四季おりおり

mikimari6.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 13日

ササユリをたずねて

忍者の里で知られる甲賀町の片隅に「梅垣城」(めいがきじょう)と言う城跡があり住人の保護管理で
ササユリが咲いていると知りました。
梅雨の晴れ間になりそうな昨日、未知の道路にチョッピリ緊張しつつ2時間近いドライブで探訪実現です!

ナビ登録地点に着いたものの水田と農道周辺に点在する民家だけで標識も何もなく((+_+))
通行人か車が通るのを待つべきかと暫く思案して少し移動したところで立ち話中の年配男女の姿を発見!!
男性が方向を指さして「口で説明しにくいし、分かるかな?」と話されるところにその女性がバイクを押して
近づいてこられ、「分かりにくいところだし自分もついでに見るから後をついておいで」と親切に~!(^^)!

とっても小さな丘の細い坂道を上がった斜面の高いところに早速二、三の花が見えてワクワク♪
b0067694_14421311.jpg


民家が2,3軒あり、その庭先の様な所から奥の土手へと案内されて上がると残り花のササユリ幾つかと
在処を示す支柱が2,30本(以上はあったかも)立ち並んでいました(*_*)
思わず「え!これ!ここだけ!?」と言いそうになって(泣)
b0067694_14363681.jpg


サルなどに実が食べられてしまう食害と管理する住民の高齢化などでどんどん花が少なくなっているらしいけれど、
ネットで見たのとは少し違う環境にも思えてひとりでゆっくり辺りを探訪しようと思ったのでした。
陽射しが強くなって美しい木々の青葉を。
b0067694_14565053.jpg


お礼を言いながらその旨伝えてお別れしようとしたものの「大津から折角来てくれたのに」と、
他に咲いてそうな場所を妹さんに電話で尋ねたり近くの民家のインターフォンを押したりされてして(__)

止めるのも気にされずにもう一軒と坂道を少し下ったお宅に声をかけられるとここは女性が出てこられ、
知り合いらしく上り口に座布団を出されお茶を出され・・・、次いで土地の状況に通じているというおばあさんも
登場と言う次第。
申し訳なくて身が縮まる様でしたがそのお陰で一番初めに花を見た斜面のその奥の土手やくぼ地には多分
自生の花が咲いているはずと分かり何とも有り難いこと!
そこは民家の庭の様でしたので立ち入らなかったのですが、チョット断りの声をかけるのでとその女性が
一緒についてきてくださり・・・


斜面の高いところや奥の立ち木の根元などに数は少ないもののポツンポツンとササユリにふさわしい
雰囲気で咲いていました(*^^)v

b0067694_1535084.jpg


b0067694_15352483.jpg


b0067694_1536246.jpg



お礼を言って二人と別れひとり周辺を散策

ポツンと小さな野原が広がって
b0067694_15553773.jpg


b0067694_16324415.jpg


その向こうの雑木林の中にもササユリが~♪
b0067694_1558047.jpg



坂道を下りて農道に出たところのすぐ脇におばあさんが教えてくれた小さな立札がありました。
b0067694_1634792.jpg

城跡はあの青葉の木々が伸びていた小さな空間らしいですが石垣の片りんもなかったのですけれど・・・


水田の傍で
b0067694_1665127.jpg


b0067694_167873.jpg


b0067694_1674450.jpg



バイクの女性は81歳だそうでぬかるんだ斜面では足元が危なっかしい感じではありましたが
俳句が趣味で生き生きとして話好きで世話好きの様子(^_-)-☆
「あんたさんは?」 「大津から!? へ~、それを見にわざわざ来はったんか?」とビックリされた
おばあさんと、ほぼ同世代の様な女性は優しく気立ての良さそうな多分お嫁さん。
この出会いがなければ到底ササユリには出会えずスゴスゴと帰っていたはず( ; ; )


思いもしない温かい親切を受けて帰路の道のりはほのぼのと満ち足りた気分に浸って・・・、
ササユリの出会いと共に思い出深い一日になりました。 感謝!
[PR]

by mikimari6 | 2015-06-13 16:25 | 花  自然探訪 | Comments(8)
Commented by may158 at 2015-06-13 20:02
まりさ~んさっそく拝見に(^^♪
温かな素朴な人たちとの出会いの中でササユリにあえて!
ササユリのイメージにピッタリですね~
どちらかというと大きめの花は群生するよりこんな感じでポツンポツンと咲くのが似合いますね。
自生地で見る…なかなかチャンスがないものでいいな~と拝見!
ありがとう。
Commented by syunba47 at 2015-06-14 06:56
メイさん〜ササユリは一面にというよりこの様にポツポツという感じが似合いますよね。
行く前は香りが漂うほどの咲き方を想像していたのですが(苦笑)
バイクの女性は虚子の流れをくむ同人社で俳句に親しまれているとのこと。
少しおしゃべりに付き合いましたがともかく親切な方で有り難い出会いでした。
どの様なササユリの句を詠まれたでしょうね(^_−)−☆

有り難うございました♪
Commented by ekocyan2 at 2015-06-14 07:59
まりさん、ササユリ忍者の里にも楚々と咲いて素敵ですね。
ササユリ探訪・・素敵な物語・・この方まで和ませてもらいました。
因みにササユリは箕面市のシンボル花・・それこそ箕面山に咲いているようです。
どんどん荒らされて保護も大変なようです。(サルも居ますしね)
此処で拝見!有難うございます。
Commented by まり at 2015-06-14 20:09 x
もみじさ〜ん 箕面市のシンボル花はササユリ!
どこかで見聞きした事を思い出しました。
動物による食害は全国的ですね(ー ー;)
私にしては思い切っての遠出、トライした甲斐があり嬉しいことでした。

見てくださって有り難うございます〜(^O^☆♪
Commented by yumerodo at 2015-06-14 21:57
まりさん 素敵な出会いでしたね~
よくテレビで旅探訪を放映してるのと同じだわ~と思いながら・・・
私もササユリに出会えた喜びを感じましたよ!(^^)!
高校の校章は、このササユリで「純真 清楚」の教えです(その通りの人になってる?)
大笑いしてるでしょ? 自分でも笑ける。ありがとう~♪
Commented by まり at 2015-06-14 23:06 x
わぁ、夢さんもササユリにご縁がありましたか!(*^^*)
大笑い?いえいえ乙女の頃はキット「純真 清楚」そのものでしたでしょう(^_−)−☆

ホント、旅番組にはこの様な出会いがお決まりのように演出されますね。
この日は事前打ち合わせなしで正真正銘のステキな出会いでしたよ(笑)
こちらこそ有り難うございます〜♪
Commented by SSShizu at 2015-06-15 22:07
まりさん~~六月のしっとり美しいシーン\(^o^)/をありがとうございます。
ササユリは我が家にも何年かありましたが やはり可哀そうな事でした。
自然の中でこうして人知れず咲くのが似合います。
まりさんの行動力も素晴らしく そして出会えた素敵なお話ですね。
お写真が~~また腕をあげられて きっと楽しい事でしょうね。
見せて頂いてありがとうございます。
Commented by まり at 2015-06-15 23:08 x
シズさん〜お出かけいただいて有り難うございます(*^^*)
ササユリを育てていらしたとは! デリケートそうできっと難しいのでしょうね。
好きな花を身近に見られるのはステキな事ですが失敗が多くて場所もなく
最近は見る事重点に(苦笑)
クルマより単線のローカル線に乗って…に魅力があり迷いましたが雨の心配もあり
意を決してハンドルを。 実は結構臆病なんです(~_~;)
こちらこそ有り難うございました♪

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< アジサイ      かきつばた、ハナショウブ・・・ >>