四季おりおり

mikimari6.exblog.jp
ブログトップ

2016年 03月 30日 ( 1 )


2016年 03月 30日

花の縁…

昨日は青春18きっぷを使って福井県今庄宿の散策とカタクリ鑑賞、蔵元訪問など楽しむ会がありました。
若い頃より美味しいお蕎麦の産地とは聞いていて、近年カタクリの群生地があるのを知って以来の好機到来!
とても楽しみにしていたのですが、昨年耳にしていたシカの食害で今年もほぼ全滅状態で残念な結果でした。

申し訳の様に一輪だけ見ることができたのがせめてもの慰め…(^^;)
思いがけず白いキクザキイチゲに出会い、色違いのヤマエンゴサクやスミレサイシンにも。
b0067694_23274528.jpg


本来なら小道の両がわ一面が紫色に染まっていたそうですが…ちょっぴり気落ちした雰囲気漂って?(苦笑)
b0067694_23334897.jpg


人気のない静かな街並みでしたが江戸時代に今日、江戸を往来する人が最初に宿泊した大宿場町
として栄えたようで当時をしのばせる陣屋、御札場など立派な家屋が点在していました。
b0067694_23392636.jpg


お蕎麦で昼食、蔵元で試飲などして早々に予定終了。
折角の遠出がいささか拍子抜(-_-;)、時間も切符ももったいなくもあり帰路の湖西線でひとり近江今津で途中下車。
機会があれば琵琶湖周航の歌に出てくる今津港辺りを歩いてみたいと思っていたのでよい機会でした。

駅から数分で港に。 穏やかでのどかな眺めです。
b0067694_23541083.jpg


右に小さく見えるのが竹生島…大正時代第三高等学校(現京都大学)のボート部の学生たちが
親しんだはずの風景なのだとちょっとロマンを感じて(^^;)
b0067694_00287.jpg



明治期に来日した建築家ヴォーリーズは滋賀に多くの建築物を残していますがこの町には
ヴォーリーズ通りの名もあって教会や郵便局などが残されていました。
b0067694_0172311.jpg



JR線を挟んで反対側はまた趣の違う保存地区などがあるのですがずいぶん離れていて。
一台後の電車に乗るべく小一時間足らずの町散策でした。

続きがあります
[PR]

by mikimari6 | 2016-03-30 01:03 | Comments(6)