四季おりおり

mikimari6.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山歩き( 10 )


2017年 05月 04日

五色の滝

五月に入りGW真っ最中と思ったらもうuターンラッシュとか!

晴天続きで特に予定が無くてもなんとなくウキウキと軽やかな気分です(o^-^o)
スタート早々の4月30日には伊吹ネイチャーの恒例イベントで
毎年ほぼ同じ時期の五色の滝ウオークに3度目の参加でした。

今年は雪が多く春になっても結構降ったせいで花の開花が遅め、渓流の水量も
去年よりかなり多くなっていました。


スタートの林道歩きはいつものように木々や花の説明を受けながら・・・
樹木の名前、特徴、見分け方など何度も教わっているのにやはり忘れていました(泣)
クロモジの花、清楚で小さめのかすみ桜、ウリハダカエデの花

b0067694_16433815.jpg



スミレがよく咲いて今回シハイスミレをしっかりインプット、ですが仲間が多種あるようで(^▽^;)
斑入りシハイスミレ、タチツボスミレ、白スミレはマルバスミレだったかどうか聞きそびれて(泣)
b0067694_23430975.jpg



キランソウによく似たニシキゴロモ
b0067694_10010953.jpg


去年見た花が見られなかったり気がつかなかったのを見つけたりする楽しさも今回感じました。


滝への山道に入ると緑のグラデーションの山肌、山桜の薄ピンクも映えて本当に美しい瑞々しさ実感!
b0067694_00251430.jpg


だんだん水音が近くになってきてワクワクしながら歩いて・・・到着〜♪
b0067694_00312701.jpg



記念集合写真を撮って沢を渡り滝の下流へ・・・ここは細い山道で勾配もあるので少し慎重に。


ミヤマカタバミが点々と咲いて今年初おめもじ!
b0067694_10091824.jpg



イカリソウは去年よりよく目について(^o^)
b0067694_00411455.jpg


岩魚の塩焼きつき特製弁当で昼食、リーダーの一人がクロモジの葉っぱのお茶を皆に振舞ってくださる。
一年ぶりの爽やかな香り、味わいです(^▽^;)


チャルメルソウ、一番の楽しみだったツルシロガネソウ、二輪だけですが咲いていました!
b0067694_00482406.jpg



往路は水濡れ対策に気を取られて撮り忘れましたがリーダーさんたちにこんな風に脚立の橋をかけてもらい、
一気にパッパと渡ったのですがそれでも少し濡れて(ノ_-;)
b0067694_00514452.jpg



同じ道を戻りますが逆方向からの眺めはまた少し新鮮です♪
b0067694_01051531.jpg



帰りの林道で往路見落としたミツバツチグリ、シュンランを。
b0067694_01174456.jpg




その後車移動でセツブンソウの里と姉川を挟んだ対岸にある諏訪神社へ。

昨年と同じコースですが花の開花状態がやはり違っていてしっかり開花状態のレンプクソウに出会えて❤️
小さくて地味な色合いですが可愛くとても神秘的な形状で惹かれます〜
b0067694_09305355.jpg



樹木の陰ですがイチリンソウもいくつか開いていてよかった♪
b0067694_09375899.jpg



ハナイカダ、カノコソウ、ヤマルリソウも〜
b0067694_09454782.jpg


駐車場から神社までの小道で見られた花々・・・
ハクサンハタザオ、オドリコソウ、アケビ、レンゲ
b0067694_09415503.jpg


ミヤマハコベも一面に咲いて
b0067694_09512159.jpg


晴天に心地よい風、ウオーキングに最適な爽やかさに包まれ満足したGWの一日でした(^o^)



[PR]

by mikimari6 | 2017-05-04 09:57 | 山歩き | Comments(2)
2016年 05月 02日

五色の滝 自然観察会

五月に入った昨日晴天に恵まれ伊吹山麓の五色の滝ハイキングへ。
昨年より10日ほど早くほぼ同じコースを植物観察しながらの楽しい時間でした。

今年は花の開花が全般的に早いと言われるので昨年と同じ出会いになるかと思いましたが
やはり年によって差があるようで予想通りにはいかず(苦笑)


滝口までの林道歩きでウワミズザクラ
b0067694_21465182.jpg


緑のグラデーションの中に山桜がまだ彩を添えて美しい山
b0067694_0252095.jpg


二回目なので樹木の説明にもよく耳を傾けて(^^;)
左上クロモジ、下はシロモジ(もう忘れないはずです)、右上ミツバアケビ、下はカジイチゴ(メイさんより)
b0067694_2334319.jpg


ウラジロ、下はバットに使われるので聞く名前アオダモです。
b0067694_239883.jpg



上ツルキンバイ、キランソウ、ジシバリ、下ヤブレガサ、チゴユリ
b0067694_23145437.jpg



滝入り口の山道に入って・・・昨年もここで新緑の美しさに目を留めました。
b0067694_23183820.jpg



五色の滝に到着~!
b0067694_2320511.jpg


沢を渡って滝の下に降りて昼食予定。
水濡れに備えてスパッツか長靴装備でしたがリーダーの方たちが滑り止めの手すり代わりに
水の中に脚立を立て支えてくださり有り難いことでした。


やや急な下りの山道を気を付けながら歩いて・・・
イカリソウ、コンロンソウ?、下数個だけでしたが今年も見られたツリシロカネソウ、チャルメラソウ
b0067694_23295545.jpg



事前予約だった地元の山菜弁当は結構な内容で、お世話役の方の心づくしのお味噌汁まで頂き
自然の中の贅沢感を味わって(*^^*)
b0067694_23471938.jpg


ややゆっくりし過ぎた感ありで林道の下りはよそ見なく歩いて駐車地点まで戻りました。

セツブンソウで馴染みの大久保集落近くの川の対岸にある小さな神社(諏訪神社?)に立ち寄り
大銀杏の木(写真の右寄り奥)や周辺の花を見たり。
b0067694_23592052.jpg



上左? イチリンソウ、チャルメラソウの花後、下好きなニョイスミレ、ナルコユリ
b0067694_082191.jpg


終わりかけでしたが初めてレンプクソウを見ました♪ 面白い形の小さな花です。
b0067694_11235697.jpg


初めてみる黄色い吊り花は紅葉時しか知らなかったニシキギとの事(メイさんによる)
b0067694_0123792.jpg


久々のレンゲも
b0067694_012244.jpg



その他馴染みの花、見知らぬ花も色々出会うことができて^^;


京阪神、愛知、横浜からの参加者もあって時間が押してきたので護国寺の花めぐりは見送り、
各方面に向けた最寄り駅まで車に分乗して解散となりました。

リーダー、ガイド役の方などのお世話で楽しく充実した観察会で嬉しい一日に!(^^)!
[PR]

by mikimari6 | 2016-05-02 00:19 | 山歩き | Comments(4)
2015年 09月 14日

伊吹山自然観察会

先週末からようやく爽やかな秋晴れの日が続きました。

楽しみにしていたこの秋最初の山歩きは岐阜県側から伊吹山頂の手前の笹又登山道。
2か月ぶりの山歩きで体力等心配しながらも花の種類が多いと聞いていたルートなので期待が
大きく膨らんで(^_-)-☆

関ヶ原集合後車に分乗させてもらい揖斐川町の山深くまで小一時間ほど、渓谷や茶畑など
初めての風景を楽しみながら快適なドライブは思いがけず嬉しいオマケでした(^^♪

植物博士のごとく知識豊富なN氏がガイド役で説明を聞いたり質問したりしながらゆっくりの登山です。

b0067694_20205011.jpg

左カラスノゴマ、ツルボ 右ナベナ、ヤブツルアズキ、ネナシカズラは種子が生薬との説明。
(目にとまらない植物も名前を教わる(~_~;))


b0067694_20245121.jpg

左 久しぶりのクサボタン!、ヤマハッカ、オトコエシにサカハチ蝶、右真っ青な空にハナウド、好きなシデシャジン



秋を彩る木の実も
b0067694_20451081.jpg

上カンボク、アケビ、下まだ開かないツリバナの実も可愛らしい



b0067694_20493316.jpg

上ツルニガクサ、ナギナタコウジュ 下まだ蕾のフッキソウ、ダイコンソウ


b0067694_20524425.jpg

イタヤカエデの巨木・・・すごい風格でした!


可愛く小さな初対面の花たちも幾つか!(^^)!
b0067694_20543497.jpg

上マネキグサ、久しぶりのイブキレイジンソウ、撮りにくい場所に咲くのをサポートしてもらってヒナノウスツボを。
下アキチョウジ(類似のサンインヒキオコシとの違いを教わりました)、タニソバ


サラシナショウマもチラホラ姿を見せて
b0067694_21114697.jpg



ヤブデマリの実が鮮やか!
b0067694_21141262.jpg



私はこれまで名前すら知りませんでしたがこの日一番の目的だったヒナノキンチャク、小さな可愛い花です。
b0067694_211857.jpg


そしてイブキコゴメグサ
b0067694_21201358.jpg


珍しいエンシュウツリフネソウも
b0067694_21421855.jpg


名前と姿がマッチしないフシグロも小さいけれど印象に残る初めての花でした(*^_^*)
b0067694_21575492.jpg


素晴らしい初秋の山の空気をいっぱい吸って!
b0067694_2120537.jpg



すっかり到着予定時間を過ぎてしまってやっと目的地到着です。

b0067694_21245410.jpg

上秋の伊吹山の代表イブキトリカブト、小さくても優雅なダイモンジソウ 下もまたお馴染のテンニンソウなど
昼食後に周囲を観察して。


一輪だけの花やつぼみ、終わりかけの花とたくさん飛んでいた蝶など。
b0067694_22452971.jpg




登りも少しきつかったけれど同じルートの下りは足腰、ひざがガクガクきそうな感じでフーフーでしたが、
無事に歩けて体調不良からも抜け出せたようです(笑)

b0067694_2252943.jpg


b0067694_2254811.jpg

奥の茶色く見える地点まで歩いたとの事、バンザイ~\(~o~)/


[PR]

by mikimari6 | 2015-09-14 22:08 | 山歩き | Comments(10)
2015年 05月 27日

金剛山へ

大阪育ちの身には慣れ親しんだ名前ですが高校生の時の耐寒登山で一度登ったきりの山。
花の山と知って以来機会を願っていましたがチャンス到来で昨日「初登山」が叶いました(*^^)v

高い木立に囲まれた登山道はひんやりとした空気が心地よく、友人が教えてくれたミソサザイのさえずりが
賑やかに行き交って愉しさを一層感じさせます。
b0067694_22375179.jpg


水飲み場にシャレた「おもてなし」
b0067694_2361542.jpg


今は花の端境期ですがひとりしずか、ふたりしずかの大群生が間もなく見られそうな気配です。
b0067694_2371320.jpg



ネットではキンラン、ギンランなど見たという記事があったのでキョロキョロしながら歩きますが・・・(^_^;)
上から下りてきた女性が黄花のちごゆりが咲いていましたよと教えてくれて気分高揚~!
探せないかと諦めかけた時に見つけました! 開花寸前の状態でしたが小さな群れで(*^_^*)
b0067694_23225011.jpg


本日のハイライト達成という感じでチョッピリきつくなってきた登りも気分よくクリアです(苦笑)

途中の小さな花々・・・コツクバネウツギ、クルマバムグラ、クリンソウ、タニキキョウ、先日徳山ダム周辺の
滝辺りで見たのと同じような黄色い花はやはりマンネングサの仲間のようです。
b0067694_23165237.jpg


すっかり終わっていたヤマトグサを見せてあげたいと言っていた友人が消え入る寸前の花でしたが
やっと見つけてくれたのですが、光の乏しい森の中であまりに小さな花は上手く撮り切れず(泣)


頂上手前の分岐で下ることにして歩きやすい遊歩道~沢沿いの素敵な雰囲気の道を辿り下りて
b0067694_2339149.jpg


b0067694_0031100.jpg


b0067694_23392145.jpg



ヤブデマリが木漏れ陽に輝いて見え、イワガラミかツルアジサイ?も姿を見せ始めていました。
b0067694_2359326.jpg


b0067694_23595088.jpg



沢山の花々が咲く山と言う事を実感できて森林浴も満喫~、想像よりは歩きやすい山で何よりでした(^_-)-☆
大阪の友人宅の最寄り駅近くまで行き、車でピックアップしてもらって2時間前後で登山口へ。
チョット遠いので取敢えず今回お試しと言うところでしたが朝もう少し早く出ればゆとりある歩きが出来かと。
それにしても時々この山をひとり歩きすると言う友人にはビックリで、私にはとてもまねできません(^_^;)
[PR]

by mikimari6 | 2015-05-27 00:21 | 山歩き | Comments(4)
2015年 05月 11日

伊吹自然観察会

5/9土曜日小雨がぱらつく朝でしたが楽しみにしていた自然観察会に参加。
幸い雨には遭わず薄曇りの空のお陰で暑さを感じず歩けて何よりでした(^_^;)

米原駅で車に同乗させてもらえ、近江長岡の参加者集合場所経由で奥伊吹の五色の滝へ向かいます。
行ってみたかった滝とその辺りに咲くツルシロカネソウを見るのが大きな楽しみでした。

滝への登山道にかかる橋が壊れていたという事で林道沿いの樹木の名前やその謂れ、特徴など等を
ガイド役を務めて下さる方の説明を聞きながらゆっくり歩きます。

白い花をつけた木が多く同じように見えるのですが葉の形状が違ってナルホドと(^_^;)
逆に葉の形状がよく似て見分けが難しかったり・・・私には大変でした。

上シロモジ、ツリバナ 下ミツバアケビ、コアジサイ
b0067694_14404558.jpg



蕾と開花状態のサワフタギ
b0067694_2216961.jpg


こちらはガマズミ?別の場所で見るともうサワフタギと区別がつかず(泣)
b0067694_1444532.jpg


クサイチゴの花の蜜を求めて珍しいサカハチチョウが飛んできました。 
b0067694_1448327.jpg



タニウツギ
b0067694_14573557.jpg


ツクバネウツギ
b0067694_14571360.jpg



山道へ入ると深緑のグラデーションに染まってしまいそうな様な眺めが続きます。
b0067694_1525963.jpg


b0067694_1532298.jpg



五色の滝に到着!マイナスイオンたっぷり!(^^)!
b0067694_1581726.jpg



この辺りは山から切り出した石を臼などに加工する石切り場の遺跡とのことで失敗作がゴロゴロと。
b0067694_15144493.jpg


続きがあります
[PR]

by mikimari6 | 2015-05-11 15:37 | 山歩き | Comments(4)
2015年 04月 07日

文殊山(福井県)

桜の見頃ですが雨予報が続きます((+_+)) 
急かされるように晴れ間の土曜日に身近な桜スポットをお花見散策し何だかホッとして(苦笑)

昨日5日は当初雷雨も・・・の予報に躊躇った挙句,行ってみなくてはと申し込んでいた福井県の文殊山
(365m)へカタクリ群生地を訪ねる山歩きに参加しました。

朝8時JR安曇川駅集合、主催者のご夫婦運転の車に分乗し参加者7名ですぐに出発です。
道中の車窓からあちらこちらで小雨に煙る見頃の桜を愛でながらドライブ旅行の趣き~♪

登山入口の楞厳寺(りょうごんじ)にてまず手を合わせ…いざ!
b0067694_10111055.jpg


奥の院まで登り分岐点まで戻って南井登山口に下るコースです。
b0067694_2373952.jpg


すぐにミツバアケビ、そして雨の水滴をまとったクロモジの花を(*^_^*)
b0067694_2302844.jpg


ウリハダカエデの花
b0067694_2316233.jpg



足元ではネコノメソウ、違った種のスミレが幾つか咲いていて・・・
不思議な姿の右下は名前忘れてまた後日に(^^ゞ
b0067694_23143611.jpg



木々の若葉がふきはじめて清々しい森の雰囲気です♪
b0067694_23195229.jpg


林の向こうは富山方面?残雪の山が連なっています。
b0067694_23202086.jpg


b0067694_23203612.jpg



白花イカリソウの群生が目につき始めて~!
b0067694_2327276.jpg



小文殊地点ではタムシバのつぼみが膨らみ始めています(*^_^*)
b0067694_23295845.jpg



そして展望台到着~! 周辺のカタクリの群生地に目を奪われます!(^^)!
陽射しが無いので花はおじぎ状態ですが何と見事な広がりでしょうか!
b0067694_23354050.jpg


b0067694_23383382.jpg


b0067694_23393050.jpg



道は酷いぬかるみでカメラを向ける足元が危うくて落ち着きませんが、花を見つけては声がかかるので
冷や冷やしながらパチパチ(苦笑)
暫く使ってなかったコンデジですが何となく違和感があり??チョット不安になりながら(泣)


出会えて嬉しいヤマエンゴサク、念願叶ったヤマルリソウ、蕾ですが白いカタクリ、
左はきりっと個性的なエンレイソウ、ワサビの花も!(^_-)-☆
b0067694_2346291.jpg



上り下りに小さな花芽をつけているナルコユリの群生地、成長中のササユリもチラチラと目に止まり、
ひと月もすればまた別の感動の風景がと想像されて・・・花の宝庫の様な山です。


靴もスパッツもドロドロ、足腰は普段の何倍も疲れましたが満足でした(*^^)v

参加者の男性の一人はポイントごとに何やら記録をつけながら歩かれて、成程と感心しながらも
こちらは花に目が行くばかりで(~_~;)
歴史、故事にまつわる社や岩石など写真は撮ったものの資料を読み切れず載せるに至りませんでした(^_^;)


下山後福井市内を通過して足羽山公園の観桜予定でしたがパーキング満車で止められず、車窓から
素晴らしい桜を垣間見たので余計に心残りで残念至極でした。
往復の道中で何箇所も見事な桜並木を愉しめたことは予定外の「お花見」にもなって全員満足感に
満たされた次第(^o^)


(不安適中で帰宅後チェックすると小さな花は全滅!(--〆)
以前試しに触った設定をそのままにしていたコンデジでした(泣))
[PR]

by mikimari6 | 2015-04-07 00:19 | 山歩き | Comments(6)
2014年 06月 01日

百里ガ岳

急に夏到来という暑さに見舞われる中6月に入りました。
長い夏になるかと思うとちょっぴりユーウツではありますが、昨日5月最終日は湖西高島トレイルの
百里ガ岳にトライして瑞々しいブナの林に癒されてきました。

JR安曇川駅から朽木方面に向かい登山口まで約一時間のドライブ途中、辺りの養蜂家の話が
出ていたところにハチがぶんぶん舞う養蜂箱が。
b0067694_21444599.jpg


9時前登山口に入ると久しぶりに見るギンリョウソウ、初めてのハナヒリがあちらこちらに・・・
b0067694_21452618.jpg


そしてこの山道もまたオオイワカガミの群生地を示して花後の輝くような葉っぱがここかしこに
広がっています。
b0067694_21513959.jpg


緩やかで優しさを感じる山道が嬉しくブナの林の瑞々しさにこころ癒される。
b0067694_21545786.jpg


途中からナナカマドの花が続くようになり、鳥の声も愉しく幾重にも重なる山々も美しい!
b0067694_2224079.jpg


シチクレ峠を経て百里新道辺りで小さなタニギキョウが点々と足元に広がる。
b0067694_2331098.jpg



地表の花は端境期ともみえ寂しい気もしたが、何ヵ所かの少し厳しい登りを経て山頂到着~(^O^)
b0067694_2264682.jpg


昼食休憩で辺りの幾つかの木々の花が目に留まって、自然観察員の資格も持つ主催者から
色々特性など交えて説明を受ける。
 
春から初夏にかけての木々は白い花が多くて区別が難しい(^_^;)
b0067694_2222019.jpg

左回りでホオの花、ウリハダカエデ、サワフタギ、カマツカ、中央ヤマボウシ

オオカメノ木との違いが曖昧だったヤブデマリも今回はしっかりインプット?
b0067694_22265130.jpg


深緑を彩るタニウツギもあちらこちらで見頃です。
b0067694_22291776.jpg



下りは百里新道で道を換え白石山~根来坂~焼尾地蔵、そして旧鯖街道を歩きます。
途中にもきれいなお顔のお地蔵さんがありました。
b0067694_23171942.jpg


上りに反して下りが結構堪えて膝や足首がガクンガクン(泣)

「がんばれ~!」と?(^_-)-☆
b0067694_2318690.jpg



視界が広がり福井県境の山々から滋賀の比良連峰まで見渡しつつ・・・
b0067694_23184967.jpg


一旦車道に出た後再び山道に入るとコアジサイ群が続きました(^^♪
僅かでも開きかけていないかと目を凝らして歩きましたが残念~!!(+_+)
b0067694_23402790.jpg


b0067694_23423378.jpg


焼尾地蔵に・・・みな少し疲れ気味だったか「よお歩いたなぁ~」と言い合うメンバー(苦笑)
b0067694_23462699.jpg


もうひと頑張りというところでふと目に入った小さな花!こんなところでアカモノとの出会い~♪
b0067694_23544681.jpg



また山道に入ってミズナラだったか心が洗われるような深緑です。
b0067694_024672.jpg


そしてひっそりとオオイワカガミも待っていてくれて(^_-)-☆
b0067694_23565190.jpg



完全に山を下りてここで本日の山歩きは終了~!
b0067694_031895.jpg


と思ったのに実は駐車場までは後30分近く歩いたのでした(>_<)


主催者のご夫婦に参加者7名と前回参加よりは少人数、ややご高齢の男性がいることもあって
ゆっくりペースの山歩き、写真も撮れ説明もよく聞けて私には何よりの一日でした(^_-)-☆
[PR]

by mikimari6 | 2014-06-01 00:09 | 山歩き | Comments(6)
2013年 08月 07日

大雪山・・・旭岳

7月31日最終日は広大な大雪山国立公園の中にあって最高峰の旭岳自然探勝路を歩きます。

b0067694_23164668.jpg

ロープウエイ駅手前でワスレナグサ、オニシモツケ、ウバユリ



3年前に初めて北海道の花探訪山歩きを経験したのがここで、雨の中高山植物との出会いに
興奮した事を思い出しながらのウオーキングでした。


あの時と同じエゾコザクラ、チングルマです。
b0067694_23223255.jpg


曇り空の下ですがチングルマやエゾツガザクラなどが一面に広がる素晴らしい花畑~♪
b0067694_2293953.jpg


少しアップで
b0067694_2325387.jpg



夫婦池へ向かう散策路辺りのチングルマの変化の様子
b0067694_22284838.jpg



b0067694_22494038.jpg

エゾツガザクラ、(コエゾツガザクラに比べてやや細長い)、ミヤマキンバイ、ミヤマリンドウ


b0067694_22583611.jpg

エゾオヤマリンドウ、コガネギクも


b0067694_23343280.jpg

ようやく区別がつきそうなシラタマノキ、珍しいホソバノキソチドリも咲いて。


b0067694_23364728.jpg

見事なエゾイソツツジの群落です。


盛んに呼び合っているかのような鳥の声に目を凝らすと・・・ノゴマと云う野鳥
b0067694_23381396.jpg



左擂り鉢池、右鏡池を見下ろす
b0067694_2355430.jpg



姿見の池畔で雪渓をバックにイワブクロの群生,3年前初めての出会いは興奮でした(^^ゞ
b0067694_001882.jpg



雲が晴れて噴煙を従えた旭岳の勇姿
b0067694_041371.jpg



時折小雨に見舞われながらも沢山の花々の群生をたっぷり楽しんで・・・

素晴らしい自然に触れて是非また訪れたい大雪山の花探訪でしたが、
充実した3日間はあっという間に過ぎて31日旭川空港から夕方遅くの便で関西へ戻って。


ご覧頂いた皆さま、お付き合い有り難うございました(*^_^*)
[PR]

by mikimari6 | 2013-08-07 00:11 | 山歩き | Comments(4)
2013年 08月 04日

大雪山・・・赤岳

翌30日は赤岳のコマクサ平辺りまでの山歩き。
3年前の北海道オフ会でお世話になったベテランガイドの池永さんの案内で全員でのトライです。

そんなに高低差のある道ではないように聞いていましたが・・・どうしてどうしてエキサイティングな経験!(~_~;)

ガスがかかる中の雪渓を見て「え!こんな山?」と(@_@;)
b0067694_2116583.jpg



b0067694_20464550.jpg

左今回しっかり覚えた?クロウスゴ、エゾコザクラ、右メイさんがやっと出会えたと大喜びのリンネソウ、
アオノツガザクラ


小一時間歩いてひと休みした後は雪解けか雨水で登山道がドロドロ状態の中を進みます。
b0067694_2118110.jpg


そして次は雪渓の中を・・・滑らないように緊張しつつ
b0067694_21235759.jpg



広がる雪渓を背景にキバナシャクナゲ、初めてのお目もじ(*^_^*)
b0067694_21271876.jpg



チングルマやコエゾツガザクラも・・・高山に居る実感!
b0067694_2135589.jpg



チングルマの群生に出会い緊張も解けます。
b0067694_21395739.jpg



出会った花々
b0067694_21402443.jpg

左シラネニンジン?、チングルマ、ミヤマリンドウ、右ヨツバシオガマ、ミネズオウ


目的のコマクサ平に到着~!(*^^)v
b0067694_22185171.jpg



この辺りはまた高山ならではの植物がいっぱいです!
b0067694_1712920.jpg

上左からキバナシャクナゲ、シラタマノキ、コケモモの実、ハイマツ、ガンコウラン、コエゾツガザクラとアオノツガザクラ


辺りを散策後お昼を済ませて下山途中で
b0067694_22224420.jpg

ヒメクワガタ、ミヤマキンバイ、ゴゼンタチバナ


枝ぶりがユニークなダケカンバ
b0067694_22311475.jpg



下りもまた厳しく(~_~;)
b0067694_22314833.jpg



チョットばかし大変な行程でしたが全員無事で下山でき何よりでした(^O^)
[PR]

by mikimari6 | 2013-08-04 22:35 | 山歩き | Comments(6)
2013年 08月 03日

大雪山・・・黒岳

7月28日関空を発ち翌29日~31日まで念願の大雪山花探訪山歩きを愉しみました。
関西からネット友夢さん、もみじさんと私の3名、東京からメイさんの4名が北海道の花さんのお世話になり
エキサイティングな3日間!

生憎の雨予報でしたが曇り空に小雨程度、時に晴れ間も出てラッキーと云うべきか(苦笑)
何より想像以上にたくさんの花々に出会え、予想外の体験も無事にこなして充実感に浸れたのは
幸せな事でした♪

29日は黒岳登山。
と言っても五合目までロープウエイ、続いて七合目までペアリフト利用です(~_~;)
夢さんはこの辺りの展望台や散策路を楽しみ私達とと別行動になりました。

b0067694_19335348.jpg



予想外にこう配のある山道で途中大小の石がゴロゴロする「難所」もあり。
b0067694_1927409.jpg



すぐに足元の花々が目に留まりますが花の名前はメイさんに頼りながらで(*_*;
b0067694_19355416.jpg

上段ミツバオウレン、ウメバチソウ  下段コガネイチゴ、不確かですがノウゴウイチゴ、
開花はじめのハクサンボウフウ?(メイさんに確認したところカノコソウでは?と教わりました8/31)


空が明るくなりリフト道が眼下に。
b0067694_1946433.jpg


盛りのウコンウツギ、ダケカンバの姿が随所で目に留まります。
b0067694_19475584.jpg



急な山道も次々と花に出会えるので疲れ知らず・・・(笑)
b0067694_19494890.jpg

左カラマツソウ、チシマフウロ、キバナノコマノツメでしょうか?(メイさんによりジンヨウスミレと)
右タケシマラン、ハクサンチドリ


b0067694_20424846.jpg

上段エゾノレイジンソウ、?、アラシグサ、下段ミヤマアキノキリンソウ、ミヤマキンバイ


b0067694_2015248.jpg

左ミヤマハタザオ?、コバノイチヤクソウ、右ナガバキタアザミ、エゾヒメクワガタ、エゾウメバチソウ
(8/31訂正)


薄靄に広がるチシマノキンバイソウ群生
b0067694_20124635.jpg



地味ですが好みの雰囲気・・・ミヤマシシウド?にチシマアザミ
b0067694_20235719.jpg



ダイセツトリカブトは色が鮮やかで美しくこれまでと少し違った印象
b0067694_20324912.jpg



出会った順序が前後していますが
b0067694_20482963.jpg

左チシマヒョウタンボク、ダイセツトリカブト、ウコンウツギ、右はカールの花びらが面白いミヤマホツツジ


九合目のまねき岩が見えて頂上はもうすぐ・・・
b0067694_20281695.jpg


山頂に!
[PR]

by mikimari6 | 2013-08-03 20:50 | 山歩き | Comments(8)