四季おりおり

mikimari6.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:花  自然探訪( 93 )


2016年 04月 06日

花めぐり♪

桜満開時期に曇りや雨模様の日が続きましたが今日は久々に青空が広がり絶好のお花見日和でした。

2日土曜日、用があって出かけた蹴上、南禅寺周辺は桜を求める人の波で大混雑!
少し歩いただけでどっと疲れを感じるほどでしたが満開の桜はさすがに美しくて見事なもの(^^;
b0067694_2295630.jpg


b0067694_21561894.jpg


野村美術館裏の枝垂れ桜は5分.6分というところでしたがいつも通りはんなりと(*^_^*)
b0067694_22163983.jpg


b0067694_22133990.jpg



実は3月28日カナダのケベックから知人のvarelieが家族と共に3度目の来日。
ひと月近い京都滞在中に5歳のレオ君に日本語レッスンをさせたくて、交流会館での
先生探しのサポートと子供向けプログラムの案内を兼ねての6年ぶりの嬉しい再会でした♪
b0067694_22263364.jpg




翌3日湖西の今津地区のエドヒガンと春の野草をたずねるウオークイベントに参加。
天候は悪くやや体調不安もありましたがほとんど平地なので無理なく歩け、楽しい発見ありで
行って良かったという結果に(^^;

桜はソメイヨシノが一番と思っていたふしがありますがボランティアの方からエドヒガンの知識を得、
花の可愛らしさに触れてすっかりファンになりました。
b0067694_22393112.jpg


先日のびわ湖側とはまた違うのどかな田園風景…湖西の山歩きで馴染みになっています(^_-)-☆
あぜ道の白タンポポ、常夜灯越しに遠く正面に第1番目の弓削神社の桜が見えて。
b0067694_2239439.jpg


タムシバ、シデコブシのデュエットの雰囲気(^^♪
b0067694_233866.jpg


こちらはコブシ、花のガク片の後ろに小さな葉っぱがついていることでタムシバと区別…
やっと覚えた様な?
b0067694_2371529.jpg


エドヒガンは寿命が長く日本で樹齢の長い桜12位までを占めているそうです。
小ぶりの可憐さ、色も素敵です。
b0067694_23113123.jpg


梅原地区の姉妹桜
b0067694_23151931.jpg


鴫野の桜
b0067694_23162594.jpg



山裾の小道、集落を通り抜けて何度も通り過ぎるだけだった酒波寺(さなみじ)で昼食休憩です。
門前を流れる川の向こう斜面にイチリンソウ群生~!(^^)!
b0067694_2330316.jpg


b0067694_23504044.jpg



この寺は行基の創建といわれることから行基桜と名付けられる大木を本堂裏の階段上から。
b0067694_1102142.jpg


そのあたりで咲いていた今年一番目のイカリソウ、スミレ、ノミノフスマ、ムラサキケマン
b0067694_015571.jpg



昼食後は琵琶湖方面に向かって点在する美しい桜を見に行きます。

続き…
[PR]

by mikimari6 | 2016-04-06 00:17 | 花  自然探訪 | Comments(2)
2016年 03月 18日

篠山にてスプリングエフェメラルを♪

昨日の彼岸の入りはまさに春そのものの陽気となり最高の花探訪日和の中、
山友達と青春18きっぷでミニ旅行気分を感じながら丹波篠山の花の里へ。

電車を乗り継いで福知山線柏原(かいばら)駅でバスを待つまで30分足らずの間に駆け足で周辺を(苦笑)
樹齢千年といわれる欅の巨大な根が橋をまたいでいることから名がついた木の根橋まで。
b0067694_0522148.jpg

右下の岩に見えるのが根なのですが橋の向こうに回らなければいわれを実感できず(泣)
バスの時刻表はこんな状況なので乗り遅れは出来ず余裕なくて見ただけでした(^^;


バスを降りたところの川沿いに蕾の色濃い桜の並木…帰りバス待ち時間に近寄ってみると
なんとも可愛い花がちらほらほころんでいてラッキーでした!
b0067694_2332928.jpg

後で日本でほぼここだけというオカメザクラと聞きこれは収穫~と!(^^)!


三年前は曇り空のせいで花々のつぼみがしっかり閉じられて残念でしたが今回は期待が膨らみます。

歩き出して10分足らずで記憶にある風景が広がって、山の斜面裾の空き地に入っていくと
早速ヒロバノアマナ、カテンソウ、ヤマネコノメソウなど…続いてエゾエンゴサクも!
b0067694_23435997.jpg



斜面を少し上がると足元にセリバオウレンを見つけて喜んだ後すぐに雑木林の斜面に大群生を発見!!
b0067694_23503230.jpg

昔は雑草のごとく見られていたかも?とだんだん興奮気味になる二人でした(苦笑)


山林は個人所有のものながら村の人々が大切に保護に努められているお陰で自然のままの雰囲気を
楽みながら観賞できて本当に有り難い限りです。

前回は約一週間ほど遅い時期でしたが2、3見つけられたセツブンソウ、今回も目を凝らして
幾つか探すことができました。
b0067694_032593.jpg



アズマイチゲ、思いがけずすぐそばにはキクザキイチゲも咲いていて数年ぶりの対面~(^^♪
b0067694_010975.jpg

b0067694_0103092.jpg



そして目的のメインだった追手神社のユキワリイチゲを・・・前回のリベンジ叶いました!!
b0067694_0134355.jpg

b0067694_0141466.jpg

b0067694_0162311.jpg

離れがたくて何度も眺めてはカメラを向けて・・・チョッピリ神秘性を感じる素敵な花です。
心無い人の盗掘の影響のようで前回よりかなり花が少ない気がして残念でしたが。


キバナノアマナも同じ状況との事でしたがポツポツと可憐な姿が見られて嬉しいこと(^^♪
b0067694_0244038.jpg



鮮やかに満開のヤブツバキ
[IMAGE|b0067694_026695.jpg|201603/19/94/|mid|400|600#]
落ち椿と・・・これはミスマッチでしたが(苦笑)
b0067694_036794.jpg



帰りのバスまで十分時間があり里の風景を見ながら別の神社も訪ねてみたり。
のどかな風景
b0067694_7193241.jpg


見事な姿の梅の古木、大切にされてきたのがうかがえる樹形です。
b0067694_7213057.jpg


通りすがりに出会う里の人の挨拶の心地よさに加え史跡も多い土地、再訪時に興味を残すところです(^_-)-☆


体調や何やかやでしばらく「冬ごもり」的な時間が続いていましたがようやく春が来たぁ~♪
という気分に浸るよき一日でした(^^♪
[PR]

by mikimari6 | 2016-03-18 00:57 | 花  自然探訪 | Comments(9)
2015年 06月 20日

アジサイ

午前中は梅雨の晴れ間になりそうな予報だったので雨上がりにピッタリ~!と
車で30分ほどの守山市芦刈園のアジサイを見に行きました。
一度…と思いながらタイミングが合わずやっとちょうど見ごろの時期に訪れて!(^^)!


b0067694_22351345.jpg


きれいなブルーは「ミスヘップパーン」(^_-)-☆
b0067694_22353979.jpg



多くの種類に名札も付けられていましたがともかくは花々のみで(^^ゞ
b0067694_22373190.jpg


b0067694_22374416.jpg



b0067694_22415845.jpg



b0067694_22432599.jpg



子供バッタが花びらの上で遊んで?
b0067694_22465320.jpg




50種5000株が栽培されているとの事で色とりどり、初めて見る品種の花が幾つもあって
他にもたくさん撮りましたが・・・
何年振りかでまとまった数のアジサイをゆっくり楽しめて癒された気分に~(^-^)
[PR]

by mikimari6 | 2015-06-20 22:53 | 花  自然探訪 | Comments(8)
2015年 06月 13日

ササユリをたずねて

忍者の里で知られる甲賀町の片隅に「梅垣城」(めいがきじょう)と言う城跡があり住人の保護管理で
ササユリが咲いていると知りました。
梅雨の晴れ間になりそうな昨日、未知の道路にチョッピリ緊張しつつ2時間近いドライブで探訪実現です!

ナビ登録地点に着いたものの水田と農道周辺に点在する民家だけで標識も何もなく((+_+))
通行人か車が通るのを待つべきかと暫く思案して少し移動したところで立ち話中の年配男女の姿を発見!!
男性が方向を指さして「口で説明しにくいし、分かるかな?」と話されるところにその女性がバイクを押して
近づいてこられ、「分かりにくいところだし自分もついでに見るから後をついておいで」と親切に~!(^^)!

とっても小さな丘の細い坂道を上がった斜面の高いところに早速二、三の花が見えてワクワク♪
b0067694_14421311.jpg


民家が2,3軒あり、その庭先の様な所から奥の土手へと案内されて上がると残り花のササユリ幾つかと
在処を示す支柱が2,30本(以上はあったかも)立ち並んでいました(*_*)
思わず「え!これ!ここだけ!?」と言いそうになって(泣)
b0067694_14363681.jpg


サルなどに実が食べられてしまう食害と管理する住民の高齢化などでどんどん花が少なくなっているらしいけれど、
ネットで見たのとは少し違う環境にも思えてひとりでゆっくり辺りを探訪しようと思ったのでした。
陽射しが強くなって美しい木々の青葉を。
b0067694_14565053.jpg


お礼を言いながらその旨伝えてお別れしようとしたものの「大津から折角来てくれたのに」と、
他に咲いてそうな場所を妹さんに電話で尋ねたり近くの民家のインターフォンを押したりされてして(__)

止めるのも気にされずにもう一軒と坂道を少し下ったお宅に声をかけられるとここは女性が出てこられ、
知り合いらしく上り口に座布団を出されお茶を出され・・・、次いで土地の状況に通じているというおばあさんも
登場と言う次第。
申し訳なくて身が縮まる様でしたがそのお陰で一番初めに花を見た斜面のその奥の土手やくぼ地には多分
自生の花が咲いているはずと分かり何とも有り難いこと!
そこは民家の庭の様でしたので立ち入らなかったのですが、チョット断りの声をかけるのでとその女性が
一緒についてきてくださり・・・


斜面の高いところや奥の立ち木の根元などに数は少ないもののポツンポツンとササユリにふさわしい
雰囲気で咲いていました(*^^)v

b0067694_1535084.jpg


b0067694_15352483.jpg


b0067694_1536246.jpg



お礼を言って二人と別れひとり周辺を散策

ポツンと小さな野原が広がって
b0067694_15553773.jpg


b0067694_16324415.jpg


その向こうの雑木林の中にもササユリが~♪
b0067694_1558047.jpg



坂道を下りて農道に出たところのすぐ脇におばあさんが教えてくれた小さな立札がありました。
b0067694_1634792.jpg

城跡はあの青葉の木々が伸びていた小さな空間らしいですが石垣の片りんもなかったのですけれど・・・


水田の傍で
b0067694_1665127.jpg


b0067694_167873.jpg


b0067694_1674450.jpg



バイクの女性は81歳だそうでぬかるんだ斜面では足元が危なっかしい感じではありましたが
俳句が趣味で生き生きとして話好きで世話好きの様子(^_-)-☆
「あんたさんは?」 「大津から!? へ~、それを見にわざわざ来はったんか?」とビックリされた
おばあさんと、ほぼ同世代の様な女性は優しく気立ての良さそうな多分お嫁さん。
この出会いがなければ到底ササユリには出会えずスゴスゴと帰っていたはず( ; ; )


思いもしない温かい親切を受けて帰路の道のりはほのぼのと満ち足りた気分に浸って・・・、
ササユリの出会いと共に思い出深い一日になりました。 感謝!
[PR]

by mikimari6 | 2015-06-13 16:25 | 花  自然探訪 | Comments(8)
2015年 06月 05日

かきつばた、ハナショウブ・・・

梅雨入り直後の晴れ間に恵まれて昨日今津ビラテスト平湖のカキツバタ撮影に誘われました。
去年は遅めででしたが今七分咲きぐらいとの事で期待しつつ~♪

着く頃には雲が広がって陽射しは目まぐるしく見え隠れ、風はかなり強くとイマイチのコンディション(泣)
色は去年よりフレッシュ感があってきれい~!と思ったのでしたがPCに撮りこんだところ結果は散々!
ニューカメラ、?マークばかりです(*_*)

陽射しを待ちながら・・・
b0067694_911939.jpg


b0067694_9121195.jpg


b0067694_9145478.jpg


彩りを添えるサワオグルマも終わり始め・・・
b0067694_9211353.jpg


ほとりのミズキは満開~♪
b0067694_918473.jpg



山道や展望所への道路斜面ではコアジサイが咲き始めていて嬉しいことでした(*^^)v
b0067694_9294275.jpg




時間が早いので新旭の花菖蒲園にも立ち寄り、終わりかけのルピナスも少し愉しんで。
入口付近の小道で
b0067694_9255374.jpg


花菖蒲はこれからどんどん咲き始めるようです。
b0067694_9265944.jpg


b0067694_9273561.jpg


b0067694_9274745.jpg



花の咲く時期に合わせて出かけるのは本当に難しいこと(~_~;)
それだけに上手く出会えた時の嬉しさは格別なのでしょうが(苦笑)
[PR]

by mikimari6 | 2015-06-05 09:35 | 花  自然探訪 | Comments(4)
2015年 05月 20日

バラ最盛期に

一昨日かなりの雨、風でしたので最盛期のはずのイングリッシュガーデンのバラはどうかしら?と思い
昨日朝のうちにちょっと見に行ってみました。

雨に打たれてショボッとした花もありましたがやはりピーク時の華やかさに溢れてこの前来た時とは
一変した雰囲気でした(*^_^*)

サラバンド
b0067694_234367.jpg


アイスバーグ
b0067694_23432390.jpg



去年からすぐ横の桟橋に遊覧船ミシガンなどが寄港するようになったのに合わせてか、
関西では有名なバラの育苗会社が入って花のアレンジの仕方や品種も変化しているのが分かって
愉しい発見がありました(^_-)-☆

雅な和名がついた品種のコーナー
上左から時計まわりであおい、かおりかざり、ゆうぜん、いおり、せん
b0067694_23564027.jpg


少し離れたところで「しのぶれど」なんて素敵な色のバラも
b0067694_0044100.jpg



こちらは芸術家というかアーティストのコーナー
左上モーリス・ユトリロ、下チャイコフスキー、右上からマルク・シャガール、ニコロ・パガニーニ、アンリ・マチス
b0067694_014657.jpg

他はともかくユトリロだけはイメージがあわなくてうーん?(苦笑)

こちらはクロード・モネ
b0067694_0381132.jpg

他にマッカートニーローズ、ヘンリー・フォンダとかもあって中々愉しい試みでした♪


多分新しく植えられた品種でしょうか目に留まったバラたち幾つか・・・
b0067694_013579.jpg




これまでは「おさげ髪の少女」だったチャペルの壁も趣きが?(~_~;)
b0067694_0152826.jpg



レースフラワーも満開で~
b0067694_0205691.jpg



来年が楽しみだわ~なんて思いながらの今年ハイシーズンのガーデンでした(*^^)v
[PR]

by mikimari6 | 2015-05-20 23:20 | 花  自然探訪 | Comments(2)
2015年 04月 26日

サンインシロガネソウに~♪

25日土曜日書のお稽古の帰途、カタクリ探訪に同行させてもらった友人から電話が入り、
前日湖西の箱館山ふもとにサイインシロガネソウの開花を見てきたので急だけど都合が良いなら午後から行く? !(^^)!
前日も一日出かけて後ろめたいところでしたが呆れられながらもいそいそと・・・(苦笑)
最寄駅でもうひとり誘いを受けていた知人と一緒に待ち合わせの駅まで・・・迎えてくれた彼女の車で一路目的地へ。

山道に入る辺りで10名足らずのグループがしゃがみ込んでカメラを向けているのを見て「なんだろ!」と停車。
尋ねてみたら小さな花々の中になんとお目当てのサンインシロガネソウがそこにも!(*^^)v 友人もビックリして。
b0067694_21313572.jpg


タネツケバナと教えて下さったのですが普段見るのとは少し違って。
小さなハコベの仲間?ツーショット♪
b0067694_21404497.jpg


そしてキュウリ草も道端で見るのとは趣きが違います。
b0067694_21374710.jpg


タニキキョウも群生して。
b0067694_214418100.jpg



早くも足が止まりましたがともかく目的地点へと急ぐことに。


昨年カキツバタ撮影に来た時に重宝していたコンデジを落としたか盗られちゃったかした平池付近で。
b0067694_21544738.jpg

ピンク色も咲いていて・・・


そして彼女がそっと草で隠してくれていたサンインシロガネソウに対面~!下で見たのより少しふっくらして♪
b0067694_21591042.jpg

b0067694_21584788.jpg



穏やかな美しい佇まいのその名も処女湖(^_-)-☆  山々にはまだうっすらと桜も見えて。
b0067694_2262819.jpg



一週間前の日曜日この山を歩いていたばかりの彼女が他にも花の咲く場所に案内してくれて。
b0067694_22144733.jpg

バイカオウレン、白ショウジョウバカマ、オオカメノ木の花も咲きだして。イワウチワ、木々の間にイワナシも。


竹生島浮かぶ穏やかなびわ湖を見下ろして。 中央遠くにうっすら伊吹山も見えます。
b0067694_22194418.jpg



下りながら往きでチェックしていたイワカガミの群生を見た後、グループに出会った場所を通過する時
白い花発見でまた停車(~_~;)
ホウチャクソウの群生、反対側の道沿いにイチリンソウも咲いていました~(^-^)
b0067694_2228232.jpg


b0067694_22305742.jpg

多分ニョイスミレ・・・好きなスミレです。


思いがけなく深緑まばゆい山を眺め、初対面の花や大分馴染見になってきた(苦笑)花々にも出会えて
至福の時間を過ごすことが出来ました。
同じ花好き、カメラ仲間だから・・・と申し訳ないほどの好意に感謝イッパイ!
[PR]

by mikimari6 | 2015-04-26 22:42 | 花  自然探訪 | Comments(12)
2015年 04月 15日

矢ばなの里

12日の日曜日、思いがけない成り行きで友人ご夫婦と再び福井県のカタクリ群生地を訪ねることが出来ました。
十年以上も前から何となく城下町の佇まいが素敵そうで憧れていた大野市、その近郊にある矢ばなの里は
この数年はツアーのプランも度々目にするようになったこの時期の観光スポットです。

休憩もなしで運転して下さり約三時間ほど、11時前に到着したのどかな里山・・・
最終日とはいえカタクリまつり開催中でしたが落ち着いた雰囲気でホッとして~(苦笑)

何より一番に広い田んぼ180度残雪の山々に囲まれた風景に目を見張って思わず歓声を(^O^)

コンデジのパノラマではイマイチで残念!!(泣)
左の山は荒島岳(1523.5m)、右の高く見える山は飯降山(いぶりやま 884.3m)
b0067694_1794424.jpg


b0067694_17141632.jpg

先週文殊山から見た残雪の山を富山方面?と書きましたが地図を見ると福井県内の山だったかも。


カタクリは種から花が咲くまで8年の年月がかかるそうですがここはその自然のままに生息しなんと
3ha、100万本だそうです!!

小高い山の斜面に紅紫色のカタクリがいっぱいに広がってまた歓声を~(笑)
b0067694_19554115.jpg


b0067694_1956756.jpg


木々の新芽とのコラボレーションも素晴らしかった!
b0067694_1957152.jpg


b0067694_20112157.jpg


b0067694_19563865.jpg



日当たりのよい斜面では色あせた花が目立ち一週間前ぐらいが一番の見頃だったかも知れませんが、
それでも十二分に満足感に浸れた咲きっぷりでした(*^^)v

散策路の途中の展望台から荒島岳に向き合う。 登山は到底無理です(~_~;)
b0067694_20121239.jpg



カタクリに寄り添うように群生していたヤマエンゴサク、ナガバノモミジバイチゴ?
色濃く生き生きとした野生のシュンラン、赤、白のイカリソウにも。
b0067694_20233366.jpg


ここでもヤマルリソウと対面できて!(^^)!
b0067694_2021929.jpg



時間をかけてぐるりと散策路を巡りスタート地点まで下りてきましたが、キリがないほど見上げては
何度もまたカメラを向けて離れ難く・・・(苦笑)


出来ればもう一か所寄ってみたいところがあり、休憩所の手打ちそばで遅い昼食を済ませ
2時前に里を後にしました。


続きます

足羽山(あすわやま)公園へ
[PR]

by mikimari6 | 2015-04-15 20:39 | 花  自然探訪 | Comments(2)
2015年 03月 31日

マンションの友人二人と近くの京料理割烹店へランチ会でした。
それぞれ忙しくやっと日が合った折角の機会、通り道の坂本辺りの桜の様子を見に立ち寄りました。

所々に華やかなピンクの空間が見えましたが並木のほとんどはまだポツポツ開き始めたところです。
b0067694_16582793.jpg


b0067694_17165036.jpg



里坊のひとつ律院門前、庭で。
b0067694_1775515.jpg


少し裏道に入ったところで土塀に見頃の枝垂れ桜が美しく目に入って・・・
b0067694_17105172.jpg


b0067694_1711821.jpg


それだけでお花見気分を愉しめて満足に(*^^)v

明日から雨模様の天気予報ですが桜にとって慈雨でありますように~(~_~;)
[PR]

by mikimari6 | 2015-03-31 17:14 | 花  自然探訪 | Comments(6)
2015年 03月 15日

伊吹山麓

昨日朝は雨の中のでびわ湖開きのセレモニーを見ながら午後の伊吹自然観察会の天候を心配していました。
幸いお昼前には明るい空が広がっていつものセツブンソウ群生地周辺の花探訪へ。
前日の下見では雪に埋もれて2,3輪の花しか見られなかったそうですが幸いにも雪解けが早くて(*^^)v

イメージ通りの色、姿です♪  泥んこ状態の小道でしゃがむのも膝をつくのも出来ませんでしたが(~_~;)
b0067694_22183362.jpg


b0067694_22185684.jpg


b0067694_22195582.jpg



フクジュソウ咲く神社にも立ち寄って
b0067694_22242036.jpg



スハマソウ、ヤマネコノメソウ、下左は初めて見るオニシバリの花で樹皮が強靭で鬼を縛っても切れないだろうという意味からの命名とか。
中央は?、紅色の花がついたフキノトウが珍しくて。
b0067694_22365115.jpg



まだ蕾状の態イチリンソウがあちらこちらで群生・・・もう一週間もすれば美しい事でしょう~♪
b0067694_22511882.jpg



帰路の道の駅から伊吹山を!
b0067694_22534075.jpg



同じ電車で帰る参加者と花談義したり知らないスポットを聞いたりで次々と楽しみが膨らむ半日でした。
[PR]

by mikimari6 | 2015-03-15 23:01 | 花  自然探訪 | Comments(6)