまで続く堀沿いの遊歩道は四季折々の植物が植えられて「四季の路」と表示がありましたが、
芭蕉の句が様々なスタイルで設置されていたのは「ミニ奥の細道」と名付けられ観光のメインでもあるのを
帰宅後パンフを読んで理解しました(苦笑)💧
b0067694_12294026.jpg


また水の都と言われるほど湧水が豊かで大小多くの井戸、湧水スポットが点在し2、3立ち寄って口にしてみたり(^▽^;)
駅方面に向きを変える堀の曲がり角の八幡神社、境内の「大垣の湧水」と一つの幹から分かれて成長した「夫婦銀杏」
b0067694_12454412.jpg

枡の生産量が全国の80%を占めているということで観光案内所で買った施設入場料やお得クーポンなどセットになった
「通行手形」です(^o^)

b0067694_12524055.jpg



訪ねた各施設、協賛店などでスタンプを押してもらい「名水」ボトルや一口スイーツの接待があり、
500円で随分お得感ありました!(o^-^o)
湧水の土地ならお酒も美味しいかと蔵元にも寄ってお土産に一本(^_−)−☆

観光地ながら落ち着いた佇まいでのんびりゆっくりの愉しい町歩きでした〜♪




[PR]

# by mikimari6 | 2017-04-04 13:03 | お出かけ | Comments(6)
2017年 04月 01日

宝ヶ池で

桜開花発表もあちらこちらから聞こえて今日から4月です〜♪

3月最終日の昨日は冬めいた寒さでなごり雪が降ったところもあり相変わらず目まぐるしい天候(泣)
前日30日はポカポカ陽気でしたのでじっとしていられず、身近で森の雰囲気があるところは?と
思い立って京都の宝ヶ池に出かけました。
オットが幼少期から慣れ親しんだ地域洛北にあり、ずっと昔一度連れられて行った記憶がありますが
以後は車で近くを通り過ぎることが何度か・・・

国際会館前で地下鉄を降りると池に出るまでに公園がありちょっと散策を。
今年初めて見るトサミズキが咲いていて・・・
b0067694_14292816.jpg


先日加茂の浄瑠璃寺でも見たアセビやサンシュウもよく咲いて!
b0067694_14342906.jpg


b0067694_15364423.jpg


春休みなので家族連れ、子供達の声や姿も春らしく感じます(^▽^;)
b0067694_14495113.jpg

あの向こう側は大津・・・京都側からの比叡山の頂上が見えます〜(^▽^;)
b0067694_14543633.jpg


木々の芽吹きの中で早咲きでしょうか小ぶりの可愛い桜がチラホラして・・・心弾む出会い〜♪
b0067694_14415172.jpg


b0067694_14423456.jpg


何にも咲いていない桜の森(笑)を通り抜けて池のほとりに
こちら側から見ると国際会館、会議場の立派さが際立って見えました。

b0067694_15065144.jpg
b0067694_14523078.jpg



小高い山は野鳥の森と案内がありましたが少し坂道を歩いただけで無理そう(ノ_-。)、人気もないし引き返して梅林へ。
意外にもピンク、白、そしてサンシュウの黄色と春色が広がってヽ(*^^*)ノ
b0067694_14580554.jpg


b0067694_15075662.jpg


ほぼ一周回ったところで池にオシドリの姿をキャッチ!!
2月に友人が「二羽ほど見ることできた」と言っていたのを思い出しましたが、まだこの時期に入るとはラッキーでした。
b0067694_15120176.jpg


あっちへこっちへとゆっくりの一人歩きで随分時間が経ち、植物園か上賀茂神社あたりによる予定は取りやめ。
何の目当てもなくただ近いはずの深泥池へは寄ってみようと歩いたのでしたが間違って遠回りの方向へ(*/∇\*)
うろ覚え、見知らぬ道をテクテク・・・
b0067694_15184581.jpg
以前は周囲に何もなくただ田舎にある池というだけだった様ですが近くには住宅が密集していました(苦笑)
でも希少生物が生息するので立ち入り禁止で保護されているのです。 以前ジュンサイが採れるので有名でしたが今は?

ぼんやり眺めていたら自転車を止めた青年が「この池の幽霊が出る伝説とか知っていますか?」と声をかけられビックリ!
詳しく知りたいとのことでしたが知るわけもなくて(苦笑)
帰宅後オットに話すと「名前通り深い泥沼でズブっと入り込んだら出られないことから自殺者がよくあったらしい」とΣ(゚Å゚)

もう少し歩けば上賀茂神社なので迷いましたが今日はここまで。
久しぶりのウオーキングで疲れたと思ったら17000歩あまり11kmの記録でした(^_−)−☆



[PR]

# by mikimari6 | 2017-04-01 15:30 | お出かけ | Comments(0)
2017年 03月 22日

早春の花ー伊吹山麓

東京では昨日桜の開花宣言がありいよいよ春到来のようです。

20日春分の日、ここ数年恒例になった伊吹山麓の里での花観察会がありました。
集合場所の最寄駅、近江長岡駅前では残雪の伊吹山がよく見えて爽快な気分に♪
b0067694_00554411.jpg


ポカポカ暖かく風もなしの「花日和」で幾つの花を見られるかワクワクして・・・
春先まで殊の外雪がよく降ったのでもしかしたら名残のセツブンソウに出会えるかしらなんて(^▽^;)
午前中会の総会を終えて午後一般の参加者と共に車に分乗し目的地へ。



集落で保護されている場所以外のセツブンソウ群生地からスタートしましたが、過去に見た事がないほどの咲きっぷり!!
辺り中に群生があって足の置き場に苦労するほどで皆一斉に「すご〜〜い」の大合唱(o^-^o) ウフッ  
感激しました!!!

b0067694_21014911.jpg

b0067694_21040233.jpg

b0067694_21050857.jpg



傍にある神社でフクジュソウを見て集落方面へ歩き、小さな流れのそばでスハマソウを教えてもらって♪
可憐で清楚な花ですが調べるとミスミソウと似ているとあり、葉の形で見分けるが難しいこともあるとか(ノ_-;) 
その後も土手の斜面に数株点在して咲いていましたが写真整理して見ていると先のとは違った花のように見えて??(泣)

b0067694_23105656.jpg



まだこんな残雪が見られて・・・
愛知からお花に詳しいバーバちゃんに連れられてきた小一のお孫ちゃん、雪にはしゃいで大人達を楽しませてくれました(^o^)
b0067694_23272574.jpg



↑の山道を上がった林間にもセツブンソウの群生が広がって、その中にいくつかユキワリソウも!!
b0067694_23325002.jpg



土手にポツポツと小さなキイロノアマナ、スズシロソウ、ネコノメソウも。
b0067694_23255505.jpg


満開の梅が素敵な彩りで春間近かののどかな里山の風情・・・なんとも言えずちょっと見とれてしまいました。
b0067694_23423676.jpg


山道沿いにも優しく〜
b0067694_23483467.jpg




ゆったり気分で歩いていたら「急がないとアズマイチゲが閉店しちゃいますよ〜」と声がかかり(苦笑)
間に合いました〜♪
b0067694_23510961.jpg


b0067694_23520288.jpg



近くの田んぼもすっかり馴染みになりましたが変わった畝の起こし方に目が留まって(^▽^;) 何か意味があるかしら?
b0067694_00005303.jpg


今回は札幌や東京からの参加者もあって驚きましたが花談義しながら楽しく歩いて・・・
全員で集合写真を撮って集落を後にしました。
b0067694_23585546.jpg


大収穫の良き日、満足満足〜ヽ(*^^*)ノ




[PR]

# by mikimari6 | 2017-03-22 00:04 | 花  自然探訪 | Comments(4)
2017年 03月 21日

one day trip 和歌山



まだまだ気候不安定ですが寒さの周期が少しずつ遠のいて暖かい日はル〜ン♪と
いう気分を楽しめるようになりました(^o^)

自治会の引き継ぎも終わってひと段落した後18日土曜日にマンションの友人と
青春18切符の日帰り旅行に。
お互いに考えていた候補地に入っていたのが和歌山城!ということで決定でした(^▽^;)

大阪経由で2時間半、ほとんど初めての和歌山駅は想像外に大きくて人も多くびっくり!
駅前は若者であふれていて我が街の寂しさと比べてガクリ(ノ_-。)・・・でしたが事情が判明!

b0067694_16320569.jpg
バスで2、30分のところにあるテーマパークの会場でのライブコンサート目当てのファンの群れでした(o^-^o) ウフッ
こんなにも人気があるのだと驚いたのでしたが・・・

広い立派な道路を15分ほど歩いて和歌山城へ向かいます。


秀吉が弟秀長に命じて創建した和歌山城、大手門をくぐると数日後に始まる桜祭りの準備が整っていて。

b0067694_16592237.jpg



趣のある野面積みの石垣に見知らぬ花が彩りを添えて好きな雰囲気でした(*^^*)
b0067694_17015228.jpg

天守閣への石段を登るったところの乾櫓。
b0067694_17075831.jpg

梅は終わって桜はこれから・・・花に包まれた天守閣の姿はさぞかしと思われました(^▽^;)
b0067694_17072582.jpg


天守より遥か和歌浦方面を眺めて(今回身軽に一眼は持たずコンデジのみの撮影でした(^▽^;))
b0067694_17193198.jpg




広場ではワンちゃんと遊ぶ子供や忍者衣装をまとって楽しそうな子供達・・・椿があちらこちらに見えてのどかな風景。
b0067694_17215466.jpg



広い城内で地図見ながらもウロウロしてボランティア案内人の方に尋ねると西の丸庭園へと案内してくれました。
途中朱塗りの追廻門、鶴の渓と呼ばれる美しい石垣が続く小道、白壁塀の瓦に施された珍しい紋は秀吉、家康、もう一人?
三武将の兜の飾りを突き合わせたいデザインなどと説明を受けて。
b0067694_22070996.jpg


池泉回遊式の城郭庭園で別名紅葉渓庭園と言われるほど秋は格別美しい眺めのようです。
b0067694_22181378.jpg
下の木造橋は御橋廊下と言われ殿様が二の丸と西の丸を行き来する橋とのことで、斜めにかかって珍しいもの。
靴を脱いで中を通り庭園に入れるようになっていましたが、美しい木目模様の廊下が印象的でしたのに撮るのを忘れて(ノ_-;)


すぐに忘れてしまうのですが説明を聞けるとお城歩きも歴史や建築など観点が多々あって興味が深まるのですが、
このお城の五代目城主が八代将軍吉宗となった説明を受けてへ〜〜!と関心しきりでした(苦笑)


お堀の風情もなかなか・・・彦根城と少し似ているところもあったり(^o^)
b0067694_22403988.jpg


この後遅くなったランチをとって駅二つ和歌山寄りの紀三井寺へ向かいます。


門前に着いて見上げる階段に一瞬うえ〜〜!(笑)
231段大したことはありませんでしたが勾配はそこそこあって当然休憩もしたり(^▽^;)
西国三十三所の二番札所、ご本尊十一面観音にお参りを果たします。
b0067694_22425565.jpg


友ヶ島を見下ろして
b0067694_22472886.jpg



本殿前の桜の木を見てあっ!と驚き!!  
近畿地方の桜開花宣言はこの木を観測して発表されるんですねヽ(*^^*)ノ  今年は一層楽しみ〜♪
b0067694_22490343.jpg



朱塗りの塔がシンボルのようで・・・
b0067694_22555397.jpg

b0067694_23011045.jpg


少し雲が広がりましたが風がなく穏やかな「紀州路」の一端を楽しんで・・・
駅に向かう途中ハクモクレンが早や満開! お寺の階段沿いのリュウキンカも。
b0067694_23063818.jpg

今年になって初めてゆっくり出会うことができた友人とおしゃべりもいっぱいのワンデイトリップでした♬☻☻♫•*¨*•.¸



[PR]

# by mikimari6 | 2017-03-21 23:10 | お出かけ | Comments(0)
2017年 03月 12日

6年が経って

このところ冬に逆戻りのような寒さが続きました。
そして錯綜する幾つものニュースに怒り、混乱、ため息の日々でもあり(泣)

その中昨日3月11日、東日本大震災から6年経ち犠牲者の方々の七回忌を迎えました。
あの時、震度3ながらギシギシと音を立てて揺れるマンション12階の部屋での恐ろしさと
直後につけたテレビ画面に映し出されるまるでSF映画か何かのような光景に頭が真っ白、
呆然としながら釘付けになったことが改めて蘇る昨日今日でした。

当時は日本中が心一つになって被災地や被災者のことに深い思いを寄せたはずでしたが、
時間が経つにつれ世の中の関心は次々起きる事象に捉われて薄れつつあるのが悲しい現実です。
様々な複雑で深刻な問題が色々と検証され見聞きする度にもどかしくやりきれない気持ちになりますが、
他人事ではない我が事という気持ちで見守り続けなければと改めて。


わずかに寒さが緩んだ午後、近くの皇子山公園へ。
早咲きのハツミヨザクラはまだ殆ど蕾、白梅があちらこちらでまだ綺麗でした。

b0067694_00513725.jpg


b0067694_01021446.jpg

b0067694_01042110.jpg





明るい陽射しにグーンと背伸びの樹木の影
b0067694_00441214.jpg


春を待ちかねたようのはしゃぐ子供達や家族連れの姿が微笑ましくて
b0067694_00482829.jpg

暖かい陽射しの中で心緩む平和〜なひと時が何より有り難く思えました。




[PR]

# by mikimari6 | 2017-03-12 23:40 | 日々の想い | Comments(0)
2017年 03月 06日

畑…

昨年オットが腰を痛めて畑仕事をストップした後、仕方なく夏野菜の後を片付けて真似事で植えつけたタマネギ…ヒョロヒョロ頼りなげでしたが最近チョット元気そう〜(#^.^#)

5月にエンドウ豆がないのは寂しくて続いてエンドウ、キヌサヤ、ついでに残っていたほうれん草、菊菜の種も撒いていましたが、寒くて縮こまっていたのが少し背が伸びてきて\(^^)/

肥料が足らん、アレでは無理、、、と憎まれ口を聞かされましたがブロッコリーも立派に収穫!(^ー^)

b0067694_17591999.jpg


バルコニーでブルーハナニラ、ミニ水仙がポツリと花開きました(#^.^#)
畑のあぜ道ではつくしんぼを見つけて〜♪

b0067694_18004378.jpg

腰は良かったり悪かったりですが少し畑に足が向き始めて✌️☺
一昨日はジャガイモを植えつけてくれたのでやれやれというところ(⌒-⌒; )

無理しない様にしながらはやく畑通いが日課になってほしいものです(苦笑)


[PR]

# by mikimari6 | 2017-03-06 17:40 | 日々の想い | Comments(0)
2017年 03月 03日

香川への墓参

昨夜遅くにアップした記事が何かの不具合で反映されてなくてがくり( ;´Д`)
アップした写真は記録に残っているのに??です。
記録なので簡単にもう一度再投稿を試みて・・・(^▽^;)

2月最後の二日間は久々の晴れマークが続きましたので急遽気になっていたお墓参りに四国香川へ。
思い立って今回は京都から高速バス利用で明石大橋〜なるとお箸〜高松のルートでした。


左より明石大橋、淡路島、鳴門大橋通過中の車窓から。
何度か通ってはいますがこんなにお天気だったことはなかったような気がして・・・(^o^)
b0067694_22140410.jpg


母の生家、お寺があるのは愛媛県に近いローカルな町なのでこのルートでも高松は素通り、瀬戸大橋を渡っても
高松とは反対方向へ向かうことからほとんど未知の土地です。
この機会に約50年ぶりになる栗林公園を訪れましたが、想像以上に広大で洗練された美しい公園でした。
地図を見ながらまず見頃を迎えていた南梅林へ。

b0067694_22245960.jpg


b0067694_22253129.jpg
優しい香りに包まれて知らず知らず顔が緩んでいるのに気がついてクスッと独り笑い(o^-^o) ウフッ


散策コースの順路も気にせずあちらこちら巡って・・・盆栽で有名な土地柄を実感する見事な植栽も楽しんで。
b0067694_22231419.jpg


北梅林にも足を向けると同じく華やかな風情で、樹木の緑とのコンビネーションがとても美しく♪
b0067694_22495043.jpg


b0067694_22543189.jpg

優しい姿の紫雲山が借景になっていますが公園の敷地でもあるとのことでした。
ボランティアガイドさんがちらほら目にとまりましたが、宿泊先の送迎バス時間に遅れるといけないので説明を聞けず残念!
b0067694_23053883.jpg



この日は夕陽が見られるかもと期待して瀬戸大橋を見下ろす高台、瀬戸内国立公園五色台に泊まる予定。
高松駅から30分以上バスに揺られて・・・結構な距離でしたが素晴らしい眺め(*^^*)

讃岐の山々のグラデーションはサプライズで瀬戸内の春先の夕景はイメージ通りで、周辺の散歩道を歩きながら
夕陽を待ちました。
b0067694_00024967.jpg

空も海もオレンジ色に染まり始めて
b0067694_00112495.jpg


b0067694_00135510.jpg


b0067694_00044712.jpg


そしておまけの夜景も美しく満足な時間でした〜!!
b0067694_20493627.jpg



翌朝は早いバスで鬼無駅まで送ってもらいローカル電車でトロトロ・・・あちこちで待ち時間があり2時間あまりで目的駅に。
子供の頃ほぼ毎年夏休みに母に連れられて来ていたこと、年末になると田畑の収穫物や名産をいっぱい持って大阪にやって来た
祖父のことなど色々思い出され、当時はもっと不便だったのにとしみじみ。
四国に三つも橋がかかるのも無理ない?なんて思いも改めて(苦笑)

2、3年電車利用しなかった間に駅は無人駅になっていました(ノ_-。)  
タクシーでお寺に向かい「ホント、遠いわね〜」と言いながら少し丁寧に掃除をして本来の用を果たして(^▽^;)

お寺の門前はほぼ昔と変わらず
b0067694_00573692.jpg


近くに住む従姉に挨拶方々近況など話し合った後、電車に便利な隣駅まで送ってくれる途中銭形砂絵で有名な琴弾公園に
立ち寄ってくれました。
展望所の立地がイマイチきれいな形で見えず残念ですが、近くの宝くじ売り場で8億円が二本出たということから
最近ご利益スポットになっているということです(笑)
ここも懐かしい場所で久しぶりにゆっくり景色を眺めて。
b0067694_01033856.jpg

時間がかかりましたが色々なことを思ったり考えたりしながらのローカル電車旅もたまにはそれなりの面白さが(^_−)−☆
でも次回はやはり新幹線、特急が良い?(⌒-⌒; )




[PR]

# by mikimari6 | 2017-03-03 21:26 | 国内旅行 | Comments(8)