四季おりおり

mikimari6.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 17日

植生調査

6/10伊吹山の自然観察会などに参加する関係で自然保全の植生調査を手伝う機会がありました。
山に行けるのと何かしら花に出会える期待を秘めて(笑)2度目の参加。

夏を思わせる暑さでしたが青空に山々の深い緑、小鳥のさえずりに包まれて最高の良心地よさでした(^^♪
b0067694_23334556.jpg

黄色い花はヤマガラシ


シカなどの獣害、外来種の侵食状況などの定点観測をしますが植物に詳しい皆さんの会話にタジタジ、記録係を務めることに(^^;
b0067694_2341212.jpg


初めて見たヒヨクソウ…羽を広げて咲くように見えるので「比翼」を意味する名前とのこと。
b0067694_2342361.jpg


数か所の地点を移動して一定の区画の中に育っている植物の名前や数を確認し、増えているものや姿が見えないものなどを調べますが、小さな葉っぱでも見分けて名前を言い当てられるのに感心しきり、そして聞いているだけで楽しくもあり(^_-)-☆


春の花は終わり夏の花はこれから…という端境期でやや期待外れながら小さな花をいくつか。
左キクムグラ、ヒメレンゲ、右ヒメフウロ、タニギキョウ、フタバアオイ
b0067694_025838.jpg


左初めてのクサタチバナ、中央風に負けないようにか背が低めでがっちりタイプのマムシ草が草原のあちこちに。 山道ではフタリシズカの小さな群生も。
b0067694_0102049.jpg



頂上のお花畑への入り口付近でグンナイフウロの群生が見られました♪
b0067694_0161818.jpg



丁度この時期に熊出没、被害のニュースが続きましたが、この辺りでも「熊注意」の立て札があり
樹木に爪痕も見られたリ…
一人でもぼーっと座っていたいような気がするほどでしたが実際そんなことはできませんね(苦笑)

クマや鹿などの生域環境を変えてしまったのも外来植物の侵入も元はと言えば人間の仕業、車中会話を交わしながら環境維持はとても難しい問題と改めて感じました。



[PR]

by mikimari6 | 2016-06-17 00:26 | 花  自然探訪 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 葦毛湿原へ      乗鞍高原へ >>