四季おりおり

mikimari6.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 09日

琵琶湖花火大会

台風5号の進路行方が定まらず一時開催が危ぶまれましたが7日夜半滋賀県を通過し、
台風一過となった昨日8日予定通り浜大津港での琵琶湖花火大会が行われました。

ここにきて初めて二人だけの静かな見物(^▽^;)
一応お互いのカメラを据えて準備はしましたが途中でまたカメラの不調があり、
撮影は中断してゆっくり楽しむことに(苦笑)

今年も趣向を凝らした素晴らしい花火にあちこちで拍手が響き湖上の夜空に魅了されてのひと時(^o^)
b0067694_17370775.jpg


b0067694_17392268.jpg


b0067694_17404573.jpg


b0067694_17420474.jpg


b0067694_17434913.jpg

あっという間の一時間、もう少し・・・と思わずにいられませんがしばし余韻を楽しんで
また来年まで〜(^^)/~~~

いよいよカメラ修理点検に出さねば(≧∇≦)


[PR]

# by mikimari6 | 2017-08-09 17:47 | 風景 | Comments(8)
2017年 08月 07日

伊吹山頂花畑観察会

台風接近で危ぶまれましたが昨日予定通り伊吹山頂花畑観察会に参加できました(^o^)
青空が広がったり急にガスが立ち込めたりとクルクル変わる空模様でしたが雨には降られず、
暑さもほどほどでまず快適でした♪

鹿の食害防止のネットが張られたことで花々の植生は少し回復したように感じられ、
昨年とは違った素敵な花野を満喫でき、珍しい花にもいくつか出会えてルンルンでしたヽ(*^^*)ノ
が・・・先ほど楽しみに写真確認をとSDカードをつないだところであっ!!と手違いが(泣)
画像が全て消えてしまい初めての大失敗(≧σ≦)しょっく!!


何枚かiPhone にとっていたものだけがせめてもの記録です(涙)


クガイソウ、ルリトラノオ、コオニユリ、シモツケソウ、アカソ、イワアカバナなど
咲き乱れる西登山道から歩いて。
 
b0067694_11471978.jpg


b0067694_11532961.jpg


濃霧に煙る幻想的な花野の雰囲気を感じることができるのも伊吹山での大きな楽しみで
何枚もカメラに納めたのでしたが本当に残念至極!!
霧に包まれた遠景の山をバックにセリモドキ、キンバイソウも見えて。
b0067694_11540988.jpg



キヌタソウ、クルマバナ、イブキフウロ、キバナノカワラマツバ、オトギリソウなどなど。
早やアキノキリンソウ、ワレモコウも咲いていて華やかなこと!
東登山道では昨年と同じくマルバブキタケ、サラシナショウマ、イブキトリカブトにも出会えて(^o^)


思い返していると日本では伊吹だけに見られるというキバナノレンリソウ、
初めてのタマガワホトトギス、アサギマダラの姿もきれいに撮れていたのにと未練が・・・(ノ_-。)

来年またきっと! 出会えるでしょうか? ああ〜〜残念(^▽^;)


[PR]

# by mikimari6 | 2017-08-07 12:21 | 花  自然探訪 | Comments(4)
2017年 08月 01日

今日から8月

台風が三つも発生していてなんとも蒸し暑く不安定な天候の中8月に入りました!
きっと毎年同じなのでしょうが殊の外暑さが堪えるような気がして
必要最低限しか外出しないでゴロゴロ状態のまま月が変わってしまった次第です。

昨日から孫はキャンプに出かけほ〜っと安らぐ?ような静けさ。
いても相変わらず静か〜〜なのに留守というのはまた違った感じなのです(^▽^;)(苦笑)
上海での予定があるらしく、五日後に帰宅した翌日には早々向こうに帰りますので
例年よりはかなり楽〜な夏休み(^_−)−☆

夏真っ盛りを迎えて辛いところですが秋口に向けていくつか課題があって
ちょっぴり気合を入れなければと・・・💪


一昨日久々の畑でオクラの花が素敵な存在感を!
b0067694_17153735.jpg
夏野菜のピークは過ぎつつありますが、喜んでくれる友人への宅配便はもう少し続きそう(^o^)
元気で暑さを乗り越えなくてはいけませんね。

皆様もどうぞご自愛ください〜〜!




[PR]

# by mikimari6 | 2017-08-01 17:19 | 日々の想い | Comments(2)
2017年 07月 25日

夏野菜

今年は夏野菜の出来が良くて6月末から毎日結構な収穫量です(^▽^;)

特に思い立って種から育てたというキュウリの成長が著しく一日10本前後にもなり、
ミニトマトやナスなどと共に毎日のようにあちらこちらに配り歩く状態ですが、
気を遣わせないように引き取ってもらうのも結構神経を使って(苦笑)

調理法を検索してはあれこれ試して瓶詰やパック詰めも冷蔵庫に増えますが、
二人の消費量が限られるのでなかなか減らず悩ましい!
先に収穫したものから食べていると結局新鮮なものが口に入らず採りたては人様にと・・・
相変わらずオットの腰の痛みは続いていますし
何をしていることかと可笑しくなってしまいます(*'ω'*)


昨夕連日40度前後になっているという暑〜い上海から今年も孫がやってきました。
高校の最終学年でのキャンプ参加を含めて二週間、例年より短めの滞在予定です(^_−)−☆
少し大人になってきた様子もあってやりにくは解消されつつ・・・?

サーッカー観戦や友達と出会う予定もあるらしく今回はあっという間に過ぎてしまいそう、
本人にも私たちにも丁度いいかも?です(o^-^o)
無事に楽しんで過ごしてくれれば何よりで。


旅の後全くカメラを持たなくて画像がありません・・(ノ_-。)


[PR]

# by mikimari6 | 2017-07-25 16:44 | 日々の想い | Comments(0)
2017年 07月 18日

梅雨明け前

北海道旅を終えて早くも2週間余り。
台風、深刻な爪痕を残した九州の豪雨被害に国内各地でのゲリラ豪雨や異常な暑さなど戸惑うばかりの日々が続きます。

関東では今日激しいヒョウまで降って、新潟では記録的な大雨と一体どういうことなんでしょうね😣
当地も県内各地に大雨警報や土砂崩れ避難勧告が出たり、激しい雷雨に見舞われる日が続くこの頃です(//∇//)

異常気象にはなすすべもなくといった状況ですが梅雨明けは間近か?
大の苦手シーズン夏本番を迎えますがフツーの暑さを願うばかりです💦


b0067694_22442184.jpg

雨後のすず風にバルコニーのカサブランカの香りがしっとり漂って日中の厳しさを忘れさせてくれる今宵です。


[PR]

# by mikimari6 | 2017-07-18 20:59 | 日々の想い | Comments(2)
2017年 07月 10日

北海道・札幌からニセコへ4

7月1日 月が変わってペンション滞在の3日目最終日です。
一日半よく歩いて花や木々をたくさん見て十分満足できましたし、この日は不便でも
バスに乗って出かけ、ニセコのフットパスの一部でも歩いたり道の駅を覗いたりと
自由にブラブラ過ごしたいと考えていました。

が、その旨を夫妻に話すととても不便だし、自分達も好きなコースなので植生の調査も兼ねて
案内しながら一緒に歩くと(゚o゚;;


という次第でニセコ駅に車を置いて有島記念館を中心にしたコースを。
アスファルト道をしばらく歩くとカシュンベツ川(多分)の流れが道沿いで心地よい調べ♪
オニシモツケが両岸に沿ってよく咲いていました。
b0067694_01065057.jpg


田畑が続く道に入ると北海道らしい風景に!
ニセコのじゃがいもはこれから花が咲く時でアンヌプリは雲に覆われて。
b0067694_00562590.jpg



オーナー氏は繁殖力の強い外来種の駆除が追いつかない状況を話しながら、コウリンタンポポなど
見つけるとバサバサとステッキで倒したり踏んだり・・・(/ _ ; )
群がっている小さな草花を次々目に留めては手にとったりしてメモしながら忙しい。


可愛いのにこれも外来種!と(苦笑)ウスベニツメクサ
b0067694_01055757.jpg


この辺りは有島武郎の父親が所有していた広大な農地があったところで、それを引き継いだ
クリスチャンの彼は小作人に無償解放したのだそうです。


平日のせいか人影はありませんがモダンな建物で展示も見たかったのですが入館はせず(ノ_-;)
b0067694_15231721.jpg

外来種でもなんでもこんな風情は大好きで・・・
ブタナ(ノ_-。)、アカツメクサなどあちこちに群生があります。
b0067694_15154803.jpg



オレンジ色はコウリンタンポポ
b0067694_16400730.jpg


林の中でコバイケイソウ、エゾノサワアザミ
b0067694_15191232.jpg



途中から川沿いの少し深い林の道に入り、これは一人では無理と(苦笑)
b0067694_16474531.jpg



今を盛りのオニシモツケ、キツリフネ、エゾヘビイチゴ?、ハルサキヤマガラシ
b0067694_16582709.jpg



林を抜けると農場があった名残りのサイロがまた北海道らしく(^▽^;)
b0067694_16523912.jpg


駅近くに戻りシンボル的なニセコ大橋を。
初日札幌からのバスでここを通過してもかなり走ってからやっと到着したのを思い出だして(^◇^;)
b0067694_17191211.jpg

途中道の駅でお昼をはさんで12キロのコースだったと・・・
連日17000歩以上さすがに少し疲れました!
オーナー氏の植物メモは200種に及んだそうで(@_@)


当初不便さ等々気がかりがありましたが、他にゲストがなかったせいで食べ物のことも
ガイドも本当によく対応してもらえて有り難い三日間、感謝でした。



予備をとっていた最後の一日は近くの温泉ホテルまでネッ友の花さんが出てきてくれましたので
ホテル周辺の散策、温泉、やまないおしゃべりと楽しい締めくくりの時間になりました(^o^)

翌朝ニセコ駅前で記念に〜♪
b0067694_17322922.jpg

JRで札幌まで戻ってまたの出会いを約束してお別れ・・・有り難うございました!

5泊6日の旅記録、長くなりましたがお付き合いくださった皆様有り難うございます、これでおしまいです💛





[PR]

# by mikimari6 | 2017-07-10 17:37 | 国内旅行 | Comments(6)
2017年 07月 08日

北海道・札幌からニセコへ3

神仙沼は観光客向けのスポットらしく修学旅行生などで賑わっていて先に大谷地へ向かいます。
ここは5年前のドライブ旅行で休憩をとった場所で、当時霧がかかり始めた天候のせいか
深い原生林と一面に広がるフサスギナの荒涼たる風景にドキッとするような印象が残っていて、
花があるとは想像もできず今回の計画中に再訪できそうで楽しみでもありました。


下がフサスギナ・・・北海道でも生息地が限定される珍しい植物(検索で)
b0067694_17035055.jpg



木道沿いにはハクサンチドリとオオバタチツボスミレの群生にツマトリソウもちらほら見えて。
b0067694_17212238.jpg


b0067694_17112839.jpg

エンレイソウ他花後の姿が色々残っていてきっと春〜初夏はうんと華やかだったかもしれません。


周辺に海岸植物のセンダイハギの群生があって道路整備などの土砂に種が含まれていたと
推測されるようでした。
b0067694_17251895.jpg



続いてきた道を引き返して神仙沼へ。
まだ学生たちの姿も見られニセコでここだけが賑わって観光地らしい雰囲気の様でした(苦笑)



早速次々とオーナー氏の説明が始まりますがメモと写真撮りながらついていくに大変(^▽^;)
右上はスノキの実、左下イタヤカエデの花、右ホロムロイチゴ(岩見沢近くの幌室の地名に因む)
b0067694_21494646.jpg


ダケカンバの巨木・・・生命力に満ちて
b0067694_22002732.jpg



湿原の木道あたりの流れでネムロコウホネの葉の上で休憩中のルリイトトンボ
ワタスゲが咲いて
b0067694_22122939.jpg




広い湿原です〜
b0067694_22131861.jpg



b0067694_22151014.jpg



b0067694_22155223.jpg




左も地名からホロムイソウ・・・とても目に止まらない地味でさすがのオーナー氏!
右こんなに綺麗な姿は初めて?のミツガシワです(^o^)
b0067694_22213856.jpg



そして美しい神仙沼に〜♪
b0067694_22295059.jpg
b0067694_22303482.jpg
晴天に恵まれて水が青く美しい!ゆっくり眺めていたい風景でした。



が、そうもできず(泣)ぐるりと木道を回って戻ります。
途中で別の周遊コースの案内板がありましたがそちらに向かう気配はなくて残念(/ _ ; )



一応予定は終了でしたが五色温泉に少し寄ってみようということに(^^)ニコ
ニセコアンヌプリへの登山口になっている温泉地で昔硫黄の産出が盛んだったと。

b0067694_22541808.jpg




左一度阿蘇で見て以来十数年ブリ?のギンランに〜!
イソツツジがよく咲いていました。
b0067694_22550235.jpg



車で10分ほどの小さな湿地にヒメカイウと言う珍しい植物が見頃だけど見たい?とオーナー氏。
当然です〜見たい!
藪が生い茂る小さな隙間を前にして一瞬たじろぎましたが何歩か進むとすぐに湿原が開けて(^▽^;)
木道もなく草を踏むとじわっと水が上がるので用心しながら後について。
b0067694_23060713.jpg



水芭蕉のミニサイズといった感じのこの植物は一時幻の花と言われるほど存在が分からなかったが、
後年この湿原とは別のところで発見されたという。2週間ほど前にオーナー氏がこの辺りに入った時
ここに咲いているのを見つけたとか・・・珍しい花を見られてラッキーでしたヽ(*^^*)ノ
b0067694_23233626.jpg




小さな赤い花は苔と聞きましたがベニコケではヒットしないので?です(・_・;
b0067694_23294526.jpg



充実満喫の一日になり感謝!
帰路に美しい蝦夷富士、羊蹄山を車窓から♪
b0067694_23391398.jpg


この日の夕食には白樺山の往復途中でオーナー氏が収穫した「タケノコ」を焼いたものが
早速テーブルに! クセもなく新鮮な味わいで沢山いただきました☺️
2日目になって食後は少し会話も弾み寛いで(o^-^o)  




[PR]

# by mikimari6 | 2017-07-08 23:46 | 国内旅行 | Comments(10)
2017年 07月 08日

北海道・札幌からニセコへ2

30日快晴!
朝食前に周辺散歩にでてみましたが思ったほどひんやりした空気は感じられません。
昨日雲に覆われていたニセコアンヌプリは堂々の姿を見せて(^o^) 羊蹄山は丁度山向こう側になります。

b0067694_23183440.jpg



庭先の花々や窓辺、積み上げられたストーブ用のマキなど趣の違うペンションが建ち並ぶ辺りを
見て回って、、、
戻ってくると準備中の朝食の香りが〜(^_−)−☆
女性にとっては旅の贅沢気分の一つでもありますね?(o^-^o)

この日は白樺山への軽登山、大谷地(おおやち)、神仙沼の木道歩きをオーナーの車、
ガイドで回る予定です。
行き交う車はほとんどないとはいえ結構なスピードで(~_~;)



高さ959mの白樺山は花の植生豊かな山のようですが、この時期は春から夏の端境期で
多くは期待できないかもと言う話でした。
それでも登山道を入るとすぐマイズルソウの群生が続いてワクワク♪
b0067694_23463010.jpg


藪で物音がするので最初クマ?!とドキッ! 
そのクマの被害ニュースで見たことがある笹竹のようなタケノコを採流人たちが入山中でした。
すでに膨らんだリュックが置かれていたり。

花が目に留まり始めますが道がぬかるんでいたりで足元要注意。写真を撮るのが難しい上に
先を行くオーナー氏が「上に行けばもっと咲いているから」と・・・気が急きます(ノ_-。)



エゾレイジンソウ、エゾフウロ、なんと終わっているはずのシラネアオイが待っていてくれました
*\(^o^)/*
点在するハクサンチドリ、ツバメオモトもいくつか・・・
b0067694_23370311.jpg



ナナカマドの花
b0067694_00014124.jpg




アカモノ、ゴゼンタチバナの共演もそこここに〜♪
b0067694_00045339.jpg



ハクサンボウフウが咲き乱れる道の行く手に頂上が見えました!
b0067694_00024694.jpg




斜面にはゼンテイカも咲いて。
b0067694_00091723.jpg




頂上近くになるとアズマギクが岩場を可愛く飾って。
b0067694_00164270.jpg


b0067694_00544130.jpg



ここまでがお花畑で頂上に行っても何も咲いていないから降りましょう!と。
え〜!目の前数十メートルあるかないかなのに?(*/∇\*)
目の前に雄大な姿を見せるチセヌプリをカメラに収めて💧
b0067694_00563839.jpg



その右手眼下には西積丹、岩内町、泊原発など・・・穏やかな美しい海と。
b0067694_01161121.jpg



下山中に見られたタケシマラン、ハイオトギリ(右下)、山口付近でカラマツソウ
b0067694_01060939.jpg

この後大谷地、神仙沼へと続きます。



[PR]

# by mikimari6 | 2017-07-08 01:11 | 国内旅行 | Comments(2)
2017年 07月 06日

北海道・札幌からニセコへ1

記事の文章部分が大幅に消えた状態になっていますが皆様のパソコン等のせいではなく、

以前も同じことがありましたのでエキサイトの問題かとおもいます。

お見苦しく申し訳ありません🙇‍♀️(7/7)


6/28から7/3までコキ記念お北海道旅、5泊6日で札幌からニセコへ出かけてきました。

口内炎の症状を心配しつつ直前まで迷いましたが後で回復が進み後悔するよりは、、、でgo〜(^▽^;)



二度目の札幌ですが初めて訪れた時には何の予備知識もないまま付き合ってくれたネッ友さんに

ただついて行くだけでしたので、今回は自分自身の足で北大植物園見学を楽しみにして(苦笑)


門を入るとすぐに森の雰囲気が広がって〜(^o^)

b0067694_18064521.jpg
広さ13.3haの園内に北海道の自生植物を中心に約4000種類の植物が育成されている
(リーフレットより)

閉園まで2時間あまりでは回りきれそうに無くて記念館や博物館見学は残念ながらパスして。



初代園長である宮部金吾記念館
b0067694_18303962.jpg




ヤマボウシが見事な咲きっぷりでハルニレ(多分)の巨木を飾って
b0067694_18332903.jpg

潅木園からライラック並木アタッリへゆっくり散策。



サラサウツギ、バイカウツギ、足元にクサノオウ、残り花のライラックも。
ピンクのヤマボウシも見事な花付きでした。
b0067694_18354079.jpg



ホザキシモツケ、バイカウツギ、キツリフネも木の下に。

エゾクガイソウはバラ園の近くで

b0067694_20530845.jpg



思いがけず一度間近に見たいと思っていたオオヤマレンゲの花にもヽ(*^^*)ノ!

b0067694_21005409.jpg




ハルニレ(エルム)の林・・・素敵な散策路

b0067694_21033817.jpg




正門から一番奥の方にあるバラ園もぐるっと見て回り、林や草地を通過して

高山植物園に向かう途中にちらっと西洋建築物が見え、道内最古の博物館、重要文化財群と

後で知って残念でした。

b0067694_21245985.jpg



高山植物園ではほとんど開花時期が終わっていて下段赤いサクラソウのみ目に止まり。
隣のカナディアンロックガーデンを見ていたら閉門時間間近かのアナウンス!大急ぎ〜(^▽^;)
中央左はペンステモン
b0067694_21263023.jpg


広い敷地内を2時間あまりでは回りきれずもし次回があればと思いながら園を出ました。




前回の札幌も一人でしたが出先から合流してくれたネッ友さんの案内があってただついて行くだけ(苦笑)

大通り公園以外は地理感がなくて今回は地図片手に確認しながら周辺スポットへ。




赤レンガの道庁は前回内部見学したような?(・_・;

立派で重厚な建築を再確認でしたが周辺は韓国語、中国語が飛び交って賑やか(苦笑)

b0067694_21423821.jpg



北大の前身だった札幌農学校演武場に作られた時計台。

夕刻でしたがこちらもまだ大勢の観光客でにぎわって・・・

b0067694_21453115.jpg



大通り公園は初冬の時期に朝の冷たい空気の中で点在する彫刻像を見ながら散策したのが懐かしく。

フラワーフェスティバル開催で道内各地の高校の農学科や園芸科の生徒による素敵な作品がいっぱいでした♪

b0067694_21582356.jpg




翌朝のニセコ行きバス乗り場が地図上ではハッキリしなくて確認のため駅周辺をぐるぐる回って(泣)

ホテルに戻るとど〜っと疲れて・・・iphone記録は18000歩余り!(◎_◎;)

初日からよく歩きました(苦笑)




翌29日朝8:25札幌発のバスでニセコに向かい予約していたペンションに11:25着。


高速バスと思い込んでいたら路線バスで少ない乗客ながら途中までは乗り降りがあって悠長な感じ(ノ_-;)

小樽からは私の他乗客1名で貸し切りバス状態でした(苦笑)

スキーシーズンは外国人で溢れるというニセコ、この時期は「誰もいないよ」と運転手さんの言葉に(・_・?)


五年前にオットとフェリー利用のドライブ旅行をした折、積丹半島から函館への途中ニセコの昆布温泉で

一泊しましたが、雨模様の夕方着で朝は先を急ぎ・・・森の雰囲気を横目にして残念に思っていたので

今回その自然の中で数日過ごしたいという計画でした。


一人歩きは無理なのでオーナーが後志地区の自然観察員をされていて山や森のハイキングガイドを兼ねる

ペンションを見つけ、少し不安ながら奥さんとのメールやりとり後予約していたのですが・・・

部屋数は7〜8室、登山客が帰った後でゲストは私ひとり(^▽^;) ちょっと侘しい部屋? 

森に近く周辺は建ち並ぶペンションと10分ほど先の温泉施設以外何にもなし!自動販売機さえも!!



ともあれ軽いランチを用意してくれ食事後は100種類はあるという庭周りの植物の説明案内に(^▽^;)


上左はオーナーがニセコ内で発見して新種と認められ学名に名前が付いているというニセコレイジンソウで
色あいが可愛く珍しい。右はエゾレイジンソウだったか?
ゼンテイカ(ニッコウキスゲ)、ハマナス、イチヤクソウ
b0067694_23165151.jpg
同じ種類でも違いや見分け方など細かな説明がありましたが右から左?(苦笑)(泣)


続いて森の観察会にはしばらくぶりの散策と奥さんも一緒に。



ツルアジサイがあちらこちらで木々を飾ってとても美しい。
五年前帰宅後の花検索で名前に迷ったイワガラミとの違いもしっかり説明されて(苦笑)
目立たない小さな花は何の木だったか?ベニバナイチヤクソウが点在して。
小さな流れが心地よさを一層感じさせてくれます♪
b0067694_23320597.jpg



横道に入ってとっておきの花の紹介とヤマオダマキを〜(^o^)
b0067694_00092666.jpg


早速の森歩きを楽しんだ後は近くの温泉施設でゆっくり汗を流して・・・

少食、口内炎を知らせていたので考慮しての夕食メニューでしたが美味しくても食べきれず(^▽^;)


テレビを見る様子もなくて8時頃には部屋に引き上げ、さて三日間ちょっと辛い?などなど考えて

寝付けないでいたら小さな揺れにビックリ!

しばらくして震源が近いようだと心配してオットから電話もあり(・_・;


夜中ふと気がついて窓から空を見上げると星が大きく輝いてキレイ!! 

翌日のフラワーハイキングは上天気のようで(^^)






[PR]

# by mikimari6 | 2017-07-06 22:11 | 国内旅行 | Comments(0)
2017年 06月 25日

誕生日に

今日は七十回目の誕生日、古希という言葉がピンとこないのが本音ですが(苦笑)
メールやメッセージで祝ってくださった皆様有り難うございました。

少し不調気味でイベントは有りませんでしたがゆっくり片付けごとをしながら
色々な思い出を辿ったりして良い一日でした😊

何だか先行きが危うい?現象がアレコレ出始め、これまでと同じ様に事が運ばず
心もとない気がするこの頃ですが、この20年ほどの間にご縁を得た方々との
楽しく充実した思い出が多く本当に嬉しく有り難いことだったとしみじみ感じて…
元気で若かったという事も実感します(^^;;

年齢にとらわれずでも無理はしないで、少しでも元気で充実感ある日々を
過ごせる様に心がけたいと思います。




[PR]

# by mikimari6 | 2017-06-25 00:23 | 日々の想い | Comments(0)