四季おりおり

mikimari6.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 25日

誕生日に

今日は七十回目の誕生日、古希という言葉がピンとこないのが本音ですが(苦笑)
メールやメッセージで祝ってくださった皆様有り難うございました。

少し不調気味でイベントは有りませんでしたがゆっくり片付けごとをしながら
色々な思い出を辿ったりして良い一日でした😊

何だか先行きが危うい?現象がアレコレ出始め、これまでと同じ様に事が運ばず
心もとない気がするこの頃ですが、この20年ほどの間にご縁を得た方々との
楽しく充実した思い出が多く本当に嬉しく有り難いことだったとしみじみ感じて…
元気で若かったという事も実感します(^^;;

年齢にとらわれずでも無理はしないで、少しでも元気で充実感ある日々を
過ごせる様に心がけたいと思います。




[PR]

by mikimari6 | 2017-06-25 00:23 | 日々の想い | Comments(0)
2017年 06月 23日

不調の元は?

小林麻央さんが逝去されました。
闘病記ブログで多くの方々に勇気や元気を与えられたこと、内容を垣間見て
あの若さで人生を全うされた生き方、考え方に触れ胸打たれました。
ご冥福を祈るばかりです。



この季節何かしら不調が起こりがちの数年で、5月逆流性食道炎の再発兆しで用心し
落ち着いたと思った途端にひどい口内炎に!(泣)
数年前同じ経験をしたので早めに主治医に相談するとウイルス性の口腔ヘルペスとのこと。
長期間服用の薬の影響もある様で如何ともしがたく😔

飲み薬、塗り薬併用中ですがいくつか気になる症状があり調べてみると色々合致することが(-。-;
で、どれも共通する原因はストレス!😨

???でしたが…そうだ!!この政治(≧∇≦)
日々フツフツと湧き上がる憤りが身体中に充満、長期停滞中❗️
今日友人達とのおしゃべりでも其々憤懣を吐露し合って、周りは批判意見ばかりなのに
なんであの支持率だったのかとお互いに疑問を口にしながら深いため息…

少しばかり悪い空気が抜けた気がしますが、話をするのもドライマウスとかで
痛みの元になるらしく…トホホです(T . T)




[PR]

by mikimari6 | 2017-06-23 00:42 | 日々の想い | Comments(8)
2017年 06月 06日

美山ーベニバナヤマシャクヤク

日曜日に続いて昨日5日京都京北の美山へのお誘いがあり、友人の車で日帰りドライブでした。

ベニバナヤマシャクヤクの群生地があるすぐ側の山椒農家さんでの無農薬山椒の買い物と
近くにある素敵なカフェに案内してもらうのが目的の自由な予定。
花の時期は終わっているのでただ京都市内から遠く離れた山の空気を感じるのが楽しみでした。

山の麓の農家さん宅で山椒の買い物しつつ庭の花々を見て奥さんと談笑したり(^o^)
同乗の友人二人は以前年一度の群生地開放の時に花を満喫しているのですが、私は初めてなので
一応その群生地を見学だけでも(^▽^;)

この林一帯にベニバナヤマシャクヤクが・・・と説明されていると友人が「あ、咲いてる!」と。
小さなシロバナでしたが密やかに〜ヽ(*^^*)ノ
b0067694_17115062.jpg
先日伊吹北尾根で見たのと違って可憐できれいな姿です。


「あぁ〜よかった!! 嬉しい!」と引上げかけた時「あれ?ベニバナと違う?」と友人の声。
少し離れた森の中に確かにベニバナが〜!!😍

b0067694_17205766.jpg
私の初対面を喜んでくれたのはもちろん、予期せぬことに友人たちも喜んでちょっと興奮(o^-^o) ウフッ

その近くに別のシロバナもまた咲いていて・・・
b0067694_17281664.jpg
長く抱いていたイメージ通りの「森に咲くヤマシャクヤク」、念願叶って最高の気分でした♪


定休日にもかかわらずオープンしてくれたというカフェで遅いランチとお菓子を頂いて、素敵な女性オーナーさんと山里の自然や暮らしなどの話も伺ってとても楽しくなんとも良き一日に。

写真を撮り忘れましたがまたその内再訪がありそうで(^_−)−☆

道の駅でキャラブキを目にし母の佃煮の味を思い出してふとその気になり(~_~;)
昨晩は山椒も入れて気合いでコトコト、、、
まずまずの仕上がりになりました。


[PR]

by mikimari6 | 2017-06-06 17:41 | 花  自然探訪 | Comments(6)
2017年 06月 04日

大阪市大理学部付属植物園

昨日6/4京都自然観察会で大阪から奈良の県境に広がる丘陵地にある大阪大学理学部付属植物園を訪ねました。

集合場所は交野(かたの)市の私市(きさいち)駅。
ハイキングコースがあるのでよく知られていて、中高生の頃に飯盒炊さん(今では使われない言葉?💦)で一度は来た記憶が微かにあり、沿線周辺に一時期住んでいた事もありましたがもう全く未知の土地で(~_~;)


b0067694_22155646.jpg


園内3km程度の散策予定でしたので今回はしっかり説明を聞いて歩こうとカメラ持たずの参加(~_~;)

予想外の広さと樹木、植生の豊富さに感心しながら、爽やか森林浴をタップリ楽しんで♪

iPhone撮影ですが

b0067694_14510523.jpg




b0067694_22171482.jpg



以前何処かの山で教わった木々を再発見したり珍しい木に出会ったり。

初めてここで立派なユリノキに出会え、花もシッカリ見ることができて嬉しい限りの一幕(^^)
b0067694_14561296.jpg




そして思いがけなくササユリ咲くスポットがあって、これもまた嬉しく有難いサプライズ!
b0067694_21463402.jpg



タイサンボクの花も間近に〜♪
b0067694_14530923.jpg




ムラサキツユクサ、カシワバアジサイと入梅イメーの花も。
左下はスノキの花?右は二度目の出会いですが変わった植物ツチアケビ。

b0067694_22101521.jpg



森の中にアブラギリ?の大木・・・白い花が綺麗でした♪
b0067694_15134864.jpg


小さな湿地で
b0067694_22175597.jpg



b0067694_22304846.jpg


ヌマスギが湿地での根の呼吸作用を助けるための呼吸根ー石仏の様な形あり珍しく興味深い説明。
b0067694_22192745.jpg



心地よい風の中で森の散策を楽しめた植物園、新たな発見でした♪


[PR]

by mikimari6 | 2017-06-04 22:17 | Comments(4)
2017年 06月 01日

6月に♪

少し梅雨めいた空模様の今日6月を迎えました。 はやいーですね!(~_~;)

真夏日もありましたが好天に恵まれた5月はたくさんのバラを楽しんで・・・
記録しかかったまま重苦しいニュースやちょっぴり夏風邪気味でもあって
手が止まっていたバラたちです💦


5月19日暑さの中おしゃべりをかねてお邪魔した友人宅で。
午後の強い日差しの中でしたが一番きれいな時期を楽しませてもらいました♪


つるバラのゴールド・バニー、絞り椿のようなユトリロ、
ヘリテージ、プリンセス・マルガリータ

b0067694_17304991.jpg


アイスバーグ、個性的なブラックティー、前回も注目したエバンターユドール、マチルダ
b0067694_16455608.jpg



摘み取った素敵なバラの花束をプレゼントされて〜♪(*^^*)
数日間良い香りに包まれなんともゴジャースで幸せな気分に💞 
b0067694_17410513.jpg
数年間向き合ってきた病気から解放されたという嬉しいニュースを聞いて一層晴れやかな
バラ観賞になりました〜🌹 




5月24日連日の暑さが少しばかり収まり小雨模様の日、市の浄水センターのバラ園に。
数年前に2、3度訪れていますがボランティアさんがずいぶん丹精されたのが窺える
立派な成長ぶりでした。

バラは蕾と開いた状態では違う印象だったり、よく似ているのに違う花、、、
同じものもあり数えきれない種類の多さの中、名前は省略で目に留めたものを(苦笑)

b0067694_20424499.jpg


b0067694_20433986.jpg




5月28日 締めくくりに(笑)大津館イングリッシュガーデンにも。
近くのスポットなのに今年初めての訪問でした(^▽^;)

b0067694_20464093.jpg


園内のレイアウトが少し変化していて、こちらも来園者増加を目指して年々充実感を増してきている
感じ・・・この日もずいぶん賑わっていて。
b0067694_20501089.jpg



b0067694_20532737.jpg




b0067694_20505343.jpg



スモークツリーの蕊でしょうか?キラキラ日に輝いて。 ジュンベリーの実が可愛い!
カシワバアジサイが咲き始めていてこの後花暦はバラからアジサイへ〜♪
b0067694_20540230.jpg


梅雨入りはいつ頃になるでしょうか?
体感的にはやや苦手ですが大好きな紫陽花がしっとりと雨に映える季節、誕生月でもあり何となく心楽しくもあり・・・幾つになっても(o^-^o) ウフッ です。



[PR]

by mikimari6 | 2017-06-01 21:04 | 花  自然探訪 | Comments(0)