四季おりおり

mikimari6.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 28日

北海道…納沙布岬~釧路へ

道東の旅3日目は朝から小雨もようでしたが予定通り納沙布岬へと。
道中「北方四島返還」の看板などが目に付き始めて、これまでとはちょっと違った空気を感じる。


離島を除いて日本の最北端、北海道で一番早く日が昇る地点、納沙布岬に到着。
カモメが群れ飛ぶこの海のすぐ眼前に歯舞島が見えるはずなのですが…
b0067694_1414216.jpg



天候のせいもあってか来るまでの楽しみな気持ちよりもこの地域の厳しい事情を感じ始めた時、
海に向かって手を合わせる人たちに遭遇。
返還への祈りの火やモニュメント、歴史に因む記念碑などについて花さんからの説明に厳粛な気持ちになる場面もありました。
b0067694_14282147.jpg


現地でなければ伝わらないことがあるのを身に染みて感じ、きっと沖縄も東北の被災地も同じかと・・・


難破船の残骸・・・ロシアの船とのこと
b0067694_14341772.jpg



晴れていたらまた違った印象や感動があったのでしょうが、もう来ることはない風景を灯台下あたりから。
b0067694_14384095.jpg




午後から大雨予報を見ていていたので急ぎこの日のメイン、落石フットパスへと向かいます。
途中で放牧馬、エゾシカを見つけてはしばしばストップ(苦笑)
b0067694_15455064.jpg


b0067694_15465442.jpg



北方原生花園に立ち寄り少し木道を歩く…
b0067694_15564875.jpg

b0067694_1604499.jpg


ハンゴンソウ、アカツメクサ、これからがシーズンらしいエゾリンドウ
b0067694_1671622.jpg





英国コツウオルズで経験したことのあるフットパスでしたが、海に突き出た半島でのそれはまるで違った趣き。
車を停めてスタートする地点が分からず山道を車で行ったり来たり(-_-;)、宅配便のおじさん、
郵便配達の女性にと何度も尋ねて(苦笑)
結局最初にどんどん登って行った時に行き止まりになっていたところがそうであったと分かってヤレヤレ・・・

雲行きが怪しいけれど決行~!

b0067694_21435021.jpg




アカエゾマツ林の木道に入る直前、またまたエゾシカとの出会い。
花咲く原野、薄い霧の中で・・・夢のような瞬間でした
b0067694_16515542.jpg


林を抜けて見渡す限りさえぎるものない草原へと・・・
b0067694_171193.jpg


時々こんな崖近くまで行ってみる
b0067694_1752113.jpg


雲間から時々薄日が差すこともあり足元の花々を見ながらどんどん歩きます♪
b0067694_176855.jpg


b0067694_1762911.jpg


b0067694_17101378.jpg


草むらの花々・・・赤い実はゴゼンタチバナか?
b0067694_17201290.jpg

(メイさんのブログでエゾゴゼンタチバナとのこと)

b0067694_17361280.jpg

(同じくメイさんのところでイカリグサ→ハナイカリの間違いでした)


お昼を食べる場所と天候のタイミングが合わないまま、ひたすらルンルンと歩いて(苦笑)

が、道の分岐点にあるルート矢印の方向が合わなくなってしまいドキツ!
メイさんが地震観測所から続いているタイヤ跡の道を!と見当つけてくれてひとまずホッとして
歩き始めると、段々空が暗くなりだし大雨の予報を思い出してひやひや。
見渡す限り目印になるものもない草原です、雷は?携帯は圏外かしら?なんて内心ドンドン不安に(泣)

遠く霧の中にスタートした時の林らしき影がボンヤリ見え始めて…
足が早まるのを意識しながらドンドン歩いて、スタート地点にあった無線送信所跡の建物も見えて来た時の
安堵感と言ったらありませんでした(苦笑)

b0067694_19591850.jpg



丁度雨が降り始めていてひどくなる直前に車に戻れて何ともラッキー!



前日立ち寄った霧多布岬の温泉施設「ゆうゆ」に再び立ち寄って体を温めてリラックス~!

緊張感が消えて一路釧路へと来た道を戻ります。









雨の中釧路市街のホテルに到着し、食後少しだけ傍の港辺りを散策に出ました。

イカ釣り船が岸壁に並んで中々の情緒~(夜は携帯撮影)
b0067694_20344129.jpg




日本初の橋上彫刻「四季の像」がある幣舞橋
b0067694_20355070.jpg

b0067694_20413389.jpg



その橋上からフィッシャーマンワーフを見て
b0067694_20383482.jpg




翌朝部屋の窓から
b0067694_2049036.jpg



チェックアウト後改めて周辺の散策を・・・
出漁前の準備風景、美川憲一のヒット曲記念碑も!
b0067694_20542370.jpg





車で気ままに移動しながらも花さんの綿密なプランのお蔭で中身の濃い充実した道東の旅。
折々に北海道史を垣間見ることもあり本当に素敵で楽しい4日間でした(*^^)v

プランナーの花さん、いつもながら豊富な植物知識で楽しませて頂いたメイさんに心よりの感謝を!


旅行記を見て頂いた皆様有り難うございました
[PR]

by mikimari6 | 2011-08-28 20:59 | 海外旅行 | Comments(26)
Commented by nobkon2n at 2011-08-28 21:02
フットパス・・メイさんの所でも書かせてもらったんですが
初め効く言葉でした。まりさん発祥の地イギリスでも体験なさったとか・・・・セーフで雨に会わずに良かったね。
楽しませていただきました おおきに!
Commented by 16hana at 2011-08-29 08:17 x
まりさ~ん♪おはようございます(^O^)
本土最東端の納沙布岬まで行かれたのですね(@_@)
落石フットパス、ドキドキしながら読みました(笑)
私も野山に行くのはほとんど平日で人に会うことも少なくいつも内心ドキドキしています。
北海道は十勝岳温泉以東は行ったことがないので行ってみたいです。
行きたい所がいっぱいで~す。
楽しませていただきました。ありがとう(^^♪

Commented by まり at 2011-08-29 10:21 x
のぶさん ずっと記事を追って頂いて有り難う!
今あのフットパスの標識のポールやそのほか…撮っておくべきだったと思うものがあって残念!
次なるチャンスがあればその時にと(^_-)-☆
Commented by メイ at 2011-08-29 10:25 x
おはよう~まりさん(^^♪
一気に納沙布から釧路までのアップですね~
どうしてこんなにたくさんの画像が載せられるのかしら~
私のは500にすぐなってmoreまで使ってやっと納まるのですが(^_^;)

納沙布岬、まりさんのご希望でいけましたね~
最果てと言うこともありましたが北方領土返還を願う人々の思いがひしひしと伝わって・・・のんびり花の旅にぴりりとスパイスが(^_-)
よかったですね。
花の名前はまたゆっくりとね~
Commented by まり at 2011-08-29 10:25 x
16hanaさん いつも有り難うございます!!
ちょっとドキドキさせました?(笑)
山歩きを気軽にしたと思っても一人ではちょっと怖いのです(泣)
16hanaさんはいつもそんな状況で一人歩きされるなんてすごいですね。
次々と素敵な場所に出会ってリピートしたいのですが、他に目移りしてしまい(苦笑)
ホントに私も行きたいところがイッパイです♪

こちらこそいつも嬉しいです!
Commented by まり at 2011-08-29 10:32 x
あ、メイさん同じ時間~(^_-)-☆

さっきももう一度拝見してきましたが、同じカメラなのにどうして結果の差が?と哀しい思いですよ(泣)
本当に素敵に撮られていますね!

早く完了しないと落ち着かないので昨日は一気に~(笑)

天候も気にせずこの機会を逃さずに…と思い切って足を向けて良かったですね!
何処も本当に素晴らしかった~!! 
スリルもまた良き思い出・・・(^_-)-☆

有り難うございました♪
Commented by もみじ at 2011-08-29 13:18 x
まりさん 納沙布岬から釧路へと一気のUP楽しませて貰いました。!

画像から北海道の広さ厳しさ・・珍しいお花と・・ス・テ・キ・なことですね。
充分に楽しまれたのが伝わりこちらも共に旅・・☆彡アリガトウ☆彡
Commented by at 2011-08-29 16:14 x
三人三様とはよく言ったもので、写真もおなじところでありながら、メイさんところと2倍楽しめました。感謝。
落石も最後はどんどん引っ張ってくれたメイさんにぼけーっと付いて歩いておりましたが、おなかがすいたなぁくらいで、まりさんの不安まで思い至りませんでした。なんとのんきなことを。
謝ることの2つ目。思い出しましたよ。つい、思いだしても言い忘れておりましたが、改めて、こんなに細やかに気配りのまりさんに、ホテルの心配までさせてしまって、ごめんと言いたかったのでした。一つ目は謝ったような気がするけど、なんだったかしらねぇ・・の花めです。
ね、一週間前は霧多布だったなんて。
お二人とも、花と景色以外の注文?はありませんでしたが、花咲蟹も縞えびも十分ではなく、厚岸の牡蠣は有名なのに、釧路の炉端も事前にわかっていず、あれこれは無しで満足していただき感謝です。

Commented by まり at 2011-08-29 16:48 x
もみじさん 引き続き見て頂き有り難うございます(^o^)
少し急ぎ足になり雑なまとめ方でしたが取りあえず感動が残っている内にと・・・^^;
北海道在住の花さんでこそのプラン、車で気ままにゆったりなのに
充実感いっぱいの旅を楽しめたのですよ~♪
Commented by まち at 2011-08-29 16:52 x
納沙布岬まで足をのばされたのはまりさんらしいですね。濃い霧が島をさらに遠く感じさせて・・・
釧路の夜と朝の写真は歌謡曲が聞こえてきそうな雰囲気ですね~
ヌサマイ橋はたしか歌詞にありましたね。メロディは忘れましたが(笑)
たくさんのお花を見せていただき、道東の歴史も思うことができてとてもよかったでした。
Commented by まり at 2011-08-29 17:07 x
おお、花さん~! 
本当にお世話になりました!!
旅記録アップしながら充実の4日間を改めて嬉しさと幸福感に浸って振り返りましたよ(^_-)-☆
なんか責任いっぱい感じさせたようですがとんでもないこと、事前に3人で色々相談しながら気ままに行きましょう!と言いあった言葉通りに
ああだこうだ・・・ひやひやスリルも・・・メイさんじゃないけど結果オーライでしたね。
とってもいい思い出になりました(^_-)-☆
気配りなんて全然!ポカッ、ドジッばかりで・・・笑って許してね。
団子より花!でしたので良かったのですよ~
思い出しながら見て頂けたなら何よりうれしいです(^^♪
Commented by yumerodo at 2011-08-29 20:52
まりさ~ん
凄いわね!(^^)! 一気に旅紀行をUPされて・・・
見せて頂くだけですのに、何だか旅の勢いが伝わってきて
とっても楽しい北海道でしたよo(*^ー ^*)o
メイさんのブログと合わせて見せてもらい余計に旅紀行の迫力を感じました。

花さん メイさんっちからまりさんっちへ
長くかかったね(^_-)-☆
花さんのコメントもその場のようすが分かって良かった(^^♪

ありがとう~
Commented by まり at 2011-08-29 21:14 x
まちさ~ん 最東端という地点に何となく惹かれて、それに殆ど傍まで来ているのに行かないのは・・・ね!(苦笑)
想像外の状況、雰囲気でしたがやはり行って良かったと思いました。
本州の人間には実感できない歴史や事情が肌に感じられて。

私は若い頃粋がって「挽歌」も読んだのに内容はすっかり忘れて幣舞橋の名は尚更のこと。
知っていれば一層感慨もあったでしょうにね~^^;
お付き合い頂き有り難うございました(^^♪
Commented by まり at 2011-08-29 21:21 x
夢さん ダラダラ長くなって最後はいかにも雑だわ~(泣)
沢山エピソードがあったのをチラッと・・・想像力で読み取って下さいね(苦笑)^^;
フットパスはスタートからてんやわんや、その後ルンルンして後半はスリリングという展開で
トリオそれぞれの思いが今思えば傑作です^m^)

お付き合い下さり有り難うございました♪
Commented by 阿蘇望亭 at 2011-08-31 20:19 x
北海道は十勝の浦河まで行ったことがありますが、道東の草原を見るといちだんとその広さが感じられます。
”見渡す限り目印になるものもない草原”で不安に陥ったりするのはお三方ばかりではなさそうですね。
アルバム拝見してちょっと意外だったのは、野の花にこちらと同じものが思ったより多いということ!親近感が強くなってきた気がします。
楽しませていただきありがとうございました。。
Commented by まり at 2011-08-31 22:11 x
阿蘇望亭さん、実は花さんがいつも阿蘇の花々を見ては「身近にある花と同じ~」と
思ってらしたそうなんですよ^^;
北と南で共通する花々が見られるってちょっと不思議な気がするのですが、
標高の関係なんでしょうか?

ご覧いただいてこちらこそ有り難うございました♪
Commented by at 2011-09-06 10:50 x
今又、メイさんとこと振り返ってみてました。夢ちゃん、マリさんとこへ遅くなったのは間にまずはまりさんへ個人写真?を送り、メイさんにもなんてしてたからです。いいわけ!?
阿蘇望亭さん、十勝の浦河ではなく浦幌でしょうか。浦河は日高なんです。浦幌にも住んだことがありましたが、まさに釧路根室の雰囲気のあるところで、ちんからとんの山里と酪農地帯と湿原と海が全部あったような、北海道らしいところでした。明治にはこの町の海岸に四国を中心に多くの移住者があがりました。私の3代前も浦幌の大津海岸から上陸したとのことです。
今回、釧路は鳥取から来た人が多いし、地名も残っていまして、たしか姉妹都市。なんかこんなことばかりいってたような。
Commented by まり at 2011-09-07 00:21 x
アハハ~花さん 夢さんの問いかけにご丁寧なお答えを恐縮です(笑)
阿蘇望亭さんの御記憶は十勝なのか浦河なのか・・・?(~_~;)
花さんが住んでらした浦幌なら私たちが今回感激しきりだった風景が丸ごとある街なんですね! 行ってみたいわ~(^_-)-☆

北海道では本州の地名が色々目について、過去にも花さんから教わった移住の話と重ねて開拓の歴史を思ったことでした。
鳥取ね~! 
台風で大被害を受けた十津川からも移住されているんですね。
そういう話を関心を持って聞いていた私ですよ(^o^)
有り難う!!
Commented by yumerodo at 2011-09-07 10:41
あはは~花さん 了解です(*^m^*)
今にもまりさんっちへ・・・との書き込みだったもんで(まだ言うか!)

今朝も地震があったでしょ?
遠く離れていても身近に感じる花さんの北海道です。

まりさん
メダカ全滅して・・・ロドがもう死んだのを見るのが嫌って(>_<)
そのくせ、いつものところにメダカの水槽が無いと寂しい言うてる^^;
Commented by まり at 2011-09-07 22:42 x
出かけていたのでさっき北海道の地震ニュースを目にしました。
日高の方で花さんちには大事なかったかかと思っていますが、昨日の大雨はどうだったでしょうね?

ハイ、生き物飼っていると死なれた時が何ともね…
小さなメダカといえどもです! 
Commented by at 2011-09-08 10:13 x
のん気にホヤなんかメイさんとこへのせたりしていて、本州にいる同級生も心配してくれ、まりさん、メイさんも早々とメールをくれたり・・現実の花めは、雨降りをこれ幸いに本なぞ読んだり、そうそう中学生時代の同窓会会計幹事だったと、あわてていたり(心配でしょ、幹事なんて。言えんかったワ)のんきなものでした。
大きな被害は無く、十勝では住んでいたこともある地区の音更川(おとふけ)があわやというところで、堤防超えを防いだと言う事でした。
昨夜の地震も日高でしたが、大きな被害はニュースではありませんでしたね。
夢ちゃん、うちの更ちゃんがしにました。丁度ひと月たちました。お二人にもまだ生々しくいて、あまり話せませんでしたよ。20歳。あまり猫、ねこの私ではありませんが、さすがに20年は長く、ひきずっています。

それから、メイさんとこの阿蘇望亭さんの昔の学校。花ばかりではなく、学校の有り様も似ているなぁと感心しきり。この街にも廃校あとにミュージアムがあって、行ってみようかなと思いました。
Commented by まり at 2011-09-08 11:20 x
奈良、和歌山の方があまりにひどい状況でしたので心配したのでしたが、
花さんの方では被害がなくて何よりでしたね。
それにしても読書にふける余裕とは(*_*)

更ちゃんのことあのときには一言もなくて・・・
楽しさの中でも内心寂しい思いがあったはずと想像してなんか悪かったような気も。
20年も家族の一員だったのですもの暫くは引きずってしまいますね。でも幸せに寿命を全うしたと思って、ネ!

少子化や環境の変化でしょうね、京都でも地域の活性化にアートミュージアムに利用されている学校があります。
北と南で色々共通するものがあり話題が発展するのも興味深いです~(^_-)-☆
有り難う!
Commented by 阿蘇望亭 at 2011-09-08 19:43 x
こんばんは~まりさん、お知らせありがとうございました。
花さん、地震が続いているようですがご用心くださいね。
コメントいただき恐縮です。確かに浦河は日高でした(-_-メ)
以前、我が村が十勝西部の芽室町などと交流していたことがあってこんがらがっちゃいまして・・・。
↑移住の話がありましたが、浦河には明治になって天草からも開拓団が移住されたそうです。その子孫の方々に交流が続いていたことから町単位の交流が始まり、私どもは小学生を連れてその交流事業で浦河を訪れました。競走馬の産地とあってその牧場の広いこと広いこと!
メイさんところで、お恥ずかしい写真も目に入っちゃったようで・・(*^_^*)
Commented by まり at 2011-09-08 20:54 x
阿蘇望亭さん 無理に来ていただくようでちょっと気がとがめましたが…^^;
訪問されたのは日高だったのですね~(^_-)-☆
北海道は本州各地からの移住があるということを今回よく認識いたしました。
花さんは阿蘇望亭さんの花の画像を見ては通じるものを感じてらしたようですが、
今回また古い校舎について共通話題が(^o^)
何だか嬉しくなってしまいます♪

あのお写真の時期に私も同じ県内にいたのだと思うとチョット感慨深いものがありました。
有り難うございます(*^_^*)
Commented by yumerodo at 2011-09-09 17:34
花さん
サラちゃんが紗雪ちゃんとタキちゃんの後ろで長いすの背に居てる写真が・・・
思い出されます。4月10日でしたね~赤いドレス着てた(^^♪

暫くは引きずってサラちゃんの事いっぱい想ってあげて下さい<(_ _*)>
Commented by まり at 2011-09-11 11:24 x
夢さんはよく覚えてらっっしゃるのね^^;
もうそちらのBBSでは表示されなくて思い出すことが出来ませんでしたが…

生き物・・・死なれるとつらいですね、長ければ長い程。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 残暑・・・      霧多布Ⅱ >>